■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
5月のおさらい

クレタ: はい、それでは2006年5月に観て聴いて読んで話題にした作品の形式的おさらいです。映画9作品、ミステリ12作品、小説1作品がノミネートされてますね。
マルタ: 長編6本読みきりましたね。
クレタ: ミステリ作品ははその作家の代表的位置づけの作品が多かったので、ポイントも高い。今回は初めて10個が出ました。
マルタ: うん、これは自信を持ってオススメできます。
クレタ: 来月の予定をどうぞ。
マルタ: WOWOWとスカパーの有効利用。全然元取れてないからね。
クレタ: ということは、映画三昧?
マルタ: そうだね。


星10個
【ミステリ】「仮面山荘殺人事件」 著者/東野圭吾
【ミステリ】「七回死んだ男」 著者/西澤保彦
【映画】  「下妻物語」 監督/中島哲也


星9個
【ミステリ】「イニシエーション・ラブ」 著者/乾くるみ



星8個
【ミステリ】「夏期限定トロピカルパフェ事件」 著者/米澤穂信
【ミステリ】「葉桜の季節に君を想うということ」 著者/歌野晶午
【映画】  「はなればなれに」 監督/ジャン・リュック・ゴダール
【映画】  「ファインディング・ニモ」 監督/アンドリュー・スタントン
【映画】  「ディープ・ブルー」 監督/アラステア・フォザーギル他


星7個
【ミステリ】「ニュースの時間です」 著者/シオドア・スタージョン (短編)
【ミステリ】「金は天下の回りもの」 著者/ヘンリイ・スレッサー (短編)



星6個
【ミステリ】「密室の鍵貸します」 著者/東川篤哉
【小説】  「みんな元気。」 著者/舞城王太郎 (短編)


星5個
【映画】  「青い車」 監督/奥原浩志
【映画】  「コード」 監督/シドニー・J・フューリー


星4個
【ミステリ】「輝きの断片」 著者/シオドア・スタージョン (短編)
【ミステリ】「仮面劇 MASQUE」 著者/折原一
【映画】  「ミッシング」 監督/ウォルター・クレンハード



星3個
【ミステリ】「逃げるばかりが能じゃない」 著者/ヘンリイ・スレッサー (短編)
【映画】  「マインドハンター」 監督/レニー・ハーリン
【映画】  「ダ・ヴィンチ・コード」 監督/ロン・ハワード



星2個
【ミステリ】「ペンフレンド」 著者/ヘンリイ・スレッサー (短編)



星1個
該当作品なし



スポンサーサイト
[加納クレタ&マルタ]作品別★獲得表 | 20:47:04 | Trackback(0) | Comments(3)
寂しい男と寂しい女の寂しい物語/ヘンリイ・スレッサー「ペンフレンド」

クレタ: 文通ってしたことある?
マルタ: 恥ずかしながら…。文通ときくと切ない思い出とともにあの日がよみがえるな…(遠い目)。
クレタ: 是非聞かせてもらいたいわね。
マルタ: 文通をしてると、会いたくなるのが世の常。僕もその例にもれず、なけなしの貯金箱のお金を使って、相手にコンサートのチケットを送ってみたわけよ。でも当日、ロビーを何度探しても見つからず、結局彼女は来なかったんだ。あの時のアンコールの拍手ほど悲しいものはなかったな。それで、いたたまれなくなって…。
クレタ: ちょっと!なんだかイヤな予感がする。まさか…玉ねぎが…
マルタ: その予感は的中だよ。というわけで、ご存知「うまい犯罪、しゃれた犯罪」から「ペンフレンド」のご紹介。


[あらすじ]
マーガレットの元に警察官がやってきた。話によると、姪のマージーが服役囚ラウールと文通していて、愛し合っているとのこと。しかもラウールは刑務所を脱走し、もしかしたらマージーを頼って家に訪ねてくるかもしれないと忠告を受ける。その日は幸いマージーは留守だったが、夜中に地下室から物音が聞こえてきた。恐れていた事態が起こったのだ…


マルタ: 「世界仰天ニュース」でやっていそうな話でしたね。文通というのはウソがつき放題なんです。
クレタ: 納得いかない!
マルタ: だから、ウソつき放題なんだって。



[加納クレタ&マルタ]本・海外短編ミステリ | 23:52:13 | Trackback(0) | Comments(0)
ワレイチビットッタラホンマイテマウゾコラ/映画「下妻物語」

マルタ: とかく性格や行動パターンが全く違う人間との間に友情は結ばれやすいわけでありまして…。
クレタ: ジャスコ(※1)に絶対の信頼を置く町「下妻」に住む(「イオンを広告する人」の旦那さんが全開で参加!)、モモコとイチゴのちょっと変わった友情物語です。最初にモモコが伝説のヒミコの子供(ウソ!)という貴種流離譚(?)を織り込みながらのタンカをきるシーンにビビったことだけ言っておきます。深キョンあんな声出せたのね…。
マルタ: 強烈でしたもんね。僕もゾクッときた。でもあの話「ダ・ヴィンチ・コード」の聖杯を巡る物語みたいだね(笑)。


B0001M3XHO下妻物語
監督/中島哲也 主演/深田恭子、土屋アンナ
2004-11-26

by G-Tools

[あらすじ]
レースのパラソルにボンネット、田んぼのど真ん中というロケーションを無視して歩く女子ひとり。彼女の名前は竜ケ崎モモコ。生き甲斐はひらひらフリフリのロリータなお洋服を着ること。だから、茨城県は下妻から、片道3時間かけて聖地・代官山のショップに通うことも厭わない。でも、お買い物には先立つものが必要だ。そこで目をつけたのが、父親のかつての商売の遺物、自宅に眠るブランド品のバッタ物。これを売りさばこうと目論むモモコの前に表れたのは、ばりばりヤンキーのイチゴだった…。(goo映画より)


クレタ: ハチャメチャなんだけど、おもしろい!笑い転げ、ほんのちょっぴりホロリとさせられる。胸にズキュンとくるいいセリフもあるし、私にとって最高の映画です。
マルタ: 絶賛じゃないですか(驚)。
クレタ: 私の好きなセリフをピックアップしましょう。「人に貸すものは自分にとってどうでもいいもの。だから返さなくていい」「(キャベツをイチゴに渡して)今日からコレがあなたのダチです」「尾崎だ!負ける気がしねえ」「なめられてたまっかよ」「なんかバカバカしいことをしたい気分なの」などいろいろありますが、なんといっても初めて恋をしたイチゴが初めて恋に破れた時のシーンでモモコから繰り出されるセリフ。「女は人前で泣いてはいけない」というアケミさんの教え(※2)を守ろうと泣くのをこらえるイチゴにモモコがかけた言葉に、こっちまでもらい泣きしそうになりました。
マルタ: 「今ここには誰もいないよ」でしたか?誰かに頼らなくては生きていけないなら、ミジンコにでもなった方がマシとまで言い切るモモコならではのセリフですよね。
クレタ: いやあ友情ってホントいいもんですね。


[メモ]
(※1)ベル○ーチやユニ○ーサルよりジャスコさんからクレーム来そうですが、そういった話は聞かないので寛大な会社なんだなと思いました。
(※2)誰もいない空き地っぽいところで、泣きながら歩いていたイチゴがポニーテイル(もちろん漢字)のアケミさんと出会い、注意を受ける。アケミさんが言うには誰だって背負っているものがあり、ツライ。だから泣くことは恥ずかしいことではない。でも、女は人前で泣いてはいけない。泣くときは誰もいないとこで泣きな。と教えるのだが…。イチゴは誰もいないところで泣いていたんですけど…カッコイイのですが、不条理なアケミさんです。


[加納クレタ&マルタ]映画・国内 | 23:12:28 | Trackback(0) | Comments(5)
モナリザはどうした!/映画「ダ・ヴィンチ・コード」
ダ・ヴィンチ・コードクレタ: 「ダ・ヴィンチ・コード」観てきたよ♪
マルタ:
 ついに話題作に手を出したか。で、どうですか?
クレタ: やっぱ2時間半はキツイわ。レイトショーだったから眠たくなるし、腰痛いし。何度も座る位置を調整しながらなんとか観終わった感じ。よく考えたら私、キリスト教の歴史なんて知らないし…。これから観に行く方は「ダ・ヴィンチ・コード」関連番組を観倒してから映画館に足を運びましょう!
マルタ: ある程度お勉強してから臨まないといけないのか…。
クレタ: そうですね。とにかく誰がイイモンで誰がワルモンかわからないのが難点。「人間キリスト派」対「神キリスト派」の戦いなんでしょうけどね。結局あの人が裏で全部操ってたと考えてよろしいのかしら…?。まぁ印象に残ったのは「人は目の前のにあるものには意外と注意を向けない」というサー・リーじいちゃんの言葉。感銘を受けましたね。謎解き部分はほぼこの1点にかかっていると思います。
マルタ: なるほど、いい言葉ですね。僕たちはモノを探す時ってたいがい、紛れ込んでそうな所から探してしまうからね。
クレタ: 実は最後のシーンがあまり納得できてないの。えっとね、この映画って「モナリザ」をポスターに使うほど、前面に押し出してるじゃない?最後に映るのは絶対「モナリザ」だと思ってたのに…。なんだったのアレは?

