■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2月のおさらい

2006年2月に話題にした作品の形式的おさらい。


星10個
該当作品なし


星9個
該当作品なし


星8個
【映画】「ドッグヴィル」 監督/ラース・フォン・トリアー


星7個
該当作品なし


星6個
【ミステリ】「扉は閉ざされたまま」 著者/石持浅海
【映画】  「Helpless」 監督/青山真治


星5個
【ミステリ】「セリヌンティウスの舟」 著者/石持浅海
【ミステリ】「容疑者Xの献身」 著者/東野圭吾
【ゲーム】 「おいでよ、動物の森」 Nintendo DS


星4個
【音楽】「Lはラブリー」 かぼちゃワインOP曲
【音楽】「サヨナラ サヨナラ」 竹仲絵里
【音楽】「A Place Me And You」 Alan Brey


星3個
【音楽】「Keep Tryin'」 宇多田ヒカル


星2個
【映画】  「サイレン- Forbidden Siren-」 監督/堤幸彦
【ミステリ】「水の迷宮」 著者/石持浅海
【小説】  「ドミノ」 著者/恩田陸
【マンガ】 「のだめカンタービレ」第1巻 著者/二ノ宮知子


星1個
【音楽】「予感」 ohana
【音楽】「ありがとう」 竹仲絵里



スポンサーサイト
[加納クレタ&マルタ]作品別★獲得表 | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(0)
三輪車、ドーン!/映画「Helpless」
B00005HAYFHelpless
監督/青山真治 主演/浅野忠信
2000-04-28

by G-Tools

クレタ: 1989年、まだ夏の暑さの残る1日(9月10日9時~11日9時まで)を描いた映画。24時間(Twenty Four!)の間で6人も死ぬ話。救いようがなく、まさに空虚。
マルタ: 1989年といえば、天皇が崩御し、昭和から平成に変わったり、ベルリンの壁が崩壊したりと激動の年だね。
クレタ: 内容に少し触れると、4年ぶりにムショから仮出所したヤスオがやたらと組長のオヤジを探してるの。周りのみんなは「オヤジは死んだ、組も終わった」と答えるんだけど、全然信じない。その度に殺人を繰り返してんの。
マルタ: 4年の間に世界が変わってしまったことについていけないのか?
クレタ: というより、信じていたモノが自分の知らないうちに何も残さず消えてしまった…どこにもぶつける術のない怒り。とでもいいましょうか…
マルタ: ヤスオの中で象徴としてオヤジというものが存在してた…生きる道しるべ?
クレタ; うーん。よくわからない。でね、ヤスオを慕っている主人公のケンジも精神病院に入院している父親が自殺したのを知った(?)途端、壊れたように人を殺してしまう。
マルタ: 同じような存在の2人だね。
クレタ: でしょ?でも最後に2人は決定的に生きる道が分かれる。ヤスオが自分の妹にまで手をかけようとした瞬間、ケンジは「自分の都合で…ナントカカントカ」とヤスオに殴りかかり、妹を救う。その後ヤスオは車の中で自殺をするんだけど、ケンジは今まで乗っていたバイクを乗り捨て彼女と並んで歩き出すラストになってた。
マルタ: テーマとしては「人は喪失を経験した後にいかに生きるのか」とでもしときましょうか。
クレタ: 殉じて死ぬか?捨てて生きるか?



[加納クレタ&マルタ]映画・国内 | 20:04:05 | Trackback(0) | Comments(1)
それぞれの人生/恩田陸「ドミノ」
4043710011

ドミノ
恩田 陸
角川書店 2004-01
[あらすじ]
一億円の契約書を待つ、締切直前のオフィス。オーディション中、下剤を盛られた子役の少女。推理力を競い合う大学生。別れを画策する青年実業家。待ち合わせ場所に行き着けない老人。老人の句会仲間の警察OBたち。真夏の東京駅、27人と1匹の登場人物はそれぞれに、何かが起こる瞬間を待っていた。迫りくるタイムリミット。もつれ合う人々、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが次々と倒れてゆく!抱腹絶倒、スピード感溢れるパニックコメディの大傑作。
by G-Tools


