■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
7月のおさらい

クレタ: はい、それでは2006年7月に観て聴いて読んで話題にした作品の形式的おさらいです。ミステリ6作品、映画7作品、ドラマ1作品がノミネートされてます。短編外しましたね?
マルタ: 個別に評価するのではなく、1冊読みきったら評価することにします。
クレタ: 毎月マイナーチェンジしますよね…。しかし、全く計画通り進んでないわね。結局6冊しか読めてない。
マルタ: うーん。ヒマを見つけては読んでいたつもりだったんだけど…。来月こそは頑張りたい。
クレタ: カテゴリもいじったことだし、どんどん作家の名を連ねていきましょう!
マルタ: 予定としてはお盆休みにエラリイ・クイーン国名シリーズを何作か読みたいと思ってるんだ。
クレタ: ついに巨匠の…。荷が重いわ。


星5個
該当作品ナシ


星4個
【ミステリ】「廃墟ホテル」 著者/デイヴィッド・マレル
【ミステリ】「探偵映画」 著者/我孫子武丸
【映画】  「テキサス・チェーンソー」 監督/マーカス・ニスペル


星3個
【ミステリ】「被害者は誰?」 著者/貫井徳郎
【ミステリ】「氷菓」 著者/米澤穂信
【ミステリ】「新・世界の七不思議」 著者/鯨統一郎
【ミステリ】「名探偵はもういない」 著者/霧舎巧
【映画】  「レッド・プラネット」 監督/アンソニー・ホフマン
【映画】  「フライト・オブ・フェニックス」 監督/ジョン・ムーア


星2個
【映画】  「ディープ・ブルー」 監督/レニー・ハーリン
【映画】  「デスノート 前編」 監督/金子修介
【映画】  「ミッション・トゥ・マーズ」 監督/ブライアン・デ・パルマ


星1個
【映画】  「インディペンデンス・デイ」 監督/ローランド・エメリッヒ
【ドラマ】 「ザ・コテージ」



スポンサーサイト
[加納クレタ&マルタ]作品別★獲得表 | 21:35:38 | Trackback(0) | Comments(2)
期間限定と言わないで
ハバブレイク。こんばんは、加納スイーツです。
というわけで、今日ご紹介するのは「キットカット 宇治金時ミルク仕立て」(ネスレ)です。

キットカット宇治金時ミルク仕立てキットカットに説明は不要でしょう。誰もが一度は口にしたことがあると思います。基本がしっかりしている商品は「期間限定」の名の下に味の冒険をよくしますよね。最初は「いちご味」などの万人受けしやすいものから始め、最終的には複雑怪奇な名前に変化を遂げます。この商品もその例に漏れず、ベタな抹茶味からの華麗なる飛躍と考えてもらえればいいのではないでしょうか?
期待せず食べたのですが、あまりにおいしくてビックリ!
全国的に販売されているのか不明ですが、キットカットを食べたくなったらコレを買いましょう!だが…

続きを読む >>
[加納スイーツ]チョコ系 | 21:10:39 | Trackback(0) | Comments(2)
たったひとつの過ち/霧舎巧「名探偵はもういない」
[お断り]この記事は適当に思いついたことを書いているので読みにくくなっております。
と書きつつ、今まで読みやすい記事があっただろうかと思い巡らすのだった…。(あったはずだ…)

4061824813名探偵はもういない
霧舎巧
講談社 2006-04-07

by G-Tools


[内容]
もうすぐ小学4年生の敬二少年は義兄の木岬研吾と共にドライブ旅行に出かけるが、雪崩に道路をふさがれ近くのペンションに泊まることに。その雪の山荘で起きる連続怪死事件の謎を「名探偵」が解き明かす、本格推理の決定版。真相への手がかりはすべて提示される「読者への挑戦状」付き。あなたは犯人に到達できる?(表紙裏)

「ある事情があって、ここに登場人物の名を列記することができません。読者のみなさんが、この作品を読みながら、表を完成させてください」
「あとがきは先に読んでもかまいませんが、「読者への挑戦状」は先に読まないで下さい」


注意事項が何かと多いこの小説。結末に何か意味があるんですよね?従いましょう…。

ペンションに泊まっていた人間を強請っていた琴沢里子?回文女。コイツのためか?まあ、違うでしょうけど…。
後動?そういえば、聞いたことがある名前だなぁ。あっ、「あかずの扉シリーズ」の後動ちゃう?珍しい名前だしたまたまってことはないだろう。えっと…何年の話だっけ?もしや未来のことだとしたら、タイトル的にも納得できる。