[加納クレタ&マルタ]映画・海外 | 22:33:29 | Trackback(0) | Comments(9)
コールドゲームとは?
「○○5回降雨コールドで勝利!」などスポーツ紙の見出しでよくありますよね。
というわけで、コールドゲームの英語表記について。

今までコールドゲームはずっと「Cold Game」と表記するのだと思ってた。
点差や天候不順でお寒いゲーム展開になれば、コールドゲームと呼ぶんだろうな…と。(カタカナ表記の罠にまんまとかかっていたんですよねぇ)

しかし、実際は「Called Game」と表記するそうです。知ってました?
点差が開き過ぎたり、悪天候でこれ以上試合続行が不可能と審判団が判断した時に試合を打ち切る制度だそうです。まあ、ボクシングのレフェリーストップみたいなもんです。

ちなみにプロ野球では点差によるコールドゲームはないみたい。


[加納ソルト]雑記 | 22:48:10 | Trackback(0) | Comments(2)
得したようで得してない/ヘンリイ・スレッサー「逃げるばかりが能じゃない」「金は天下の回りもの」
4150728534うまい犯罪、しゃれた殺人
ヘンリイ・スレッサー
早川書房 2004-08-25

by G-Tools

マルタ: ヒッチコックのお気に入りと副題のついたヘンリイ・スレッサー「うまい犯罪、しゃれた犯罪」を読んでみましょう。1話1話が短いので寝る前に読むのに最適な短編集です。
クレタ: 私は今のところ「逃げるばかりが能じゃない」「金は天下の回りもの」を読みました。非常に読みやすく満足してるわ。日本人作家で例えるなら星新一でしょうか?オチのつけ方が似ている気がします。
マルタ: 「逃げるばかり~」は会社の金を横領した男が捕まって20年間の刑に処せられる。しかし、肝心のお金は何処にあるか警察は皆目わからず、男も決して口をわらない。20年後…お金の在りかをどうしても知りたかった捜査官は男に聞き出すことに成功する。奇妙なことに男は隠し場所を教え、そのお金をあっさり警察に渡してしまう…。何故20年間も隠し通してきたお金を返還する気になったのだろうか?といった内容です。
クレタ: 刑に服した20年間が無駄になっちゃうよ!と思いきや、ある理由から20年間必要だったという横領裏技事件でした。一瞬「やるじゃん」と思うけど、こんな人生はイヤです。
マルタ: 20年間の価値は人それぞれなんだね。ちなみに僕も絶対イヤだよ。続いて「金は天下の~」は友人にポーカーで負け、給料を全部取られてしまった男が、妻に正直に言えず、道で強盗に襲われたと嘘をつく。妻の勧めに従って警察に連絡をしたのだが、警察で強盗が捕まっており、男が盗られた嘘をついた額(給料の額)とほぼ一致し、「あなたを襲った強盗に間違いないでしょう」と、できれば署まで来てくれと頼まれてしまう。苦し紛れについた嘘が真実になっていく、不思議なストーリーです。
クレタ: なんで、なんで?とあまりにも主人公に都合よく展開していくから、引き込まれていきました。オチには口元がニヤっとしますね。明日も続きを読もうっと!



[加納クレタ&マルタ]本・海外短編ミステリ | 23:59:32 | Trackback(0) | Comments(4)
それは夢のように
予告編を見るのが好きです。
その映画の見所がテンポ良く流れて、おもしろいものだから、劇場で映画を観ると予告編の印象しか残ってないなんてこともザラにあって、予告編だけ上映する映画館があったら観に行きたいな…なんて時々思ったりもする。最新作や過去の名作などをいろいろ織り交ぜてもらえたら言うことナシでしょ。1,000円くらいなら払うよ。
三億円事件の犯人
というわけで、宮崎あおい主演の話題作「初恋」の話。

「三億円事件の犯人は女子高生だった!」

角川映画のような触れ込みだが、元ちとせ「青のレクイエム」がいい味を出してた予告でした。
公開は6月10日です。予告編はGyaOで放送してるので要チェック。



[加納ソルト]雑記 | 22:49:47 | Trackback(0) | Comments(3)
お茶漬けの食べ方
普段はそんなに食べる機会はないのですが、お茶漬けを食べた。

永谷園さけ茶漬けをゴハンにふりかけて、あつーいお茶を注ぐと出来上がり。
アツアツだが、流し込むように豪快に口の中へ。時折「あーっ」と息を吐くことで、一昔前のCMの雰囲気を入れつつ食べていた…。
なにげなく「さけ茶漬け」の袋に視線が行き、ハッと息を呑んだ。
さけ茶漬け
□作り方□
①茶わんに軽く1杯(100g)のご飯を盛る。
②その上にお茶漬けの素をかけ、お湯(150ml)を注いでできあがり。

お茶じゃなくて?お湯?正しくはお湯を注ぐわけ?



お茶漬けの素にはお茶の成分が入っているんですって。知ってました?
私は生まれてこのかた、お茶お茶漬けをしてたようです。


[加納ソルト]雑記 | 22:28:04 | Trackback(0) | Comments(2)
罠にワナワナするFBI捜査官たち/映画「マインドハンター」
「マインドハンター」を観た。

PSで「影牢」ってあったでしょ?あんな感じ。
予め仕掛けておいた罠にFBI捜査官たちをハメて遊ぶ、ゲーム感覚ムービー。

マインドハンター「読み解くのが先か、ハメられるのが先か」
これが映画のコピー。当然ハメられるのが先です。

見事にトラップに掛かってくれるからうれしくてたまらない!(犯人談)

見所は相変わらずのLL COOL Jのムキムキ度。彼は鍛えてます。
ネタバレになるけどクリスチャン・スレーターが一番に死んでしまいます。ファンの私としてはちと残念。
ヘリウムガスを全身に浴びるとあんな風になるんですね。

[加納ソルト]映画・海外 | 23:19:11 | Trackback(0) | Comments(3)
サインに気づいてはならない/映画「コード」

クレタ: 監禁映画の注意点は決して監禁されている人を助けようとしてはならないということです。このことは肝に銘じておかないと大変なことになります。
マルタ: 補足すると、被害者のサインに気づいてもダメですよ。
クレタ: 今回の映画では以下のようなデータが得られました。


助けようとした人 2名(1名重傷、1名死亡)
気づかなかった人 2名(ともに無事)


B00005HUMUコード
監督/シドニー・J・フューリー 主演/ダリル・ハンナ、ジェニファー・ティリー
2001-03-02

by G-Tools

[あらすじ]
アンは夫ジャックとの間に子供を待ち望んでいたが、なかなか恵まれなかった。思いきって夫婦は人工授精を行い妊娠に成功する。しかしある晩アンは産婦人科医フランクに誘拐されてしまう。それは彼とその妻ヘレンのある計画のためだった。冷酷なフランクと狂気に満ちたヘレンに監禁されてしまったアン。人里離れた場所での恐怖の日々が始まる…。(GyaOより)


クレタ: この映画はヘレンですね。もう最初の一声聞いたときから、ヤバイ奴と思いました。高音なハスキーヴォイス、あの声が狂気をはらんでいます。そして風貌がモノクロ映画の雰囲気。これまたキモチワルイ。ラストのほうで髪がボサボサになってる方がまだマシってなもん。
マルタ: 決して悪い人じゃないんだけどね、欲望(赤ちゃんのことで頭いっぱい)に忠実すぎるのがハタ迷惑なんです。自分が犯している行為が他人の精神にどれほどダメージを与えているのかが理解できていない。残念ながら子育てはできませんね。
クレタ: 彼女の地雷が「検査」でしょ?過去に妊娠中絶をして子供の生めない体になってしまった。それがトラウマになっていて、アンに対してフランクが検査しようとするとブチ切れてバッドで殴り殺してたもん。夫でも容赦なし。
マルタ: 怖いですね。でも、アンは何ヶ月も監禁されてたにもかかわらず、全く弱さを見せなかった。母は強しといったところでしょう。その強い意志がお腹の子供と、まさに「コード(へその緒の意)」で繋がった命です。
クレタ: うまいのか?原題では「Hide & Seek」なのに邦題は「コード」ですから…。意識してますよね?後、「ミザリー」と設定が似ていることもあって比較されてます。宣伝文句では「ミザリーより怖い!」なんて言われてますが…。
マルタ: うーん。難しいところだけど、僕は「ミザリー」のアニーに軍配をあげたい。ヘレンみたいにのっけからヤバさ全開!よりじわじわ狂気じみた性格が出てくるほうが怖いですから。


血まみれヘレン「サイレントヒル」に出てきそう…ブルブル

GyaOで6月16日まで絶賛放送中!