マルタ:
 映画で「マグノリア」ってあったよね?
クレタ: 一見何も関係ない人たちがつながっていく話だったわね。最後は衝撃のラスト。まさか*********とは…ポカーン。
マルタ: 世の中には自分以外にもたくさんの人が本当は思惑を持って生きてるわけでしょ?でも普段は全くそんなことを意識して生きてないんだ。
クレタ: そうね。自分だけモノを考えていると思いがち。
マルタ: 最終的に登場人物たちは「何かが起こる瞬間」のため東京駅に収斂していく。小説とは全く関係ない話になるけど、ホテルなど類するものがたくさんある中で、まさに駅というのは人生の塊を描き出すの最大の舞台という気がする。別れ、出会い、希望、不安などいろんな感情が何層にも重なってる感じ。
クレタ: いわばミルフィーユ的。でも作家的にはうまく切り分けないとボロボロになってしまうわね。
マルタ: まぁこの小説は読むスピードも求められる作品だと思うから、まとまった時間、3時間くらいかな?…で一気に読んでいくのをオススメするよ。



[加納クレタ&マルタ]本・国内長編ミステリ | 20:34:37 | Trackback(0) | Comments(1)
No More 腰痛

クレタ: 腰がめちゃめちゃ痛い。
マルタ: 大丈夫かいな?定期的に痛みだしてないかい?
クレタ: そうなんよ。腰痛持ちライフスタイル導入の気配がプンプン漂ってます。歩くときは常に70度ほど曲がってる。
マルタ: 去年の1月にボーリングを2ゲームこなした、次の日に発症して以来だね。
クレタ: あれは人生を変えるゲームになってしまった。スペア取って喜んでいる場合じゃなかった。腰のスペアはないのに…
マルタ: 病院は行った?
クレタ: 行ってない。自己治癒力を信じる古い人間ですから。少し前のものもらいも気合で治した。治らないのは虫歯だけ。
マルタ: 年を取って体に少しずつガタが来てるんだね、きっと。ウォーキングすればいいのに。



[加納クレタ&マルタ]雑談 | 20:28:04 | Trackback(0) | Comments(1)
ぬかヨロコビ
新聞のテレビ欄に時任三郎の文字が目の端っこの方に止まると、おっ!と思う。

[加納ソルト]雑記 | 20:24:58 | Trackback(0) | Comments(0)
犯人役の新たな生き方/石持浅海「扉は閉ざされたまま」「セリヌンティウスの舟」「水の迷宮」
4396207972扉は閉ざされたまま
石持 浅海
祥伝社 2005-05

by G-Tools


433407586X水の迷宮
石持 浅海
光文社 2004-10-20

by G-Tools


4334076211セリヌンティウスの舟
石持 浅海
光文社 2005-10-20

by G-Tools


  • 警察が介入しない

  • 登場人物が積極的に推理を巡らせる

  • 犯人は逮捕されない

  •  この3つが共通点として挙げられるだろうか?
     どの作品も仮説を立ててはそれが崩される…その繰り返し。その仮説の立て方も実に細かく丁寧すぎるほどだ。推理が行きつ戻りつするので読んでいるドライブ感はないが、登場人物が状況に対して逃げ出さない意思と覚悟が垣間見えて微笑ましい。また、犯人が逮捕されないのは警察が介入しないからであり、探偵役が犯人にたいして違う条件を提示するからである。
     結末が魅力的な作品群で、裁きを下し罪を償わす新たな視点(自分の頭で考え辿りついた者たちだけが納得しうる境地)が導入されていると思う。

