■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
至福の時は未体験
熱~いお風呂に入り、我慢の限界までとにかく頑張る。そして、ザバーっと湯船から上がり、バスタオルで体を軽く拭き、若干濡れたままなのも気にせず、冷蔵庫に直行し、入浴前にあえて冷凍庫に入れておき、キンキンになった缶ビールを素早く取り出し、グビっと飲む。

これほど、至福の時があるだろうか? まぁ、あるでしょうけど…。
そんなことより、最近の「ぐびなま。」のCMの話。タイトルは「小西真奈美・買ってあるからね篇」だそうです。

♪ぐびなま。ぐびなま。冷蔵庫で待ってる うまそうに冷えてる

ピアノの伴奏に合わせた、単調なメロディですが、ちょっと口ずさみたくなります。
ところで、歌ってるのは、ダウンタウン浜田でしょうか? 大物タレントが声だけの出演とは、意外です。

スポンサーサイト
[加納ソルト]テレビ | 23:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
お金持ちだよね?
今をトキメク、速水もこみちと榮倉奈々が出演しているauのワンセグ対応ケータイCMについて。

リビングでサッカー観戦を楽しんでいた兄・もこみち。そこへ妹・奈々がやってきて「チャンネル変えていい?」と訊きます。しかし、兄・もこみち「子どもは寝ろ!」と突き放します。拗ねた妹・奈々は「いいもん、ワンセグだから」とベランダへ向かいます。
そこへリビングに、お父さんがやってきて「チャンネル変えるぞ」と強引にリモコンを取り上げられ、先ほど妹・奈々に言ったセリフそのまま返される兄・もこみち。納得いってないようですが、こちらも「ワンセグだから」と自分に言い聞かせ、ベランダへ。
しかし、最後にお母さんが現れ、「変えるわよ」。お父さんの目がテンになってしまいましたとさ。

ところで、この4人家族が住む家は、かなりのお金を持ってそうな家の外観と内装。何故テレビが一台しかないのか? 疑問が湧いてくるのです。

SANYO W33SAⅡ
←コチラが私が使っているワンセグ対応ケータイ。
「SANYO W33AⅡ」
家でワンセグをクリアに受信できたためしがありません(泣)。



[加納ソルト]テレビ | 07:22:27 | Trackback(0) | Comments(0)
快感スタイル
できることならもっと例を挙げたいところですが、今、思いつく限りで。
侍ブルー(サッカー日本代表)
柳本ジャパン(女子バレー日本代表)
惑星タイマー(福耳)
定年ゴジラ(重松清)
夏雲ノイズ(スキマスイッチ)
そして加納クレタ、加納マルタ(ねじまき鳥クロニクル)。さらに加納ソルト。

以上に共通する点は何でしょう?

答えはそう、漢字とカタカナの組み合わせ
本来出会わなかったはずの「和」と「洋」がぎこちなく寄り添い、些細な違和感とともに発声される思いもよらぬ気持ちよさが魅力なのです。

私がこの「漢字+カタカナ」を意識したのはおそらく椎名林檎の「無罪モラトリアム」と題されたアルバムからだと思います。楽曲のセンスもさることながら、意味的に全くわからないタイトルに多大なインパクトを与えられたのです。

ところで、今日テレビ欄を見ていたら、こんな文字が目に飛び込んできました。

「肉球プリン」

「漢字+カタカナ」ごっつ気持ちええやん!と思いホームページにアクセスしてみると、まさにタイトル通りの番組のようです。

肉球プリン人には必ず気持ちいいと思う現象や映像が存在します。しかもその“気持ちいい”という感覚は、人それぞれ…。“気持ちいい”をわざわざ電波に乗せて公表し、それが如何に“気持ちいい”のか?を語り、“気持ちいい”を共有したり、ぶつけ合ったりという究極の「癒し系気持ちいい番組」なのです。(公式HPより)
今回のゲストは本上まなみさん。気持ちいいものに「苔」を出してきそうな気配がプンプンしますが、楽しみです。


ちなみに私の「気持ちいい」は、お米を米びつに入れようとしたら、ポロポロ床に落ちてしてしまい、それを掃除機で吸い取った時に出る「カラカラッ」という音です。

[加納ソルト]テレビ | 21:36:47 | Trackback(0) | Comments(5)
すべらへんなー
芸人さんなら誰でもひとつやふたつ話せばウケるエピソードを持っているもの。それを立て続けに聞けるという夢のような番組「人志松本のすべらない話」がDVD化されているという情報をうなぎさんから得たので、録画しておいた第1回と第2回を見直してみることに。ちなみに関西では第3回までしかオンエアされてません(泣)。