[メモ]
ところで生まれた子供は誰の子供?



[加納クレタ&マルタ]映画・海外 | 14:50:50 | Trackback(0) | Comments(0)
結局死ななかった男/西澤保彦「七回死んだ男」

クレタ: 「反復」シリーズ第2弾!西澤保彦「七回死んだ男」です。
マルタ: 第2弾?
クレタ: 勝手に朱川湊人「昨日公園」を1回目と数えます。これからシリーズで読んでいくわよ。
マルタ: 飽きっぽい僕たちのことだから、いつの間にかウヤムヤに投げ出してしまいそうだけど…。
クレタ: それはそれでいい。ボチボチ行きましょうよ。


4062638606七回死んだ男
西澤保彦
講談社 1998-10

by G-Tools

[反復設定]
キュータロウくんは16歳の割りに老成した雰囲気を漂わせています。それもそのはず彼が生きてきた時間を換算すると30歳を優に超えているのですから。というのもキュータロウくんには奇妙な体質があるのです。


同じ日(午前0時から次の午前0時までの24時間)が9回(オリジナル→2周目→…→8周目→決定版)繰り返される。


キュータロウくんいつやってくるかわからないこの現象を「反復落とし穴」と名付けました。ある日突然前の日と同じことが起こっていると「落とし穴に落ちたんだな」と気づくのです。


[あらすじ]
どうしても殺人が防げない!?不思議な時間の「反復落とし穴」で、甦る度に、また殺されてしまう、渕上零治郎老人…。「落とし穴」を唯一人認識できる孫の久太郎少年は、祖父を救うためにあらゆる手を尽くす。孤軍奮闘の末、少年探偵が思いついた解決策とは?(表紙裏より)


クレタ: タイトルが「七回死んだ男」だからね。設定とのからみでオリジナルに死んでなかったから、最後は絶対助かるじゃんと安易に考えてた。過去は変えられないんだなんてね。そもそもオリジナルに死んでないんだから2周目で死ぬのは間違ってるよね。キュータロウくんもおかしいと感じていたけど…。
マルタ: 厳密に(?)言えば、過去ではないからね。同じ日が繰り返しているだけだもん(そう考えると「昨日公園」も今日の繰り返しだ)。一見過去っぽい現在進行形です。今回は変更可能なんです。
クレタ: そうそう。でももしかして変えられないんじゃないか?犯人をおじいさんに近づけさせないようにしても、他の誰かが殺してしまう。私なら何回も何回も繰り返されたら、もういい加減どうでもよくなっちゃう。
マルタ: オリジナルの日はキュータロウくんとおじいさんが二人きりで屋根裏部屋で飲んでいたから助かった。最終手段としてはそれを選べばいい。でも二日酔いで気持ち悪くなるのはイヤだから何とか避けたい。自分に悪影響もなく、おじいさんも助かる道を見出したいんだよね。
クレタ: 意外と解決策はあっさりしたもの「おじいさんにお酒を飲ませなければいい」だよ。まあそりゃそうだわ。まるーく解決。
マルタ: おっと!バラしますね。
クレタ: 驚くべき結末が用意されてるからいいのよ。正直に告白すると、おじいさんもキュータロウくんと同じ体質で偶然同じ日に二人落ちてしまったのかな?と、ひと財産儲かったときのエピソードが伏線だ!とアホなこと考えてた。ボケてるので繰り返しに気づいてない…。あー情けない…。でも、1日が反復する…なんてうらやしいのかしら、大もうけし放題じゃん!と思ったけど…全然そっち方面には流れなかったね。
マルタ: 遺産問題に絡む、養子縁組騒動なんてそもそも起こらなかった。キュータロウくんがそこに気づけばね。
クレタ: それが一番の謎です。



[加納クレタ&マルタ]本・国内長編ミステリ | 23:31:48 | Trackback(0) | Comments(2)
もう何も恐れないよ/映画「青い車」
B00095L686青い車
監督/奥原浩志 主演/ARATA、宮崎あおい
2005-06-24

by G-Tools

クレタ: 原作のあらすじは、姉の明美の彼氏リチオと隠れて会っていた妹このみが、リチオとの関係を姉に告白した次の日、交通事故で亡くなってしまう。責任を感じたこのみは花束を投げにリチオと海を目指す…。というホントに短い短編マンガですが…。
マルタ: とにかくその短編の映像化したい!という欲望が監督にあったんじゃないかな?ラスト何分かは原作そのままだし。観ようと思う人は絶対あのシーンを観たいわけだからね。1時間30分のうち、1時間20分は長ーいフリと考えていいでしょう。「稲村ジェーン」「真夏の果実」の壮大なプロモーションビデオだったのと同じ。
クレタ: 映画版はリチオに焦点が当てられてます。目の部分が事故で不気味に変形しているのでサングラスで常に隠し、あまり感情を表に出さない。口癖は「何が?」でした。もうこの「何が?」というのが気になる気になる。相手に遠回しな表現をさせないよね。ハッキリ言えよと。
マルタ: リチオがどういう人なのかイマイチ理解できなかったけど、死にたいけど死ねない人なのかな?嫌なことがあると、(このみと関係を持った直後)リストカットをしたり、(明美が事故死した直後)車で事故ろうとする。でも死ねない。リチオが何度も見る夢で木の上に吊るされた死体を見て、このみたち(あるいは少年時代の友達)が笑っている。近寄ってみると自分の死体だったというのがあります。常に死を意識し、嫌なことがあるとすぐ死に結びつく人間です。
クレタ: 車で事故死しようとした直後、まだ大怪我を負ってない少年リチオが登場し、リチオが「あれから何があったのか話すよ」と言います。そこで気持ちが変化したのかもしれないわ。このみに「心配するな俺が何とかする」とまで明言してるし。ハッピーエンドは2年後あたりの映画でしょう。
マルタ: そう、まさに♪今変わってゆくよ~です。このみは最初にサングラスをかけない方がいいと言った人だからね。言われた直後は動揺を隠せなかったけど、彼女になら自分をさらけ出されるのかもしれないと考えても不思議ではない。
クレタ: 後は海に投げることができなかった花束の行方が薄っすら気になるところ。どうして投げなかったんだろ?

[加納クレタ&マルタ]映画・国内 | 21:58:51 | Trackback(0) | Comments(2)
Sea is so beautiful/映画「ディープ・ブルー」
B0002S0JVUディープ・ブルー
監督/アラステア・フォザーギル、アンディ・バイヤット
2005-05-27

by G-Tools

[内容]
製作7年、ロケ地200カ所、撮影フィルム7000時間。それは90分間、人であることを忘れる壮大な海の物語。(amazonより)


クレタ: 「ディープ・ブルー」だからと言って、別に頭のいいサメが襲ってくるわけではありません。この映画?というよりドキュメンタリを観れば「ディープ・ブルー」といえば、せーの…コレ!となるでしょう。
マルタ: 撮影7,000時間!たったこれだけの時間でよくこんな素晴らしい場面に遭遇できたね。ラッキーなんでしょうか?
クレタ: どうなんでしょう?海では日常的に起こっている出来事なんでしょうけどね。私たちが今まで目にしなかった光景が繰り広げられていたので非常に驚かされたわ。
マルタ: 例えばマイワシに視点をあてて語られるドキュメンタリの場合、そのマイワシに肩入れしてしまう。マイワシの群れにサメ、アホウドリ、イルカ、クジラが一斉に突撃してくるシーンだと「食べないであげてー」と叫びだしたくなるけど…。このドキュメンタリの場合は全ての生物が並列に描かれていました。なのでありのままを受け入れるしかないんですよね。
クレタ: 善も悪もない世界ですね。
マルタ: 好きなシーンはありましたか?
クレタ: そうだね~、やっぱりシャチがアシカを高々と投げ上げて海に叩きつけるところかな?メチャメチャ飛んでたよ(ティコ止めて!)。叩きつけて脳しんとうを起こさせてから、食べるんでしょうか?まさかアシカとシャチのショーが海でも繰り広げられているのかしら?
マルタ: それはない!シャチの狩りはもうひとつあったね。クジラの子供を6時間もかけて追いかけまわし、疲れたところをバクリ。すんごく執念深いのに食べるところは舌と下アゴだけ。やれやれです。
クレタ: なんてグルメなんでしょう。
マルタ: 他にも発光しながら優雅に漂う深海生物。地球にあったんだね、あんな不思議な物体が。単純に美しかったです。
クレタ: とにかく、謎に満ちた海の営みを知るには絶好の1本です。