    [加納ソルト]本・国内長編ミステリ | 10:54:38 | Trackback(0) | Comments(2)
    殺人のほうが彼にはやさしいはず/東野圭吾「容疑者Xの献身」
    4163238603容疑者Xの献身
    東野 圭吾
    文藝春秋 2005-08-25

    by G-Tools


    クレタ: 話題の本、東野圭吾「容疑者Xの献身」をようやく読んだよ。
    マルタ: 2006年のさまざまなミステリ部門で1位にランクされ、直木賞まで獲得した有名なあの作品じゃないですか。ミステリから遠く離れていたクレタさんと思ってましたが?
    クレタ: ……流行に敏感なもので、ここは一発読んでおかないとと思ったわけなんです。
    マルタ: 帯には「運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪」となってましたが?
    クレタ: ……やたらガンガン来るわね。エーッと…
    マルタ: 数学だけが生きがいだった石神さんがある女性に対する愛ゆえに天才頭脳を駆使して守る内容と聞いていますが?
    クレタ: (芸能リポーターの設定!?)…確かにそうなってました。
    マルタ: その女性とは誰なんですか?
    クレタ: 花岡靖子さんです。ある日花岡靖子さんがうっとうしくつきまとう元夫の富樫を殺害したことがきっかけなんです。
    マルタ: 何故石神さんは靖子さんを愛するようになったのですか?
    クレタ: 住んでいるアパートの隣の部屋に引っ越して来たときかららしいです。
    マルタ: 石神さんは結局何をしたのですか?
    クレタ: それは口がさけても言えません。正直驚かされました。「自分で考えて出す答えと、他人から聞いた答えが正しいかどうか確かめるのとでは、どちらが簡単なのか?」これがヒントではないですが、意味のある発言だと思います。
    マルタ: なるほど、探偵はいつも犯人に踊らされているというわけですね。誤った方向へ導く手がかりが散りばめられていた場合、決定的な手がかりというものは探偵にとっては最終的に決められないですからね。「これもミスリードなのでは?」という疑問が常に頭をよぎると…最初の質問に戻りますが、ここで言われる「運命の数式」とは何ですか?
    クレタ: 運命の数式というか、純愛の数式だと思います。純愛=男(運命+献身)+(無知×女)かな?ちなみにワタシにはさっぱりわかりません。



    [加納クレタ&マルタ]本・国内長編ミステリ | 17:58:13 | Trackback(1) | Comments(2)
    ヘーテカラどうしたの?
    クレタ: 笑ってはいけない状況って何故あんなに笑えるんだろう?
    マルタ: 故・桂枝雀師匠いわく「笑いとは緊張と緩和」だからね。
    クレタ: 昨日の笑いの金メダルで芸人ブラックジャックというコーナーがあったの。小学生にピンポン玉をくわえさせて、一発ギャグでピンポン玉を吹き出した数だけポイントになるというルール。
    マルタ: とんねるずなんかは牛乳でよくやるよね。
    クレタ: そういったちょっとした設定で観ているこちら側も「おもしろくても笑ってはいけない、我慢しなければ…」という意識が働くのね。だから少し緊張感があるんだ。
    マルタ: なるほど、しょうもないことでも笑ってしまいそうになるね。
    クレタ: レギュラー松本が顔の両端を両手でギュッと押しながら「ヘテ、ヘテ、ヘテ、ヘーテカーラどうしたの?」あれはアカンでしょ。笑いすぎて死にそうになった。
    マルタ: みんなが我慢しているからこそ笑いのエネルギーが分散されずに自分だけに集中してしまうのか?
    クレタ: あるいは地震みたいに少しずつ少しずつ溜まったエネルギーが一気にドーンなのか?
    マルタ: 去年親戚の葬式に行ったとき、普段なら絶対笑えないのに、お坊さんの顔が米倉涼子に似てて笑ってしまった。葬式なんかも代表的緊張と緩和空間だもんね。