B000FOT8G8人志松本のすべらない話
出演/松本人志、千原Jr、ほっしゃん。他
2006-06-28

by G-Tools


「誰が聴いても、何度聴いてもおもしろい」がコンセプトの番組で、芸人さんがビリヤード台的なものを囲んで座り、サイコロを振って出た目の人が話すといういたってシンプルなルール。しかも同じ話を何度してもよいという禁断のルールも採用されています。すべらない話を披露する面々は以下の通り。

松本人志…誰もが知る「すべらない話」のマエストロ。
千原Jr.…チハラトークを観てもわかるように、おもしろエピソードのオンパレード。
河本(次長課長)…オカン、お姉ネタを出せば確実。「タロ吉」は名作。
ほっしゃん。…単純なエピソードから思いもかけない結末へと華麗な飛躍。
宮川大輔…身振り手振りを交えて繰り出されるオトンの話は美味。
佐田(バッドボーイズ)…元暴走族総長の肩書を持ち、破天荒な学生時代話は絶倒。
黒田(メッセンジャー)…強烈な貧乏少年時代を過ごし、その経験に裏打ちわれた話は絶品。

私がもっとも好きなエピソードはほっしゃん。の「軟式テニス部」

中学1年生の時に、双子の3年の先輩がいた。ちょうど入部したころに赴任してきた先生がむちゃくちゃ厳しい先生で、日頃から練習態度が気に食わないと腹を立てていたらしい。そして夏休みの練習中についに先生はブチ切れて「おい、何しとんじゃー!おまえら並べっ!」と部員たちを集め説教を始め、端から一人一発ずつビンタしていった。たまたま双子の先輩が横に並んで立っていたので、ずーっと端から叩いていた先生は同じ顔が続いたため、訳がわからなくなったのか、次の人から一人2発ずつになった。

という、ごっつ損やん話。文字で書くとイマイチ雰囲気がつかめずおもしろくないかもしれませんが、やはり、しゃべりを生業としている芸人さんの手にかかると最高に笑えます。特にほっしゃん。はオススメです。

考えられたネタも確かにおもしろいですが、「ホンマかー?ウソちゃうん!」と思わず言いたくなるような実話の数々。予想だにしないオチが飛び出すので、おもしろすぎます。是非観ましょう!

[加納ソルト]テレビ | 21:46:26 | Trackback(0) | Comments(7)
くすぐり研究
「解体新SHOW」(NHK)を観ました。タイトルはいただけませんが、おもしろいテーマがあったので紹介しましょう。

人にくすぐられたらくすぐったいのに、自分でくすぐってもくすぐったくないのは何故?

確かに自分で脇腹、足の裏などのコチョコチョウィークポントをいくら刺激しても全然平気!なのに他人にやられると、もう耐えられません。
その昔、オックスフォード大学でも研究がなされ、あの科学雑誌「ネイチャー」にも論文が発表されるほど、くすぐり研究は人類にとって重要なこと(?)のようです。

自分でくすぐっても平気なのは、小脳が「この刺激はくすぐったくないのよ」と私たちを騙す指令を送っているそうです。では、何故小脳はわざわざそんな指令を出すのか?

これは目からウロコですよー。実は騙してくれないと不都合があるからなんです!

もし指令が出されなければ、こんな風に…
あなたは今、お風呂場で体を洗おうとしています。タオルに石鹸をつけてゴシゴシ洗おうとした瞬間…
「ヤメテ!くすぐったい!」となるわけです。

体を清潔に保つためにある重要な機能なんです。(違うか?)

[加納ソルト]テレビ | 00:08:52 | Trackback(0) | Comments(1)
日本語のトリック
今週の「タモリのジャポニカロゴス」は「日本語のトリック」がテーマでした。
2、3度観たことのある程度の番組でしたが、「トリック」という魅力的な単語に興味を抱きつつ拝見。
ありがち問題が続く中(おやつは3じ!)、最終問題がおもしろかったのでご紹介。

[問題①]
ここに1冊の「絶対に当たる予言書」があります。最後のページにはこう記されていました。
「西暦3000年、人類は滅亡(    )」
滅亡の後にはある文字が書かれています。何と書かれていたのでしょうか?

わかります?私は全然わかりませんでした(泣)。

日本語のおもしろさをうまく使ったよく似た問題でこういうのがあります。

[問題②]
マルタさんが背中に重たそうなモノを背負って歩いていました。その姿を見つけたクレタさんはマルタさんに2つの質問をしました。
するとどうでしょう!マルタさんからは全く同じ言葉が返ってきました。
さて、クレタさんはどんな質問をしたのでしょう?マルタさんの答えも合わせてお考えください。

わかります?有名な問題なので知ってる人も多いかな?

最後に私がさっきハミガキしながら考えた問題。完成度の低さはご了承ください。

[問題③]
クレタさんが円周率の最後の数字を出すため、一生懸命計算していました。1週間後、突然「わかった!」とクレタさんは叫びました。そばで見守っていたマルタさんは「最後の数字はなんだったの?」と尋ねますが、興奮して聞こえなかったのか、返事がありません。もう一度尋ねてみますが、クレタさんには全く聞こえていないというより、無視している感じなのです。
ここで問題!何故クレタさんはマルタさんの質問を無視するのでしょうか?