[加納クレタ&マルタ]映画・海外 | 23:39:22 | Trackback(0) | Comments(3)
ミッシングな結末/映画「ミッシング」
B0000844EMmissing ミッシング
監督/ウォルター・クレンハード 主演/ハリー・ハムリン
2003-02-21

by G-Tools


父親のジムと息子のマット、娘のケイトは再婚予定のパティとマットの友人イーサンと車で旅行に出かけました。目的地に着く前に訪れた田舎町のレストランでマットが廃墟を見に行こうと提案します。マットが持っていた古い地図には「ウィーバー」と呼ばれる町があり、そこに行きたいようなのです。そのレストランの人々に道順を尋ねますが、返ってくる言葉は「ウィーバーなんて町は聞いたこともない」と連れない態度です。ここから近いはずなのにと不審を抱きますが、一向はとにかく「ウィーバー」を目指します。


しばらく走ると地図通り右に折れる道がありました。その道は砂利道で真っ直ぐ砂漠を突っ切る形で伸びています。道すがら墜落した飛行機の残骸やコンパスの故障などありましたが、無事「ウィーバー」に到着しました。誰もおらず無人の町でしたが、突然人々がパッと消えたような雰囲気が漂っています。探検をしていたマットは白い文字で描かれたマークを見つけますが、出発の時間になったので車まで戻りました。しかし、車のエンジンがかからず、一晩そこで泊まらなくてはならなくなりました。


夕食を食べ終わった頃、一本のビデオテープが見つけます。再生すると、ムたちと同じようにウィーバーにたどり着いた家族が車が動かなくなり、泊まらざる得ない状況におちいった家族が映し出されていました。そして怖ろしいことに女性がカメラに向かって必死に訴えていました。「1人ずつ消えていった…怖い…最後の1人になったわ。キャー、いや!頼むからこっちへこないで」と。


怖ろしくなった子どもたちは逃げようと言いますが、誰かがふざけているだけだと大人たちは取り合ってくれません。とりあえず子供たちを落ち着かせ、朝を迎えたジムは驚きます。外に置いておいた車が消えていたのです…。


マルタ: あらすじはここまで。テーマはタイトル通り「ミッシング」。一体何処に消えてしまうのか?あるいは…。ウィーバーに着いてから誰かに監視されているような視線と息遣いが絶えず挿入され恐怖感を煽り、ここから先の展開に期待を抱いてしまうわけだけど…。
クレタ: 結局のところ何だったのか理解できませんでした。たぶん、立ち寄ったレストランのある町の全員がウィーバーで消失した人たちなんだろうなとはうっすらわかる。息遣いの正体は結局のところわからずじまい。
マルタ: なんかスッキリしないですね。モヤッとです。でも、ビデオテープのシーンはよかったね。同じ境遇になってしまった家族が辿る運命があらかじめ知らされてしまうとこ。不安レベルがギュンギュン上がります。僕もここまでかなおもしろく観れたのは。
クレタ: 私はマットがもっとあの白いマークにこだわると思ったんだけどね、イーサンがチラッと見ただけでそれきり。
マルタ: そういえばそうだ。爆弾にも見えるね、あのマーク。
クレタ: 余談だけど、助けを呼びに行くチームと残って待つチームの二手に分かれますよね。ホラーの鉄則で二手に分かれたらどちらかに不幸が襲い掛かるというのがあります(ある?)。私なら絶対全員で行動する。ホラー映画みんなでいれば怖くない!ってね。
マルタ: やれやれ。ちなみにギャオで5月16日までやってます。
クレタ: 明日までだ!



[加納クレタ&マルタ]映画・海外 | 22:10:04 | Trackback(0) | Comments(5)
Boy Meets Girl~出会いこそ人生の宝探し~/歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」
4163217207葉桜の季節に君を想うということ
歌野晶午
文藝春秋 2003-03

by G-Tools

クレタ: 問題!答えられるかな?
マルタ: いいよ。難しい?
クレタ: ♪簡単カンタン。父親とその息子がドライブをしていました。そしたら対向車がつっこんできて、運転していた父親は即死。息子もひどく頭を打ちつけ一刻を争う事態です。救急車で近くの病院に運ばれますが…。
士郎: オッホン…ちょっといいですかな?
マルタ: あっ、すいません。どうぞこちらへ。
士郎: 娘を探して欲しいんじゃ。
クレタ: ようこそ!クレタ&マルタ探偵事務所へ!
士郎: …。娘を探し…
クレタ: とりあえず名前から言ってくれる?
士郎: 安藤士郎じゃ。今年で72歳だ。今は1人寂しく暮らしてるんだが、子供が1人いてな。もう17歳になるはずじゃ。
マルタ: えらく年の離れた…。
士郎: 恥ずかしい話じゃが、55歳の時の娘だ。54の時に23歳の若い女と結婚して生まれた。
マルタ: やりますね。
士郎: でも、長続きはせん。1年半で別れてしまったよ。それきり会ってない。
マルタ: それで、その離れ離れになった娘さんと再開したいと。
士郎: いや、会えばあちらに迷惑がかかる。どんな様子か見てくれればいいよ。できれば、遠くからでいい、成長した娘の写真を何枚か撮ってもらえれば有難い。名前は千絵。おそらく三宅姓になっている。住所は川崎だ。
クレタ: OK!探してあげる。


将虎: ちょっといいかな?
クレタ: ようこそ!クレタ&マルタ探偵事務所へ!
将虎: 相談なんだけど…いいかい?
クレタ: とりあえず名前から言ってくれる?
将虎: 成瀬将虎。仰々しい名前だろ?
クレタ: いいんじゃない?自分でつけたわけじゃないんでしょ。で?
将虎: ある男から娘を探してくれと頼まれた。奥さんと別れて以来一切会ってないそうだ。その時、娘は1歳だし記憶もないだろうね。でも一目成長した姿を見たいらしい。写真で撮ってきて欲しいと頼まれたんだ。それで見つけた。でも別れた奥さんが倒れてその娘が店を切り盛りせざるを得なくなり、厳しい生活を強いられてる。まだ17歳だというのに…。
クレタ: もしかして…名前は千絵ちゃん?
将虎: どうしてわかった!
クレタ: マジ!?ちょっと、ちょっとー津川雅…違う、千絵ちゃん見つけただってー!
マルタ: マルタです。ありがとうございます。安藤士郎さんに言ってください。物語が始まります。
将虎: 正直に言えばいいと…。
マルタ: はい。そうしてください。


愛子: すいません…。
クレタ: しとやかそうな人が来たわよ…。ようこそ!クレタ&マルタ探偵事務所へ!
愛子: おじいさんのことで…。
クレタ: とりあえず名前から言ってくれる?
愛子: 久高愛子です。おじいさんが先日交通事故で亡くなりました。表向きは…
クレタ: 表向き?どういうこと?
愛子: 轢き逃げ。いいえ、轢き殺されたんです。保険をかけられて。
クレタ: マジ!?ちょっと、ちょっとーまた保険金殺人だよー!
愛子: …。
マルタ: マルタです。保険金殺人はおまかせください。では詳しくお聞きいたしましょう。
愛子: 身内の仕業じゃないんです。蓬莱倶楽部という組織が絡んでると思ってます。ご存知ではありませんか?
クレタ: うーん。551なら知ってるけど…。
マルタ: 僕も知らないな。初耳です。
愛子: 健康器具や食品などを法外な料金で売りつける悪徳会社です。死んでからわかったのですが、おじいさんも騙されて5,000万もつぎ込まされてました。
クレタ: また5,000万!犯人はMさんですね。違うか?
マルタ: その蓬莱倶楽部が保険金をかけて轢き殺したと?実際に保険金は下りているんですか?
愛子: 支払いはされてません。架空の会社の社員にされて保険をかけられていたようです。だから、未遂に終わってますが、おかしな保険をかけられ死んだことは事実です。
マルタ: で、我々に蓬莱倶楽部の調査をしろと。
愛子: はい。お願いします。


謎の女: あのー。よろしいでしょうか?
クレタ: なんか気の弱そうな人が来たわよ…。ようこそ!クレタ&マルタ探偵事務所へ!
謎の女: 誰に相談していいものやらわからなくて…子供たちにも迷惑かけたくないし…。
クレタ: とりあえず名前から言ってくれる?
謎の女: 言わなきゃダメですか?できれば伏せておきたいのです。
クレタ: ふーん、まあいいけど。で、相談の内容は?
謎の女: 昔から私衝動買いをする癖があって、無駄なものをいろいろ買ってしまうんです。
クレタ: この話長くなる?できたら要点だけお願い。
謎の女: ヒーッ、すいません。蓬莱倶楽部から逃げられなくなったんです。このままでは私の人生は無茶苦茶に…いえ、もう無茶苦茶になってるんです。どうかお助けください!
クレタ: マジ!?ちょっと、ちょっとー蓬莱倶楽部だってー!
マルタ: マルタです。蓬莱倶楽部大歓迎です。では詳しくお聞きしましょう……


not to be continued...