    [加納クレタ&マルタ]テレビ | 08:07:59 | Trackback(0) | Comments(2)
    トリノとフィギュアと男と女
    クレタ: トリノオリンピックどうですか?
    マルタ: なんかいまいち盛り上がりにかけるような…やっぱり選手の方には申し訳ないけどメダルを取ってないと観ている側にとってはキツイね。
    クレタ: フィギュアの荒川静香がかなりプレッシャーをかけられてますね。
    マルタ: 公式練習をゴールデンタイムで何分間にもわたって放送されるくらいだから。
    クレタ: ドライモン氏「五輪にサッカーや野球、バスケ等メジャースポーツのプロが出る事は昔から反対で、五輪は普段TVで見ないスポーツの唯一のお開きの場にすべき」と言っていたわ。その意見には結構賛成。「ワンピース」を中止にしてまで、スノーボードがゴールデンタイムで放送されるなんてことはオリンピックじゃないと、まずありえないもんね。
    マルタ: オリンピックってのはどっか隠し芸的要素があると思う。だから本芸でこられても困るんだけど…みたいな気分になってしまう。
    クレタ: 強引な意見になって怒られそうだけど、スポーツって男女を分けるじゃない?男女を別々にする意味がわからない。確かに体格、体力などの差、他にもいろいろあるんでしょう、それはまぁわかる。わかるけど別によくない?女子で世界新記録取っても女子の中で一番ってだけで決して世界で一番じゃないからね。いっそのことパラリンピックみたいに別の大会にしてしまえばいいんじゃない?
    マルタ: ジョシリンピックですか?個人的にはそっちに注目したいが…。でもそんなことを許すと例えば人気競技の陸上100mなどって圧倒的に黒人が強いから、基本的な体格が違う!とかなんとか言い出して排斥する動きが出てきそうだな。それはそれでイヤな感じだし。
    クレタ: 難しいところね。じゃあ現状維持ということで。

    [加納クレタ&マルタ]テレビ | 20:33:38 | Trackback(0) | Comments(3)
    今、ココには誰もイナイよ
    「サヨナラ サヨナラ」でブレイクの予感の竹仲絵里
    予感といえば、ハナレグミの…(これは前にやった展開だな)、閑話休題。
    ちょうど1年前に(ロードっぽい表現)「ありがとう」がメジャー第1弾のシングルとして発表されている。これまた別れの歌で自分の夢のために別れた大切な人に向けて歌った「ありがとう」という気持ちが素直に表現された曲となっている。
    プロデューサーはコブクロの小渕健太郎ではなくて、アラン・ブレイ(Alan Brey)という外国の人だそうな(当然そうだろう)。

    えっ?アラン・ブレイ!どこかで聞いた名前だぞ?うーん、何だったかな?と思ったら、去年観た映画で最高におもしろかった「下妻物語」(去年公開では全くないが)のサントラに収録されてたあの曲の人では?と閃いた(ホントに)。

    問題のシーンがこちら…

    モモコが神様と崇めるBABY, THE STARS SHINE BRIGHT の社長に出会い、うれしさのあまり気絶した後、「なんだかバカバカしいことをしたい気分」になり、イチゴと一緒に伝説の刺繍屋を探し回る。

    ここでバックに流れてるのが「a place for me and you」で60年代っぽいサウンドでこれがかなりの名曲。歌っているのがアラン・ブレイ(つながった!)。当時は下妻の公式サイトで曲名だけ調べて終わりだったが、アラン・ブレイは私の脳裏に少しは焼きついていたみたいだ。