ここに挙げた3つの問題、トリックというよりもダジャレですよね…

それではお待ちかね(?)の答えを発表しましょう!


続きを読む >>
[加納ソルト]テレビ | 00:45:30 | Trackback(0) | Comments(4)
I'm Freedom
エンタの神様観てたら、犬井ヒロシが…。

おいおい、サバンナ高橋やん!いつの間にピンでやってたのよ。

自由だ~←朝起きると思いのほか暖かかったので半袖で家を出たが、夕方から寒くなってしまい友人に「寒くないか?」と聞かれ、正直に「朝はぬくかったから半袖で出てきたけど、失敗したわ」と答えるか、「全然寒くない!」と強がるのか、悩んでいる人に向かって解き放った言葉。


彼は日常にある一見どうでもいいようにみえる悩み、しかし、答え方次第でその人の人間性が如実に現れてしまう悩みに、答え方は「自由だ~」と声高に叫んでくれる。人間が陥りやすい悩みに希望を与えてくれるブルースの歌い手だった。


[加納ソルト]テレビ | 23:47:03 | Trackback(0) | Comments(0)
書字スリップ
トリビアの泉でこんなネタをやっていた。

「あああああああ…と高速で続けて書いていくと「お」と書いてしまう」
んなワケないじゃん!と思いつつ証拠VTRを観てみると、確かにペン字の達人が「ああああああああ…お」と書いていた。
マジ!?

これは「書字スリップ」と呼ばれる現象らしく、「あ」を何度も高速で書き続けると、形態が似ている「お」が記憶から呼び起こされ脳が手に指令を出し、無意識に書いてしまうらしい。

実におもしろい。とういうわけで、私も挑戦。

ああああああああああ…つ。

つ?おかしいな…もう一度。
次は絶対「お」に…

ああああああああああ…つ。

私は「つ」になりました。どうしてだろう?


[加納ソルト]テレビ | 00:35:04 | Trackback(0) | Comments(0)
渋滞の先頭は?
ゴールデンウィーク後半戦。個人的に前半戦はなかったので後半戦から参加。
今日は久しぶりにお休みして、家でほとんど寝てました。

大渋滞ゴールデンウィークといえば、大渋滞。
今日の「ムーブ」「渋滞の先頭はどうなってるの?」という疑問が扱われていたのでご紹介しましょう。

この疑問は「渋滞の先頭にいるやつに、何をトロトロ走ってるんだと一言いってやりたい」となにやらお怒りの様子の70歳のおじいちゃん(!)から寄せられた疑問。


渋滞の原因はいろいろあるそうです。
有名なところでは車線が減少したり、合流地点などによく起こる「ボトルネック現象」と呼ばれる渋滞。狭い出口に一気に集中すると渋滞が起こるんですね。
またトンネルに入る手前の心理的圧迫ってなもんもあるそうです。暗いところに入るとき知らず知らずスピードを緩めて渋滞を招く。トンネル付近はもうひとつあって、ライトを点けますよね?その時に前の車がブレーキを踏んだと勘違いし、ブレーキを踏んじゃう。
後は下り坂の直後になだらかな上り坂になっている場所。これもスピードが落ちたことに気づかず走ってしまって後ろの車との車間距離が縮まって、渋滞になってしまいます。
皮肉だったのは「渋滞情報版」が設置されているところ。情報を見ようとスピードを落としてしまうそうな。優しさが仇になる悲しい結果ですね。

まだまだ自然渋滞の謎は未解明の部分が多く、発展途上の研究分野だそうです。しかし、この疑問の一番の謎は70歳の老人が渋滞の先頭がどうなっているのか?にギモンを持ったことでしょう。全く謎です。

ちなみに「渋滞の先頭だったら、渋滞のイライラを味わわなくてすむ」と、子供ころは甘く考えていたものです。


[加納ソルト]テレビ | 18:14:42 | Trackback(0) | Comments(0)
ビックリかと想いましたよ!
ドッキリを仕掛けるのは勇気がいる。
もしバレてしまったら今までの苦労が水の泡だ。その点よゐこの濱口さんは気づかないことアホの如しだ。
今回の「めちゃいけSP」でもドッキリ芸人全開でダマされていた。

もしかしたらビル・ゲイツを知っているかも!? 「セーフ!!」
もしかしたら株の売買システムがこんな方法じゃないと知っているかも!? 「セーフ!!」
逃げている時に後ろから追いかけていた偽ブルース・ウィリスの存在に気づくかも!? 「セーフ!!」

かなり危うい橋を渡りながらも今回も見事に完走してくれた濱口さんに拍手を送りたい。


[加納ソルト]テレビ | 00:51:07 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