クレタ: 続けざまに依頼人が4人。忙しかったわね。私たちは一体何してるのかしら…ホントに。
マルタ: まぁそう言わず。でも、実際に会えばすぐ謎が解けたよ。百聞は一見に如かずってね。ところで、さっきの問題の続きをお願いしたいな。
クレタ: 忘れてた!エーッと、どこまでいったっけ?
マルタ: 父親が死んで、息子が重体。それで病院に運ばれたとこ。
クレタ: そうそう。で、救急車で近くの病院に運ばれますが、患者の顔を見た執刀医が変なことを言い出しました。私の息子だから手術することはできない、誰か変わってくれないかと。父親は死んでいるのに…どういうことなんだろう?という問題。わかる?
マルタ: うーん。まだ答えは言わないで…うーん。んっ!?



[加納クレタ&マルタ]本・国内長編ミステリ | 19:14:41 | Trackback(0) | Comments(2)
ミニマムな人生
130R板尾さんが変な踊りを披露しているCMで有名な曲。タイトルは「男だ☆光るぜ」

板尾さん世の中に対しては何も出来ないかもしないけど、付き合っている女の子だけは幸せにしようと決意する歌。そういったミニマムな行為くらいならオレにでもできるんじゃないか?と甘く考えています。

♪夢も希望ないオレがしなくちゃいけないコト
 ただお前を幸せにするそれくらいできるだろう



[加納ソルト]音楽 | 00:57:28 | Trackback(0) | Comments(0)
I'm Freedom
エンタの神様観てたら、犬井ヒロシが…。

おいおい、サバンナ高橋やん!いつの間にピンでやってたのよ。

自由だ~←朝起きると思いのほか暖かかったので半袖で家を出たが、夕方から寒くなってしまい友人に「寒くないか?」と聞かれ、正直に「朝はぬくかったから半袖で出てきたけど、失敗したわ」と答えるか、「全然寒くない!」と強がるのか、悩んでいる人に向かって解き放った言葉。


彼は日常にある一見どうでもいいようにみえる悩み、しかし、答え方次第でその人の人間性が如実に現れてしまう悩みに、答え方は「自由だ~」と声高に叫んでくれる。人間が陥りやすい悩みに希望を与えてくれるブルースの歌い手だった。


[加納ソルト]テレビ | 23:47:03 | Trackback(0) | Comments(0)
容疑者Mの仮面/折原一「仮面劇 MASQUE」
4061859013仮面劇―MASQUE
折原一
講談社 1995-03

by G-Tools

[あらすじ]
妻に五千万円の生命保険を掛けた。額としては多すぎず少なすぎもしない。疑われないような事故死に見せかけて、彼は妻を殺そうと思っていた。彼にはやりとげる自信があった。(BOOKデータベースより)


麻里: あの、えっと…夫のことで…ご相談が…
クレタ: ようこそ!クレタ&マルタ探偵事務所へ。まず、名前言ってくれる?
麻里: あっ、すいません。水島です。水島麻里です。
クレタ: 水島さんですね。OK!浮気調査?
麻里: 違います。私、夫に殺されるかもしれないんです。
クレタ: マジ!?ちょっと、待っててね。ちょっとー麻里さんが殺されるかもって!
麻里: …。
マルタ: マルタです。旦那さんに殺されるとは穏やかじゃないですね。詳しくお話いただけますか?
麻里: 夫には何か秘密があるようなんです。前妻が心不全で亡くなれたのは聞いていますが、過去のことにあまり触れたがらないんです。両親とも折り合いが悪く絶縁してるみたいで。株取引の仕事に関してもそうで、どうやらうまくいってないようなんですが…一切教えてくれないんです。
マルタ: 秘密主義者か。
麻里: 夫宛に同窓会の案内が来たんです。何故か松本商業高校からでした。おかしいと思いはじめたのはこの頃からなんです。だって私には松本深志高校を出たと言ってたんですもの。それで、内緒で幹事の望月さんに電話をかけてみたんです。そしたら昔から頭が良くて負けん気が強くて、秘密主義者だったと。そんな時、「前の奥さんがどうして死んだのか探ってみたら?」と変な電話がかかってきました。
クレタ: 保険金目当てとか?
麻里: その通りです。前の奥さんにも5,000万円保険金がかけられていたんです。それで私にも同じ額が打診されました。保険のことにはやたらこだわるんです。私は偶然だと思いたいのですが、そのことが頭から離れなくて…。
クレタ: 怪しいわ。メチャ怪しい。それで?
麻里: 住んでいるマンションに絶対開けてはいけないと言われている部屋がありまして…ある日夫がその部屋の鍵をうっかり忘れて仕事に出かけたんです。その時にその合鍵を作っておいて中に入ってみたんです。ドキドキしながら…。
クレタ: うわーこっちまでドキドキしてきた!絶対何かある。絶対何かある。
麻里: ありました。トリカブトに関する資料が…。目の前が真っ暗になりました。それから体調が悪くなってしまって、寝ていたら夫が栄養剤だと言ってカプセルを飲ませるんです。ますます気分が悪くなりました。もしかしたらその中に…。
マルタ: 確かに怪しいですね。
クレタ: ちょっと!この週刊誌の記事見てよ!


「妻と愛人が急死!トリカブト疑惑のM氏に直撃」


麻里: ハッ!
マルタ: M氏…水島!


果たして麻里の運命は?そして、M氏とは本当に水島康一郎なのか!?


クレタ: これはちょっとした導入部分ですが、物語はもっと込み入ってますね。後から康一郎の母親と兄妹が乗り込んできます。この家族がとにかく不気味です。
マルタ: 読者をハメようと、いたるところにトラップが仕掛けられてました。僕もそうだったんだけど、「M」はあいつだと予想を立てて読みましたが、うーん。
クレタ: 不安感がハンパじゃないから読んでいて疲労困憊してきたわ。誰もが怪しくみえてくる。
マルタ: この小説のポイントは「M」だよね。登場人物で「M」がつく人といえば?
クレタ: 水島康一郎、同級生の望月、フリーライターの目加田。そして…



[加納クレタ&マルタ]本・国内長編ミステリ | 22:25:24 | Trackback(0) | Comments(2)
オレ、ゼンブ、ヤル/シオドア・スタージョン「輝く断片」
輝く断片 著/シオドア・スタージョン
「輝く断片」

4309621864マルタ: 男は考えること、しゃべることが苦手だから、行為だけにスポットが当てられてて、男が女の傷口を手当する際に必要以上に細かい描写が続くので、手の力が抜けてヘナヘナしてきました。血がドバドバ出たり、意識がない人間の体を治療するシーンは苦手なんですよ。意識があって「ギャーァ、痛い!」とか反応してくれた方がマシなんだ。やられている人に反応がないと読んでいる僕に直接来るんだよね。僕だけなのかな?
クレタ: ふーん、そうなの。内容は男(知的障害がある?)が瀕死状態の女を道端で拾って、助けようと必死になる話ですね。手術の真似事をしてるうちにこの女のために「全てオレがしなきゃ」と強く思うようになって、ちょっとした生きがいになっていく。日が経つにつれて、手当ての甲斐もあり女は回復していくのだが…。といったところかしら?
マルタ: 女も知らない、友達もいない、仕事場でも用なし扱い、ずっと1人で生きてきた男が瀕死の女を助けることで喜びを見出していく。当然彼は上手にしゃべることができないので、女に対して「オレ、全部、やる」と言うだけで気持ちを表現できない。行為でしか伝えることはできないんだよね。
クレタ: でも、女は瀕死の状態から動けるようになって、しゃべれるようになって、感謝の意を彼に伝えるんだけど…私は唖然としました。
マルタ: 僕も唖然としました。あれ?