    みなさんも一度は聴いてみて欲しい。

    下妻物語



    [加納ソルト]音楽 | 21:49:41 | Trackback(0) | Comments(3)
    エレガエレガ
    B0002FQD8Gおいでよ どうぶつの森
    任天堂 2005-11-23

    by G-Tools

    クレタ: なんかめっちゃ腹立つ!
    マルタ: おやおや、穏やかじゃないね。
    クレタ: これで3回目!あー腹立つ!「おいでよ動物の森」してたらスタートボタンと間違って思いっきり電源切ってしまったのっ!今までやったことは無駄になるけど、赤カブに水をやった後、ちょっと買い物して、カブ価確認した程度だったから問題ないといえば問題ないわけ。でも…あーもうプンスカプンスカ!
    マルタ: ますます穏やかじゃないね。で何よ?
    クレタ: リセットのおっさんの説教が長い長い。ハンパねぇ長かったの。健康のために自家製ヨーグルトを作っているだの(意味ワカラン)、今時の若いもんは的な説教をながながと、素直に「はい」と3回も言わされた。最初は「はいはい」とおちょくってたけど、終わらなかったしね。仕方なく折れてあげたわけよ。なのに果ては「正座しろっ」だし。
    マルタ: 「正座しろ」ときましたか。それが今日のハイライトだね。できるの?
    クレタ: できるわけないじゃない。プンスカ!
    マルタ: まだまだ、穏やかじゃないね。

    [加納クレタ&マルタ]ゲーム | 22:44:35 | Trackback(0) | Comments(4)
    アニソン再考そして最高

    クレタ: 最近のアニメソングはなってないと思わない?その点昔はよかったな~なんてね。ちょっぴりノスタルジックになっちゃったけど…そんでもって名曲が多い。
    マルタ: 何が言いたいかわからんけど。
    クレタ: ♪山を越え~を越えボクらの町へやってきたハットリ君がやってきた~♪メチャリロに たいしたもんだぜ パタリロ!♪かーいかいかいかーいかいかいユカイツーカイ怪物くんは~などの例からもわかるようにそのアニメのために書かれた曲であるわけ。しかし、最近の人気アニメを見渡してみてもこういう信念を持ったアニメソングがないことにいらだってるのよ。
    マルタ: うーん。その曲を聴いてもアニメがどんなだったか浮かばないことが多いよね。それにコロコロとOP、ED変えるしね。
    クレタ: そう!そこが今日のポイント。
    マルタ: 一番好きなアニメソングって何?
    クレタ: かぼちゃワインのOPかな?♪このくちびるに燃える愛をのせて~のメロディが大好きだった。
    マルタ: かぼちゃワインか懐かしい…小学生の夏休みの9時半からやってたアニメ祭りの最後を飾ってたな。うなぎ氏の「鉄筋は河島英伍に似てる。そして河島英伍はプロレスラーな感じだ」という発言がボクの中のトリハダとして残ってる。              

    kabocha


    [加納クレタ&マルタ]音楽 | 00:24:40 | Trackback(0) | Comments(1)
    ビールのお供は?
    働き始めてからお酒をよく飲むようになった。去年は「1週間に5日は飲む」と勝手にルールに決めていた。  
    というわけで、今回はおつまみのご紹介。
    最近よく利用しているのが亀田製菓スーパーフレッシュ柿の種6個装である。個装されているのでもちろん食べきりサイズ。昔はピーナッツが苦手だったので、柿の種ばかり食べていたが嗜好が年とともに変化したのかピーナッツがうまく感じられる。 ピーナッツの量が多すぎず少なすぎず、絶妙の配分なのだ。

    子どもの頃苦手だったものが大人になって食べられるようになった。という話をよく聞くし、自分でも言っている。大人になって嗜好が変わったという説はある種の定説。隠れた説としてこういう話を聞いた。 子どもというのは舌の細胞がたくさんあり、味に対して敏感に反応ができる。しかし大人は細胞がどんどん死滅しているので、舌が敏感に反応できない。だからコーヒーは苦く、わさびは辛い。 我々は子どもが苦手としているものを大人ぶって食べているが実は舌がバカになっているから食べられているだけなのかもしれない。