昭和53年3月、少年の夢は犯罪者になることだった。

事件が起こった日がいつなのかまだわからない。プロローグに書かれた木岬と敬二は別の人物ということもありえるな。心に留めておこうっと。敬二少年が成長して木岬研吾というペンネームを使って犯罪学者として活躍しているのかも知れないぞ。

うぉーっ!かの有名な名探偵登場だー。霧舎さん、勝手に使用していいんですか?登場した時の章のタイトルが「名探偵は名乗らない」だから、も・し・か・し・て、Kさんのあの作品オチ?いやいや、即断は禁物。

とまあ、こんなことを考えながら読んでいたわけです。
全体の感想としては派手さはないが、散りばめられた伏線を上手に回収できていると思います。(エラソウ!)

しかし、詰めが甘い。注意事項がこれだけ多いにも関わらず、何故あの部分にも入れておかなかったのか?
読者は本文を読む前に犯人が見抜けてしまう怖れがあります。

私なら「あとがきも読者の挑戦状も読んで構いませんが、○○○○○だけは決して読まないように…」と書いておきます。
じゃあ最初から入れるなよって話だけどね…(苦笑)。

[加納ソルト]本・国内長編ミステリ | 19:01:59 | Trackback(0) | Comments(0)
卒業旅行は孤島をご利用ください/ドラマ「ザ・コテージ」

クレタ: 大学生、孤島と来れば、絶対に起こることがあります。なぁーんだ?
マルタ: 殺人だろ。
クレタ: ファイナルアンサー?
マルタ: ファイナルアンサー。(今時…)
クレタ: というわけで、WOWOWのオリジナルドラマ「ザ・コテージ」です。


[あらすじ]
志保はサークルの仲間6人で、南の島へ卒業旅行に出かけた。6人は海でアクティビティーを楽しむなど、学生生活最後の休日を満喫していたが、この島に伝えられる怨霊の伝説を知る。その伝説は、恨みをもって亡くなった死者の魂が甦り、人に恨みをかっている人間を殺すというものだった。そして、その日の夜、ホテルの支配人が死に、続いてメンバーのひとり・甲斐が行方不明となり翌日死体となって発見された。事故なのか? 殺人なのか? または怨霊の仕業か? 残る5人も次々と恐怖に襲われていく。実は、それぞれが狙われるだけの秘密を胸に隠し持っていたのだった…。(ザ・コテージ公式HPより)


クレタ: 設定は大好物なのに、なんだかねぇ、あまりパッとしない。原因は役者の演技にある気もするけど…。とにかく恐怖感があまり伝わってきません。
マルタ: 怨霊というのは何?
クレタ: ちょうど1年前にサークル仲間の瑛子が遠野にフラれたせいで、自殺してるの。
マルタ: フラれたくらいで?
クレタ: もっと事情は込み入ってるんだけどね。その瑛子の怨霊が命日の日に甦って憎んでいたサークル仲間を殺していっているんじゃないかと疑ってるわけ。
マルタ: ホラー的要素を匂わせつつ、実は生身の人間がやってましたパターンだね。でも、そうこなくっちゃ。
クレタ: 犯人はすぐわかったわ。だって誰も死んでいることを調べないんですもの。杜撰な一行よね。
マルタ: バールストンギャンビットだ。
クレタ: チャールストンがポテンヒット?
マルタ: 無理やりにもほどがあるよ(笑)。バールストンギャンビット!知らない?真犯人が既に死んでしまったことにしておいて、容疑者圏外に身を置く手法のことなんだ。普通は首なし死体でよく使われてます。
クレタ: やたらと気になるあの身長差にも意味があったのか…ふむふむ。
マルタ: 何のこと?
クレタ: いや、こっちの話。



[加納クレタ&マルタ]ドラマ | 02:30:57 | Trackback(0) | Comments(3)
カシスシャーベットをください/鯨統一郎「新・世界の七不思議」

クレタ: たまたま今日放送してた「世界一受けたい授業」で、グーグルアースを使って世界旅行をしてましたね。場所を指定するだけでグ~ンと接近していってました。スゴイ技術ですね。
マルタ: ホント、かなりのところまで鮮明に映し出されていたので驚きでした。そういえば、今日ご紹介する鯨統一郎「新・世界の七不思議」でも取り上げられていた上空からのストーンヘンジも見せてもらえました。
クレタ: 先生によると、ストーンヘンジは日時計じゃないか?という説を披露してましたけど…。
マルタ: 場末のバーの客、宮田さんはどんな説を打ち出してくれるのか!?