[加納クレタ&マルタ]本・海外短編ミステリ | 23:32:05 | Trackback(0) | Comments(2)
書字スリップ
トリビアの泉でこんなネタをやっていた。

「あああああああ…と高速で続けて書いていくと「お」と書いてしまう」
んなワケないじゃん!と思いつつ証拠VTRを観てみると、確かにペン字の達人が「ああああああああ…お」と書いていた。
マジ!?

これは「書字スリップ」と呼ばれる現象らしく、「あ」を何度も高速で書き続けると、形態が似ている「お」が記憶から呼び起こされ脳が手に指令を出し、無意識に書いてしまうらしい。

実におもしろい。とういうわけで、私も挑戦。

ああああああああああ…つ。

つ?おかしいな…もう一度。
次は絶対「お」に…

ああああああああああ…つ。

私は「つ」になりました。どうしてだろう?


[加納ソルト]テレビ | 00:35:04 | Trackback(0) | Comments(0)
我もまた人類の一員なれば/シオドア・スタージョン「ニュースの時間です」
輝く断片 著/シオドア・スタージョン
「ニュースの時間です」

4309621864クレタ: 神経症的にニュースばかりを見る男マクライルの話。テレビ、ラジオ、新聞など決められた時間に見るのが日課にしています。それの癖を除けばはほがらかな性格でいい人なんですが、妻はニュースを見ている間話を全く聞いてくれないマクライルに腹を立てちゃって、家中のテレビ、ラジオの真空管を取り外し、新聞も止めてしまう。妻のひそかな反逆ってわけ。そしたら夫が突然出て行っちゃう。マクライルはその足で弁護士に相談して妻と子供に財産分与の手続きをし、ホテルで暮らし始める。
マルタ: 不気味ですね、ニュースを見ている間は家族を完全無視する男なんて。ニュースの何が彼をそれほどまでに惹きつけてしまうのか?
クレタ: 話はまだ続くよ。ホテルで目覚めた彼は早速新聞を読もうとするんだ。でも全く読めない。字が読めなくなってしまった。恐怖にかられホテルを飛び出し、かつて狩りをした時に使用した無人の山小屋を目指す。生活品を揃えておこうと立ち寄った店でまた怖ろしいことがわかる。なんと耳まで聞こえなくなってしまっていたの。
マルタ: ここでの気になる記述は「怯えてはいたが、うれしいというか、ほっとしたというか、おおむねしあわせな気分」ですね。何故大好物のニュースが読めなくなったのに「しあわせな気分」になったのか?
クレタ: ここまでがマクライルの奇妙な癖と変調が書かれてて、その後は妻が相談した精神科医がマクライルに会いに行って、マクライルの過去の事件と隠された動機がが明かされます。私はその動機に唖然としました。
マルタ: 僕も唖然としました。

[加納クレタ&マルタ]本・海外短編ミステリ | 23:11:52 | Trackback(0) | Comments(3)
これでいいのだ/映画「ファインディング・ニモ」
B0007VZBM4ファインディング・ニモ
監督/アンドリュー・スタントン 声/木梨憲武、室井滋
2005-04-20

by G-Tools

[あらすじ]
カクレクマノミのマーリンとコーラル夫婦は、バラクーダに襲われ、マーリンだけが生き残る。マーリンは、たった一つだけ残された卵をニモと名づけた。やがてニモは、右ヒレが小さい以外は元気に成長し、いよいよ学校へ行く日がやってくる。しかし、極度の心配性になっているマーリンの忠告をよそに、海上に浮かぶボートに近づいたニモは、ダイバーによってさらわれてしまった。マーリンは、物忘れの激しい魚、ドリーの協力を得て、ニモを探しに大きな海へと旅立った!(goo映画より)


クレタ: 「モンスターズ・インク」で好印象のPixar社の作品ですが、これまた当たり!臆病者のダメダメお父さんと思ってたのに助けに来てくれたんだもん。感動です。教訓は行動を起こせば、誰かが助けの手を差し伸べてくれる。その救いの手に気づけるか否か?
マルタ: 物語の推進力として「ド忘れドリー」の存在が大きかった。字が読めたり、人に道を尋ねるのを厭わなかったり、くじら語を話せたり(笑)。欠点を補ってあまりある才能がありました。急いでいるときにあれだけ行きつ戻りつされたら腹を立てるマーリンの気持ちもスゴク理解できるけどね…。ドリーはサカナ界のバカボンのパパです。マーリンとの出会いの場面で「さっきすれ違ったわよ、ついておいで」と言いながら、しばらく泳ぐと「ちょっと何ついてきてんのよ!」とストーカー扱い。不条理過ぎますよ。
クレタ: そうそう(笑)。クイズ出すとこもゲラゲラ笑えるよ。


ドリー: オレンジ色で白のしましま。
マーリン: ボク。
ドリー: 私の近くにいて、オレンジ色で…。
マーリン ボク。
ドリー: じゃあ、3本のしましま…。
マーリン: ボク(怒)。
ドリー: 頭いいわね、じゃあこれはオレン…。
マーリン: ボクっ!その次もボク。


ドリー最高です。声をやっていたのが、室井滋さん。「耳をすませば」の時も感じたけど、彼女うまいわ。女優にしておくのはもったいない。それにひきかえ立花隆(雫のお父さん)の声が出てないこと、「雫こっちへ来なさい」、はっ?何?聞こえないんだけど。
マルタ: その点マーリンは声がよく出てたし、良しとしますか。雫のお父さんだったら探し出せなかったね。タイトルは「Losting Nemo」になってしまうよ。
クレタ: だよね。立花隆、声出てないもん。「ニモ、ニモ…」、はっ?何?聞こえないんだけど!



[加納クレタ&マルタ]映画・アニメ | 23:19:09 | Trackback(0) | Comments(4)
泣きたい夜は…
Q: ゲームで泣いたことは? A: ありません。

「Mother3」のCMで柴咲コウが大泣きしていたので興味を持ったわけです。
amazonのレビューを見ていると、どうやら「Mother1+2」からPlayした方がいいようなので、そちらから始めてみるかと思いましたが、とりあえず「Mother3」の名前を入力。

Mother3
[双子の弟] クレタ [双子の兄] マルタ
[お父さん] ソルト [お母さん] シュガー
[犬] クビキリ


内容は全く知らないが、Motherというくらいだからお母さんの物語なんだろうね。
母をたずねて三千里的なものかなと思いきや、お母さん普通に家にいたし。これからさらわれるの?

柴咲コウで泣けるくらいだから、涙腺がゆるんできた私なら当然泣けるだろうと無理矢理「甘く」考えている。


[加納ソルト]ゲーム | 00:58:05 | Trackback(0) | Comments(0)
たったひとつの冴えたやりかた/東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
4061859668仮面山荘殺人事件
東野圭吾
講談社 1995-03

by G-Tools

私のミステリ体験の中でもTop10に入るであろう「仮面山荘殺人事件」。サスペンスを盛り上げるための設定、最後のドンデン返しともに最高ランクを叩き出してくれています。読むのは今回で2度目です。


では長~いあらすじをどうぞ…。


僕の大切な婚約者・朋美が結婚1週間前に準備をしていた式場の帰り道、崖から車ごとつっこんで亡くなりました。警察によると、ブレーキ跡もないことから疲れて居眠ってしまったのだろうと結論付けられます。
僕は悲しみにくれながら日々を暮らしました。3ヵ月後、夏になると別荘で避暑を楽しむ習慣のある彼女の家族から招待を受け、僕も喜んで参加することにしました。


ここで別荘に集った人々を紹介しましょう。


樫間高之(僕)…森崎朋美の婚約者。ビデオ製作会社に勤めている。
森崎伸彦…朋美の父親。製薬会社の社長。
森崎厚子…朋美の母親。料理上手。
森崎利明…朋美の兄。伸彦の経営する会社の部長。
篠雪絵…朋美の従姉妹。父の篠一正の経営する学習塾を手伝っている。
木戸信夫…篠家の主治医。雪絵に想いをよせる。
下条玲子…伸彦の秘書。有能でメモ魔。
阿川桂子…朋美の友人。小説家。朋美の死に疑いを持っている。


別荘に到着し、くつろぐ一同でしたが、不意にチャイムが鳴らされます。手の空いていた僕が出ると、なんと警察官でした。話によると、不審な人物がこの別荘一帯にいる可能性があるので発見されたら連絡して欲しいとのこと。
不安に思いながらも、夕食の時間になり厚子の豪華な料理に舌鼓を打ち満喫していましていました。すると、桂子の口から「朋美の死に疑問がある」と発せられ、その場の空気が一瞬で凍りつくのでした。


桂子が不審に思っていることはこんなことのようです。


①朋美は運転には非常に気をつけていた。
朋美は以前は荒っぽい運転だったが、そのせいで交通事故(被害者は僕。この事故のおかげで朋美と出会えた)を起こし、片足を切断した。それ以来丁寧な運転を心がけている。もし眠くなったら路肩に止めて一休みするはず。
②誰かが睡眠薬を飲ませたのでは?
朋美は生理痛がひどくペンダント型のピルケースに2錠鎮痛剤を入れていた。よく似た睡眠薬を取り替えて入れたのではないか?