    [加納ソルト]雑記 | 02:41:25 | Trackback(0) | Comments(2)
    サイレンが鳴っても外に出てはならない/映画「サイレン」
    クレタ: 「サイレン- Forbidden Siren-」見てきたよ。
    マルタ: どうだった?
    クレタ: ゲーム内の小ネタ(ダ・ガマetc)が結構散りばめられたけど、無関係だったかな?もしかしてパラレルワールドを描いているかもしれないけどね。
    マルタ: 意識はしているんだ。そりゃ当然か。
    クレタ: 一言でいうと、「探し回ってたなぁ」という印象。病気がちの弟がどこか行くとあたりを探すし、父親が夜が明けても帰ってこなかったら、森の中を探す。そして飼い犬が突然消えた時も、そしてまた弟がどこかに行ってしまうと…。とにかく市川由衣が夜美島を所狭しと動き回ってたわね。
    マルタ: 「サイレン」と言えば、屍人の存在。見つけられた瞬間の恐怖は?
    クレタ: なかったかな。確かに見ていた奴は存在するんだけど…唐突な恐怖を引き起こす作品でなかったことは確かだね。ネタバレになるから伏せるけど、個人的にはじわじわ効いてくるパンチを打たれたような気分。
    マルタ: ということは謎が解明されるの?
    クレタ: 内緒。こうリアクションしてる時点でバレてるけどね。話は変わるけど、市川由衣の役名が天本由貴っていうのよ。で、さっき言った弟の名前が英夫。カルテが一瞬映るシーンがあって笑ってしまった。でね、その弟役の子役が唐沢寿明に似てるのもポイント高。芸名を小唐沢プチ明と名づけておきました。
    マルタ: その子の未来が限定されてしまうよ。やめてあげなさい。
    クレタ: ゴメンゴメン。島に着いた後、ココリコ田中に島を案内されて島の最も活気のある(?)市場的なところに連れて行かれた時、中途半端な東南アジア系の住民数十人にずーっと見られてるのもおもしろかった。あのあたりは「TRICK」の演出家だな。
    マルタ: 住人数十人…。

    [加納クレタ&マルタ]映画・国内 | 01:22:38 | Trackback(0) | Comments(4)
    エンヤコリャエンヤコリャ
    マルタ: 脳を鍛えるのもいいけど、ウォーキングの方はどうなったの?
    クレタ: うーん。
    マルタ: あれ以来やってない顔だね。そんな予感はしてた。「予感」といえば、ハナレグミの永積タカシクラムボンの原田郁子、それからポラリスのオオヤユウスケの3人でohanaというグループを組んで曲を出すみたいだね。ほのぼのした感じの曲で春を一足先に連れてきてくれたようなんだ。余談だけど、原田郁子って大貫妙子とカブるんだよね僕の中では。

    予感予感
    ohana

    by G-Tools

    クレタ: めんどくさいだもんやっぱし。
    マルタ: 去年よりめんどくさがり屋になってるぞ!2006年はKeep Tryin'だ。「Keep Tryin'」といえば、宇多田ヒカルだね。「Sakuraドロップス」以降の曲がイマイチしっくりこなくて敬遠してたんだけど…今回の曲ははまった。♪10時のお笑い番組~という箇所が♪秋のドラマ再放送~に通ずるとこがあるわけよわかる?

    Keep Tryin’Keep Tryin’
    宇多田ヒカル

    by G-Tools

    クレタ: フガー
    マルタ: えっ?フランケン?
    クレタ: そうでガンス。
    マルタ: えっ?オオカミ男?
    クレタ: そうだよ。
    マルタ: そこはそうでザマスだろ!
    クレタ: いやいやちょいまち。昔から気になってたんだけどこの歌の歌詞って変だよね♪得意はそれぞれ違うけど力を合わせりゃただひとつ~だよね。3人が各々得意なことを語っている部分を聞いてみると、フランケンは「力仕事」、オオカミ男は「怪物料理の名コック」。ここまではいいとして、ドラキュラの発言は「深夜の散歩」なわけよ。全然坊ちゃんのためにならないの。だからあたしゃ認めないよ!
    マルタ: …。
    クレタ: ついてこ~い!(by 佐久間一行