4488422020新・世界の七不思議
鯨統一郎
東京創元社 2005-02-24

by G-Tools

クレタ: ピラミッド、モアイ像、ナスカの地上絵など誰でも一度は耳にしたことはあるだろう世界の謎に挑むこの短編集。「確かにそうかも知れん!」とうならせてしまう説得力に、ハマったわ。
マルタ: 僕も知らなかった歴史トリビアがいろいろ出てておもしろかったよ。「ナスカの地上絵は小石をどけただけで描かれてる」にはへぇー連発でした。
クレタ: 私のお気に入りは「始皇帝の不思議」です。始皇帝って目がつり上がってて見るからに悪そうでしょ?そのイメージがあるもんだから、これを読んだ後は180度見方が変わっちゃった。
マルタ: しかも後半の義経的展開には口アングリですよね。まあよく思いつくもんだ。僕はあまり歴史ミステリに興味がなかったけど、会話だけで空想が広がっていくのはグッドです。
クレタ: 姉妹作の「邪馬台国はどこですか?」も評価が高いらしいわね。未読なんだけど…。
マルタ: こちらも読んでみたいですね。
クレタ: 注文をつけるとすれば、静香の存在。ずーっと口が悪いから、だんだん腹が立ってくるのよ。「聞いたことあるレベルで~」はもうウンザリ。
マルタ: 確かにウルサイ存在だったね。



[加納クレタ&マルタ]本・国内短編ミステリ | 21:54:55 | Trackback(0) | Comments(0)
装置の時代
星新一「あすは休日」(「盗賊会社」講談社文庫収録)

オチ?[あらすじ](内容と画像は無関係です)
2027年。科学技術が発展し、身の回りのことはほとんど装置がやってくれるようになった。エヌ氏の家にも朝起きてから出社するまでの準備は機械まかせ。そして、ベルト道路にのり会社へ向かう。会社へ着くと課長からどっさり書類を渡された。処理するのは大変だが、仕事だからしょうがない。部長に注意されたり、重役に呼び出されたり、さんざんな1日もようやく終わり退社し、ベッドに横たわった…。


[ひとくちメモ]
明日が休みだと思うと、やる気も出ます。しかし…。楽しいことばかりではツマラナイ!

[加納ソルト]本・国内短編ミステリ | 16:18:48 | Trackback(0) | Comments(1)
95ふるふる
プリン体という単語に過敏に反応。こんばんは、加納スイーツです。
というわけで、今日ご紹介するのは「ロイヤルカスタード」(Kobe Chef Club)です。

ロイヤルカスタード右横の画像をご覧になってもわかるように高級感を漂わせるこの商品。値段もソコソコします。
特徴はカラメルがあらかじめインサートされてないバージョンだということ。「お好みでおかけ下さい」的要素を押し出しています。そのポリシーはおしゃれな洋食レストランで出るようなカレーを思わせます。つまり、ルーとライスが別々なんです。もとい、プリンとカラメルが別々なんです。
食べ方マニュアルは、まず、かけずにそのままの味を楽しみ、十分に味わったところでカラメルを入れる手順となっています。と、サイトで一通り確認した。だが…

続きを読む >>
[加納スイーツ]プリン系 | 22:17:34 | Trackback(0) | Comments(3)
くすぐり研究(BlogPet)
いつも、加納ソルトは
フライト・すべら・フェニックス監督/ジョン・ムーア主演/デニス・クエイド2005-12-16byG-Tools
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「加納シュガー」が書きました。


[加納シュガー]ソロ | 15:32:23 | Trackback(0) | Comments(1)
すべらへんなー
芸人さんなら誰でもひとつやふたつ話せばウケるエピソードを持っているもの。それを立て続けに聞けるという夢のような番組「人志松本のすべらない話」がDVD化されているという情報をうなぎさんから得たので、録画しておいた第1回と第2回を見直してみることに。ちなみに関西では第3回までしかオンエアされてません(泣)。

