■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最後に名前を書かれたのは誰?/映画「DEATH NOTE~the Last Name~」

[以下の会話では無意識に「DEATH NOTE~the Last Name~」の真相に触れている箇所があるかもしれませんので、未見の方はご注意下さい。]


DEATH NOTE


ソルト: こんばんは、うなぎさん
うなぎ: こんばんは。
ソルト: 「DEATH NOTE~the Last Name~」どうでした?
うなぎ: 前編もソルトさんと観たよね。私なんか金曜ロードショーの時も観たし、深夜のアニメも何回かチェックしたし…考えると、「デスノ大好きっ子」みたいです(笑)。
ソルト: 私はそれに加えてマンガも読んでますから。好き度は負けてませんよ(笑)。
うなぎ: いろんなバラエティ番組で「おもろいデスノート」「芸人デスノート」などなどパロディがたくさん生まれたほどの人気なわけですから、流行には乗っておこうと。
ソルト: でも、ホントは「SAW 3」観に行く予定だったじゃない? 上映がなかったので、仕方なくコレにしたわけで…。
うなぎ: 「SAW」シリーズは「2」を観ていないので、ちょっと勘弁したかったんですよ。ソルトさんも「続きかどうかは不明だけど、大丈夫じゃないかな?」とか言いつつ、後で「多分ネタバレしてる」発言したでしょ?
ソルト: 観たかったもんで(笑)。つい、ね。でも「DEATH NOTE~the Last Name~」にしてよかった。いつもなら「後、何分」と時間が気になる性分ですが、全く気にならなかったし。
うなぎ: 何度もアクビしてなかった?
ソルト: あれはね、コンタクトが乾いて外れそうになるからなんです。アクビをすることで、涙をためて目の乾燥を防ぐんですよ。(そもそも、こんな説明必要?)
うなぎ: 実は予想してました(笑)。
ソルト: そんな質問されるなんて、予想外です。うなぎさんも最初の方、息が荒かったよ。隣でハァハァ聞こえるから、何に興奮してるんだ? と怪しんでた。
うなぎ: そりゃ、開始ギリギリに走って来たからです。実はわかってたでしょ?
ソルト: もちろん。あえてです。そろそろ内容の方に。


うなぎ: 前編では、夜神月の恋人が殺され、同情をかったライト自身が捜査本部に入り込むことになって終了。物語はここから始まります。
ソルト: 前編はほぼ、1巻をなぞったモノでしたし。いわばルールを学ぶ基礎練習みたいなことです。そこからどれだけ応用を利かせられるか、この1点が合否を分けますね。
うなぎ: 予告では「俺はキラなんかじゃないんだ、信じてくれよ!」「チェックメイト!」「勝った」などと夜神月のセリフばかりが並べられていたので、何か怪しいな、と思っていたんですよ。観る前から「ライトに軍配が上がったかのように見せて実は…」って考えてしまうでしょ? 普通。
ソルト: 予告のミスディレクションのおかげで、ホントにライトが勝てば、それはそれで予想外の結末になりますけど…。逆の意味で。
うなぎ: 物語外でのテクニックで動かされてしまうと結末はどうでもよくなってしまうよ(笑)。でも、まぁ当たらずとも遠からずって感じ。もちろん、あんな結末になるとは想像してませんでしたけど。終わったとき「一応は勧善懲悪ってことになるのかな?」とちょっと考えてしまいました。
ソルト: 普通、善と悪の対立構造を描くと、善に勝利を与えるベタな世界観がありますよね。しかし、私の印象では、そういう対立構造ではなく、鏡の構造とでも言うか、「L」と「ライト」はいつでも反転可能な感じがします。だから結末もなしくずしというか、結論を出さない終わり方でしたね。
うなぎ: ところで、「L」は相変わらずお菓子を大量に食べていましたね。
ソルト: 食べすぎだよね(笑)。でも、前編は洋菓子系が多かったけど、後編は和菓子も織り交ぜながらスイーツの守備範囲の広さをアピールしてましたよ。
うなぎ: ただ飽きたんじゃないの? そういえば「L」役の松山ケンイチさんがテレビのインタビューで「甘いやつは苦手で、あれが1番つらかったです」と言ってた。苦手じゃない私が見ても、水アメを舐めるシーンなんかは「えげつないなぁ」と思いました。みたらし団子もビンに詰まったタレにどっぷりつけてたし…。
ソルト: 苦手ならなおさら、ツライでしょうよ。全編なにがしかのスイーツを口に入れてるんだもん。その苦い思い出も、時が経てば、甘い思い出になるんだろうけど(笑)。
うなぎ: うわー。ソルトさんは、そういうこと言うようになったんですか?
ソルト: なっちゃいました。最後になりますが、気になるところなんかありました?
うなぎ: 死神のキャラ設定かな。バラバラでしょ? 特にミサミサを救った円谷プロ的死神。
ソルト: そうですね。レムの髪の毛がフィギュアっぽいのも気になりますね。髪の毛一本がめちゃ太かったです。
うなぎ: 他はそうだな、お笑い好きの私としては、さくらTVまつりに出てたライセンス。と、生放送で殺された板尾さん。
ソルト: そういえば、「ジョゼと虎と魚たち」でもチョイ役でライセンス出てましたよ。無意味に妻夫木くんの後輩役で。私の場合、板尾さんを見ると、MALCOを思い出しちゃいます(笑)。
うなぎ: ライセンスは「チョイ役芸人」で「アメトーーク」に出演決定! なんてね(笑)。後、MALCO関連でチャドとか。
ソルト: 横棒が一本多くない?
うなぎ: 1時間になりましたから。
ソルト: へぇー。知らなかった。
うなぎ: 片瀬那奈の意味のない美脚セクシーシーンも謎。何ですかあのソファーに寝転がった姿は。見えそうで、見えない…。ちょっと、残念がっている私がいます。
ソルト: 確かに謎ですね。
うなぎ: 謎といえば、「L」の本名は結局何だったんだろう? 知ってる?
ソルト: あー、知ってます。佐伯俊雄ですよ。


[メモ]
やはり鹿賀丈史の演技はツボである。
L&L/映画「デスノート 前編」

スポンサーサイト
[加納ソルト]with 加納ウナギ | 19:58:20 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