桂子の疑問は「睡眠薬を混入させるなんて無理だ」といつも通り2錠分入っていた。と一蹴されてしまいます。だからもし睡眠薬と取り替えていたとしても、朋美はそもそも薬自体飲んでいないと。
なんとなく気まずくなってその日は散会し、それぞれ部屋に戻り眠りにつきます。しかし、深夜台所に飲み物を取りに行った僕は、別荘に侵入した銀行強盗に捕まってしまいます。


2人組の銀行強盗(ジンとタグ)は屋敷にいる全員を起こし、仲間(フジ)が来るまでここに隠れさせてもらうと宣言し、拘束しますが、警官が見回りしているので、昼間はカーテンを開けて普通に過ごすことを強制させられます。おかしな行動をとれば誰かが殺されます。


人質になった8人はなんとか逃げ出そうと知恵を絞ります。警官が見回りに来たとき、SOSのサインを地面に書いておいたり、停電した瞬間に強盗たちに襲い掛かかろうとトイレにタイマーをしかけショートさせようしますが、ことごとく失敗。
奇妙なことにそれらの作戦をダメにしたのは、銀行強盗たちではなく別荘の人たちのようなのです。そんな中、部屋で寝ていた雪絵が背中にナイフを刺され殺されてしまいます。しかし状況から考えて、銀行強盗たちが殺したのではありえません。怖ろしいことに内部の人間の犯行のようなのです。また、現場には雪絵が残した日記があり、朋美が死んだ日のページが破り取られていました。


雪絵は何か朋美の死の秘密について何かつかんでいたのでしょうか?
そしてこの状況の中雪絵を殺害した犯人は一体誰なのでしょうか?



折原一の解説に「白状すると、私があのトリックを思いついたのは、ある外国テレビ映画作品を見た時だった」と書いてあります。実は私も高校時代の深夜(また!)にこの作品を読む前に観ています。
誕生日パーティで孤島に集まった大学生たち。しかし次から次へと仲間が殺されパニックになっていく。果たして悪夢の孤島から逃げ出すことはできるのか?といった内容だったと。犯人探しというより、見えない殺人鬼から逃げ回るホラー的に描かれていたと思います。アメリカ人らしい大オチがある映画でこちらも非常におもしろい作品です。
しかし、残念ながらタイトルがわかりません。もし知っている方は教えていただければ幸いです。



[加納ソルト]本・国内長編ミステリ | 12:47:27 | Trackback(0) | Comments(4)
強盗は計画的に♪/映画「はなればなれに」
B00005RV29はなればなれに
監督/ジャン・リュック・ゴダール 主演/アンナ・カリーナ
2001-12-22

by G-Tools

[あらすじ]
フランツは英語学校で同じクラスのオディールから「一緒に住んでいる叔母さんが大金(しかも脱税したお金)を持っている」と聞きつけます。その大金を奪おうと計画したフランツとアルチュールはオディールに協力を求めました。計画に不安を抱きながらもアルチュールに想いをよせるオディールは了承したのでした。計画の前日何処で聞きつけたのかアルチュールの叔父に計画がバレてしまい、奪った金を分けるよう迫られ約束させられてしまいます。2人を裏切ることに決めたアルチュールは計画を前倒ししフランツを呼び出して、オディールの家へと向かいました。しかし、大金が眠っている叔母の部屋には鍵がかかっており中に入れず、窓から侵入しようと梯子をかけますがこちらにも鍵が…。アルチュールは「バカ女!」と前もって確認しておかなかったオディールをなじります。結局、計画は明日へ持ち越しすることに。しかし、間抜けな強盗団は梯子を片付けておくのを忘れて帰ってしまったのでした。


マルタ: 小室哲哉が全盛期だったころ何かのインタビューで「C、F、Am、Gだけで僕は何百曲も作れる」と言っていたのを思い出した。さしずめゴダールなら「女、男、車」があればバシバシ魅力的な画を撮ってくれるんだろうね。
クレタ: 物語自体は単純だもんね。「強盗計画を練る男たちが女に協力を求めて実行しようとする。計画は失敗するのか?成功するのか?」
マルタ: そこに裏切り、恋愛などのスパイスをパラっとかければ「はい、出来上がり」とシンプルだからこそおもしろい。


3週間前…大金…英語教室…川べりの家…ロマンチックな娘…


クレタ: 編集がやたら荒いのが気になるところだけど、巨匠ゴダールだから許されちゃうのかしら?
マルタ: この時期は若手だと思うけど、不自然な編集点が何箇所かありましたね。僕としては小ネタが好きなテイストかな。ルーブル美術館を最速を目指して見学する挑戦なんかバカバカしくていい。けどね、夜までどうやって時間をつぶすか?の提案でこの暇の潰し方はない。9分43秒しかかかってないもんね。
クレタ: 全然潰れてない(笑)。私は握ると水が移動する器具があったけど、移動しかけたとき唐突に「動かないじゃん」とフランツが口を挟む。単純に気になってたんだけど、ラストで「そういうことね」と納得。
マルタ: 後はオディールが家から待ち合わせ場所まで近道を疾走するシーンも好きだな…。小ネタ集映画といったところかな。



[加納クレタ&マルタ]映画・海外 | 21:47:28 | Trackback(0) | Comments(0)
チョッキン、チョキチョキ
舞城王太郎「みんな元気。」を読んだんです。

枇杷チャン?
透明魔人が枇杷ちゃんのこれからの人生の可能性を全て見せるシーン。
選ばなかった人生は透明魔人のハサミでチョッキンチョキチョキ
旦那さんその子供の首をチョッキンチョキチョキ
血ブシューッ!

「おー怖っ」ですよね。


私たちは常に選択を迫られてますが、可能性は不可視なので、「これでいっか」と安易にに決めたりしてます。
何を選んで何を選ばないか…自分にとって正しくない選択をしてしまう場合もあるかと思いますが「甘く」考えず真摯な態度で決めることにします。


[加納ソルト]本・国内短編ミステリ | 12:51:22 | Trackback(0) | Comments(0)
どこへでも行こう/映画「ギルバート・グレイプ」
B000A16QGGギルバート・グレイプ
監督/ラッセ・ハルストレム 主演/ジョニー・デップ
2005-08-26

by G-Tools

[あらすじ]
身動きできないほど太ってしまった過食症の母、18歳で知的障害をもつ弟アーニーと、2人の姉妹。田舎町アイオワ州エンドーラで、亡き父の代わりに一家を支え、希望や夢を抱く暇さえない日々を過ごすギルバート。だが、自由で快活な旅人ベッキーとの出会いが、彼の心に少しずつ変化もたらした。(amazonより)


クレタ: この映画、高校のとき深夜にたまたまテレビをつけたらやってて、遅かったにもかかわらず最後まで観た記憶があります。相当気に入ったんだとおもうんだけど…。
マルタ: 「ショコラ」の監督だから、期待できますね。
クレタ: いや何が言いたいかっていうと、人の記憶がいかに当てにならないかということ。私の記憶だけかもしんないけどね。アーニーはひとりで風呂に入ることができないのね、いつもギルバートが介助してあげてるんだ。ベッキーとデートしてる時に、思い出して家に戻るんだけど、早くベッキーとのデートに戻りたいから、とにかく風呂に入れて後は自分で洗って、バスタオルで拭いて、服を着て寝ろ、と指示だけだしてベッキーの元に戻る。知的障害があるからいつもと違う手順だとどうしていいかわからなくなるんだろうね、朝帰ってきたら、風呂場のバスタブで震えているアーニーを発見して大慌てというエピソード。
マルタ: バスタブから出られなかったんだね。
クレタ: そこでアーニーが風邪をひいて死んだと思ってたんだけど、ピンピンしてた。
マルタ: 結末に触れてしまうけど、死んだのはデブのお母さん。母親に恥をかかせないために家を焼いて終わります。クレーンで亡骸を搬出されるなんて屈辱的だもんね。
クレタ: そうなんだよね…死んだのはお母さんだった。家を焼くのは覚えてた。それからアーニーの欠けた家族がどこかへ旅立って終わりと思ってたの。例の異様に傾いたまま走り去る車が遠ざかっていくラストシーン。でも、全然違った。なんでこんな記憶が改変されてるのかしら?
マルタ: 君の場合、流れで覚えるのが苦手だからなんじゃないかな?インパクトのあるシーンだけピックアップしてそれを自分勝手につなぎ合わせてるでしょ?人にあらすじを説明するのも苦手そうだし。
クレタ: その傾向大いにあるわ。今回見直して覚えていたのはさっきの2つのシーンとアーニーがガスタンクに登る場面とキャンピングカーのエンジンがなかなかかからないところと最後の家を燃やすシーン。それ以外はあまり印象に残ってなかった。
マルタ: そんな風に覚えてたんなら、ストーリーが全く変わっているよね?何度同じ映画を観ても楽しめるんじゃない?低コストな人だよ。
クレタ: バカにしてる?まぁいいや。本題に戻るけど、ギルバートは偉いよ。兄貴は何処で何やってんだ。一度くらい顔を見せろと怒りがわいて来ます。
マルタ: ギルバートの泣き言を言わない性格が仇になってる。もっと自分をさらけだしてたら、母親もあそこまで太らなかったよ。もしかしたら父親の自殺の原因がギルバートにあるのかもしれない。だから耐えてる。母親が死んで、家を燃やして解放されたのかもね。