B000FOT8G8人志松本のすべらない話
出演/松本人志、千原Jr、ほっしゃん。他
2006-06-28

by G-Tools


「誰が聴いても、何度聴いてもおもしろい」がコンセプトの番組で、芸人さんがビリヤード台的なものを囲んで座り、サイコロを振って出た目の人が話すといういたってシンプルなルール。しかも同じ話を何度してもよいという禁断のルールも採用されています。すべらない話を披露する面々は以下の通り。

松本人志…誰もが知る「すべらない話」のマエストロ。
千原Jr.…チハラトークを観てもわかるように、おもしろエピソードのオンパレード。
河本(次長課長)…オカン、お姉ネタを出せば確実。「タロ吉」は名作。
ほっしゃん。…単純なエピソードから思いもかけない結末へと華麗な飛躍。
宮川大輔…身振り手振りを交えて繰り出されるオトンの話は美味。
佐田(バッドボーイズ)…元暴走族総長の肩書を持ち、破天荒な学生時代話は絶倒。
黒田(メッセンジャー)…強烈な貧乏少年時代を過ごし、その経験に裏打ちわれた話は絶品。

私がもっとも好きなエピソードはほっしゃん。の「軟式テニス部」

中学1年生の時に、双子の3年の先輩がいた。ちょうど入部したころに赴任してきた先生がむちゃくちゃ厳しい先生で、日頃から練習態度が気に食わないと腹を立てていたらしい。そして夏休みの練習中についに先生はブチ切れて「おい、何しとんじゃー!おまえら並べっ!」と部員たちを集め説教を始め、端から一人一発ずつビンタしていった。たまたま双子の先輩が横に並んで立っていたので、ずーっと端から叩いていた先生は同じ顔が続いたため、訳がわからなくなったのか、次の人から一人2発ずつになった。

という、ごっつ損やん話。文字で書くとイマイチ雰囲気がつかめずおもしろくないかもしれませんが、やはり、しゃべりを生業としている芸人さんの手にかかると最高に笑えます。特にほっしゃん。はオススメです。

考えられたネタも確かにおもしろいですが、「ホンマかー?ウソちゃうん!」と思わず言いたくなるような実話の数々。予想だにしないオチが飛び出すので、おもしろすぎます。是非観ましょう!

[加納ソルト]テレビ | 21:46:26 | Trackback(0) | Comments(7)
マメのチチ
将来の夢はパティシエになることです。こんばんは、加納スイーツです。
というわけで、今日ご紹介するのは「豆乳のブラマンジェ」(トーラク)です。

豆乳のブラマンジェブラマンジェって何?知らないんですけど…。早速調べてみると、フランス語で「白いお菓子」という意味だそうです。まあその名前に偽りなし!当然全て白い部分で構成されています。
素材がやわらかく、スプーンを入れると淡雪に手をつっこんだような感覚で、スルリと入っていき、なめらかさをアピールしています。だが…


続きを読む >>
[加納スイーツ]プリン系 | 21:41:19 | Trackback(0) | Comments(2)
くすぐり研究
「解体新SHOW」(NHK)を観ました。タイトルはいただけませんが、おもしろいテーマがあったので紹介しましょう。

人にくすぐられたらくすぐったいのに、自分でくすぐってもくすぐったくないのは何故?

確かに自分で脇腹、足の裏などのコチョコチョウィークポントをいくら刺激しても全然平気!なのに他人にやられると、もう耐えられません。
その昔、オックスフォード大学でも研究がなされ、あの科学雑誌「ネイチャー」にも論文が発表されるほど、くすぐり研究は人類にとって重要なこと(?)のようです。

自分でくすぐっても平気なのは、小脳が「この刺激はくすぐったくないのよ」と私たちを騙す指令を送っているそうです。では、何故小脳はわざわざそんな指令を出すのか?

これは目からウロコですよー。実は騙してくれないと不都合があるからなんです!

もし指令が出されなければ、こんな風に…
あなたは今、お風呂場で体を洗おうとしています。タオルに石鹸をつけてゴシゴシ洗おうとした瞬間…
「ヤメテ!くすぐったい!」となるわけです。

体を清潔に保つためにある重要な機能なんです。(違うか?)