    テーマ:おすすめの一枚 - ジャンル:音楽

    [加納クレタ&マルタ]音楽 | 00:53:29 | Trackback(0) | Comments(1)
    歌うように/二ノ宮知子「のだめカンタービレ」
    4063259684のだめカンタービレ(1)
    二ノ宮知子
    講談社 2002-01

    by G-Tools

    クレタ: 「のだめカンタービレ」って知ってる?
    マルタ: 最近のクラシックブームのきっかけとなった作品だね。
    クレタ: ちょっと1巻だけ読んだみたんだけど、主人公のだめこと野田恵(こう書くと読みにくいわね)は日常生活ではダメな女なの。わかりやすくいうと少し前ニュースで話題になってた「片付けられない女」の典型的なキャラなんだ。けれど、ピアノを弾く彼女は見る人が見るとキラッと光る才能があってみたいな…。また楽譜はほとんど読めなくて、耳で聴いた音を弾いてるなどの天才系エピソードがあったり。
    マルタ: 主人公の設定はありがち度高いね。
    クレタ: まあね。彼女の才能をわかりやすく説明してくれる役として千秋という神童みたいな人がいるの。同じ大学に通ってたんだけど、お互いのことを知らなくて、でも実はマンションのとなり同士だったとわかる。なんだかベタの世界。この人が彼女の才能をドンドン発掘していく展開になっていくんだろうなあ。
    マルタ: 巷で話題の。おもしろいね。
    クレタ: そう考えると、そんな部分ばかり気になってしまう。悪い影響かも。出てくるクラシックは全然ベタじゃないのに。
    マルタ: クラシックでベタと言えば、モーツァルトアイネ・クライネ・ナハト・ムジークの何番だったかな?忘れたけど小学生の時にそれを覚えて、タイトルが言いたくてしょうがなかった記憶がある。この言葉は気持ちいい。
    クレタ: ♪タッタタッタタタタタタ~最近ではKREVA国民的行事でサンプリングされてたわね。全世界的ソングだよね

    テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

    [加納クレタ&マルタ]マンガ | 22:28:30 | Trackback(0) | Comments(0)
    そこに救いはあるのか?/映画「ドッグヴィル」
    B000E41NJYドッグヴィル
    監督/ラース・フォン・トリアー 主演/ニコール・キッドマン
    2006-03-24

    by G-Tools

    これってリハーサルの風景ですか?と思わず尋ねてたくなるオープニング。なんせスタジオには家の間取り、道の名前など白線が引かれただけのセット。そこには申し訳程度に最小限の家具が置かれているだけ。つまり、壁などの遮蔽物が全く存在しないので村全体、村人全員が見えるわけだ。
    このセットにも圧倒されるわけだが、内容がスゴイというかエグい。

    アメリカのド田舎にあるドッグビルは村人約20名ほどの小さな村である。そこへギャングに追われ、逃げてきたグレースがこの村にたどり着くところから物語は始まる。医者の息子の説得により、グレースを匿うことにした村人たち。彼らの不安を拭い去るために「取り立ててする必要もない仕事」をすることで村人たちの信頼を獲得していくのだが…。ある日警察の手配書が村に届き状況は変化をみせる。

    人間の嫌な部分、弱さなどの負のエネルギーを実験室で作り上げたような作品で、見ていて辛くなるし吐き気を覚えた(チョットいいすぎ?)
    村に警察が来ているとき、チャックの家でグレースが逃げることも助けを求めることもできずレイプされるシーン。遮蔽物が何もない故に、事件が起こっていても人間が平然とそれぞれの日常を過ごしていることが嫌でも見えてしまう。だから怒りを覚えてしまったのではないだろうか?
    3時間ほどの長い映画で見ていてしんどくなる(長さのせいではない)が、目が離せなくなる映画だ。ラストにまた厳しいシーンが待っているが考えさせられる映画だった。


    [加納ソルト]映画・海外 | 20:32:39 | Trackback(0) | Comments(0)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    ブログパーツ