[加納クレタ&マルタ]映画・海外 | 11:24:34 | Trackback(0) | Comments(3)
決めるのってツライ/舞城王太郎「みんな元気。」
みんな元気。 著/舞城王太郎

「みんな元気。」
4104580023[プロローグ的あらすじ]
宙をに浮くことができる姉・ゆりちゃんと妹・朝ちゃんと宙に浮けない弟・秀行を持つ枇杷ちゃんのお話。ある日杉山さん家が竜巻ごと家にやってきて朝ちゃんを拉致っていき、代わりに息子の昭を置いていきます。空を飛べる杉山さん家は家族を交換するのが当たり前らしく昭も置いていかれるのは納得しているみたい。納得いかないのは枇杷ちゃんの家。お父さんが朝ちゃんを取り返そうと竜巻の中の杉山さん家を目指します。ついでに枇杷ちゃんと宙に浮けるゆりちゃんも追いかけます。昭のお兄さん唯士(当然飛べる)を見つけた枇杷ちゃんは「朝ちゃん返せ!おまえん家まで連れてけ」と強引に迫ります。家族交換したんだからしょうがないだろと思いながら家(空に浮いてるからね)まで連れて行きます。途中で竜巻にうまく乗れた(しかも車で)お父さんお発見。車の中で朝ちゃんと杉山さんと何やら話しています。どうやら朝ちゃんは杉山さん家の子供になることを決意したらしく、「みんな元気、みんな大丈夫」と言います。必死で連れ戻そうとしていた枇杷ちゃんは「何それ」とバカらしくなって、朝ちゃんと別れ、家路につくのでした。



マルタ: あらすじ書いた時点でよくわかりません。
クレタ: よくわかんないけど、猛スピードで読めます。でも物語が枇杷ちゃんの連想ゲームみたいであっちへフラフラ、こっちへフラフラ…。年齢も小学生だったり、大学生だったり、中学生だったりと振り回されっぱなし。最後の方なんて子供がいたし。
マルタ: 唐突な場面転換のオンパレードとなかなか進まない会話部分。東京の空を飛びたいとねだる枇杷ちゃんと面倒だと断り続ける唯士の「連れてって」「いやだ」のラリーが約3ページも続いて笑えます。
クレタ: 枇杷ちゃんは読者をまこうと必死だし、それを尾行するのが大変だけどつけまわして損はナシ。
マルタ: くししししし(笑)。



[加納クレタ&マルタ]本・国内短編ミステリ | 00:00:26 | Trackback(0) | Comments(0)
悩める男/東川篤哉「密室の鍵貸します」
4334740200密室の鍵貸します
東川篤哉
光文社 2006-02-09

by G-Tools

[あらすじ]
烏賊川市大映画学科に通い就職活動が目前に迫った戸村流平クン。映画監督になるのが夢でしたが、現実を見つめ直し普通に就職をすることに決めました。どうせなら映像関係の仕事をしたいと考え、IKA映画社(しょうもないドキュメンタリーなどを制作している)で働く茂呂サンに相談します。彼は映画学科の先輩で卒業制作の際に戸村クンはかいがいしくお手伝いしていたので気に入られていたのか、快く相談に乗ってくれ、その会社の内定まで取り付けてくれました。就職先が決まり喜んでいましたが、彼女の紺野由紀に話すと「そんな普通に就職するようなちっぽけな男はキライ」とふられてしまいました。それから戸村クンは酒を飲んでは荒れて彼女に未練タラタラに過ごします。
ある日、落ち込んでいると噂を聞きつけた茂呂サンが「よかったら遊びに来て一緒に映画を観ないか?」誘ってくれました。彼のアパートはボロいのですが、部屋の中は完全防音を施したホームシアターがあって映画を観るには最上級の環境なのです。お礼もかねて前から観たかった「殺戮の館」という映画を携えていくのですが…その日は戸村クンにとって最悪の夜になってしまうのでした。


クレタ: 戸村クン、人生最悪の日でしたね。私があんな状況に追い込まれたらどうするだろう?戸村クンみたいな偽装工作は絶対しないけど。
マルタ: 茂呂サンのアパートから歩いて1分のところに彼女が住んでいて、その夜何者かにナイフで刺されてアパートから突き落とされて死ぬ。そして部屋ではシャワーを浴びにいった茂呂サンが浴室でナイフに刺されて死んでいる。しかも密室。状況は全て戸村クンが犯人だと示している巻き込まれ型ミステリですね。
クレタ: 知り合いがドンドン死んでいく。しかも濃い知り合いの元カノ→先輩と続けざま。軽いタッチで書かれているので戸村クンがノーテンキにアタフタしてるけど、ホラーっぽく描いてもおもしろそう。
マルタ: 「密室の鍵貸します」というくらいだから、当然ビリー・ワイルダー「アパートの鍵貸します」のもじりなわけだけど…、出世のことばかり考えているジャック・レモンが上司たちの情事のために自分のアパートを解放するが、ある日上司が自分の好きな娘を連れてくるという話。男にとって永遠のテーマ「出世か恋か」の名作。
クレタ: ♪あー僕は今世界一の悩める人さ~、ヒゲとボインか…。あっ、古くてごめん!
マルタ: いやいや、こっちの映画の方が古いから気にしないで。そう、僕が「戸村クン」でヒゲが「茂呂サン」そしてボインが「紺野由紀」なんだけど…この小説では…かなりこみいってます。



[加納クレタ&マルタ]本・国内長編ミステリ | 11:19:23 | Trackback(0) | Comments(2)
渋滞の先頭は?
ゴールデンウィーク後半戦。個人的に前半戦はなかったので後半戦から参加。
今日は久しぶりにお休みして、家でほとんど寝てました。

大渋滞ゴールデンウィークといえば、大渋滞。
今日の「ムーブ」「渋滞の先頭はどうなってるの?」という疑問が扱われていたのでご紹介しましょう。

この疑問は「渋滞の先頭にいるやつに、何をトロトロ走ってるんだと一言いってやりたい」となにやらお怒りの様子の70歳のおじいちゃん(!)から寄せられた疑問。


渋滞の原因はいろいろあるそうです。
有名なところでは車線が減少したり、合流地点などによく起こる「ボトルネック現象」と呼ばれる渋滞。狭い出口に一気に集中すると渋滞が起こるんですね。
またトンネルに入る手前の心理的圧迫ってなもんもあるそうです。暗いところに入るとき知らず知らずスピードを緩めて渋滞を招く。トンネル付近はもうひとつあって、ライトを点けますよね?その時に前の車がブレーキを踏んだと勘違いし、ブレーキを踏んじゃう。
後は下り坂の直後になだらかな上り坂になっている場所。これもスピードが落ちたことに気づかず走ってしまって後ろの車との車間距離が縮まって、渋滞になってしまいます。
皮肉だったのは「渋滞情報版」が設置されているところ。情報を見ようとスピードを落としてしまうそうな。優しさが仇になる悲しい結果ですね。

まだまだ自然渋滞の謎は未解明の部分が多く、発展途上の研究分野だそうです。しかし、この疑問の一番の謎は70歳の老人が渋滞の先頭がどうなっているのか?にギモンを持ったことでしょう。全く謎です。

ちなみに「渋滞の先頭だったら、渋滞のイライラを味わわなくてすむ」と、子供ころは甘く考えていたものです。


[加納ソルト]テレビ | 18:14:42 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