[加納ソルト]テレビ | 00:08:52 | Trackback(0) | Comments(1)
クリームの誘惑
勉強なんかしなくても、100点取れるよ。あまーい!こんばんは、加納スイーツです。
というわけで、今日ご紹介するのは「たっぷりホイップクリームプリン」(森永乳業)です。

たっぷりホイップクリームプリン実はホイップクリームに目がないんです。
クリームが乗ってれば、それだけでゴーサインを安易に出してしまいそうですが、一応スイーツ批評のコーナーなので、真剣に取り組みたいと思います。
とりあえず見た目は言うことナシ。白と黄と黒の絶妙のコントラストが否が応でも期待させます。
(1)ホイップクリームとプリンを絡めてパクリ。
(2)プリンだけをパクリ。
(3)カラメルと絡めてパクリ。
と3パターンの楽しみ方ができそう。だが…

続きを読む >>
[加納スイーツ]プリン系 | 23:17:52 | Trackback(0) | Comments(2)
負け組の抵抗/映画「フライト・オブ・フェニックス」
灼熱の砂漠に不時着するなんて、運が悪いにもほどがある。そもそも石油採掘場が閉鎖され失業したてのホヤホヤの人間が乗った飛行機が落っこちてるわけです。泣きっ面に蜂とはまさにこのこと。
やはり砂漠に落っこちた最大の元凶はタウンズ機長の「いってまえ」精神。これが彼の判断ミス1回目。
私も結構タウンズ機長と似通っているとこがあって、ゲームをしている時、敵に弾丸を撃ち込まれながらも銃で狙い続けてしまうクセがある。本当はもう一度体制を立て直して、改めて狙いを定めるのがセオリーなのだが「逃げなくても行ける!」と思って、結局死んでしまうことが多い。だからわかるんですよね、タウンズ機長のこと。
一度出発したら戻るのはメンドクサイ。というわけで、あらすじをどうぞ。

B000BV7RRCフライト・オブ・フェニックス
監督/ジョン・ムーア 主演/デニス・クエイド
2005-12-16

by G-Tools


[あらすじ]
7月のある日、モンゴルでの石油探掘作業を終えたスタッフと廃材を乗せた貨物運搬機が巨大な砂嵐に遭遇、無線と片方のエンジンを破損しゴビ砂漠のど真ん中に不時着してしまう。この事故から生き残ったのは操縦士フランクら10人。容赦ない陽差しが照りつける中、やがて彼らは、捜索隊による救出が望み薄であることを悟る。食料も水もほとんどなく、窮地に立たされていく生存者たち。そんな時、生存者の一人エリオットが不時着した貨物機を調べ、みんなの協力があれば機体の残骸から新しい飛行機を造ることができると提案するのだった。

■■砂漠の真ん中で遭難した場合どうするか?選択肢は2つ。■■
○救助が来るまでひたすら待つ(タウンズ機長案) 
○救助など待たず、自力で何とかする(他のメンバー案)


現実的には「救助待ち」が正しい選択のような気がしますが、映画でひたすら救助待ちされたらたまったもんじゃありません。エリオットの発言によって明らかになりますが、タウンズ機長はこの1件を含め判断ミスを2回します。結構他のメンバーは彼に振り回されるんですよね。(正しい判断をしたのは最後の1回だけのような…)
当然のことながら、自力で何とかしようとメンバーは動き出します。そして、飛行機の設計士だというエリオットの言葉を信じ、壊れていない部品をかき集め、飛行機を作ろうと努力します。しかし、エリオットには隠された秘密があったのです!この秘密が明らかになった時、みんなは絶望することになります。余談ですが、エリオット役のジョバンニ・リビシは堂本剛くんに似ているような…。

この映画の良い所はあまり水と食料問題が表面化しなかったことにあるのではないでしょうか。極限状況でどのように振舞えるか?私にはどの登場人物も魅力的に見えました。一度地に落ちた(!)人間の精神力と絆に感動せざるをえません。

最後に名言を。「結果はわからないけど、私たちはやり遂げたわ」

[加納ソルト]映画・海外 | 23:07:45 | Trackback(0) | Comments(2)
絶対故障だ!ていうかありえない/「ミッション・トゥ・マーズ」「レッド・プラネット」
「24時間あなたの映画館となる映画専門チャンネル」というキャッチコピーで有名なスカパーの放送局のひとつ「ザ・シネマ」で「火星映画大襲来」という特集が組まれています。ラインナップの中から観たことがなかった(といっても観たことがあるのは「マーズ・アタック」くらいか?でも内容はスッポリ記憶から抜けているので、観てないのに等しいのですが…)「ミッション・トゥ・マーズ」「レッド・プラネット」を続けざまに観ました。
B0009Y29FGミッション・トゥ・マーズ
監督/ブライアン・デ・パルマ 主演/ゲイリー・シニーズ、ティム・ロビンス
2006-01-25

by G-Tools

B000BTCMI8レッド・プラネット
監督/アントニー・ホフマン 主演/ヴァル・キルマー、キャリー=アン・モス
2005-11-18

by G-Tools

まあ2作品を観たわけだから共通点を挙げてみましょう。
皆さんもおわかりの通り一つ目は「火星」ですね。とにかく火星を目指します。
太陽系の惑星の並び順の覚え方を知ってます?水・金・地・火・木~ってやつです。このようにお隣さんの星なんです。「ミッション~」は探査目的。「レッド~」は将来的に移住を視野に入れた探査目的。レッドの方が一歩進んでますね。とまあ、気軽に遊びにいける火星ではいまだない科学技術力の世界を描いているわけです。ファミコン程度のCPUで月に行ける(トリビアでやってた!)くらいですから、今の科学なら余裕でいけちゃうんじゃねぇの?と個人的には思うのですが…。
私が火星について知っている2、3の事柄をご紹介しましょう。まず、生命体がタコ型。マンガなどで描かれる火星人はたいがい口びるのブ厚いタコがモチーフになってます。おそらく星の色が赤かったのでこんなイメージがついてしまったんでしょうね。いきなりで恐縮ですが、2、3の事柄といいつつもう知っていることはありません。とにかく映画でよく火星が舞台になる理由は生命体の存在がいるのかも?と期待させる何かがあるんでしょうね。地球と大体同じくらいの大きさ(?)で距離も近い(?)いずれもアヤフヤですが地球によく似た星だと思います。
次の共通点は「着陸に失敗する」でしょう。宇宙モノでは必ず失敗します。
大打撃!を受け、命カラガラ目的に着くというのがセオリーです。その際に誰かが死んでしまうのもおまけとして入れておきましょう。焦っている雰囲気を出して機械を操作していますが、スイッチ的なものをオン・オフにしているだけに見えてしょうがないのですが、実際にもあんな感じなのでしょうか?あのレベルまで行くと家電のような単純さが逆に求めらるのかなと考えられます。確かに焦っている時にこみいった作業は覚束なくなりますものね。
続いては「謎の生命体がいる」。何か未知の生物がいなくては盛り上がりません。
「ミッション~」の結末を知っている方は驚かれたのではないでしょうか?砂嵐の中にあらわれたノッペリとした顔面形状の建物の中に入ると、キラキラした茶色い透明感のある生命体が登場します。しかも彼?彼女?私は彼女だと思いますが、火星の歴史を博物館のスタッフの要領で説明してくれます。彼女によると我々地球人は火星人の祖先だと言うのです。にわかには信じられませんが、彼女が涙をひとしずくこぼしたことで納得させられました。人間型の宇宙人以外で泣いたのは初めてで、おそらく最後になると思います。一方「レッド~」は虫が出てきましたが、特に思うところはありません。

そういえば到着した時に何故火星の酸素濃度を調べなかったのか?気になりました。「ミッション~」では着陸後、すぐに服に取り付けられた機械でチェックを行うシーンが挿入されていますが、「レッド~」の方にはない。ヴァル・キルマーは酸素がなくなって苦しみだし、ヘルメットを外したところで「I Can Breeze!」と気づきます。遅い!火星の酸素濃度が減っているという先入観を植え付けられて出発したからでしょう。時にデータ至上主義では命とりになると教えられます。

総評としては私の好きな「脱出」がテーマに置かれているので、「レッド・プラネット」に軍配をあげたいと思います。火星キャンプがボロボロになっているのを発見した後、絶望した部隊の崖の上での殺人にもっとフューチャーしていただければミステリチックな仕上がりになったのではないでしょうか。生き残った3人のうち誰が殺したのかは伏せられており、救助に来たキャプテンが犯人を指摘するといった感じ。
でも、これでは全く違う映画になってしまいますね。

[加納ソルト]映画・海外 | 17:26:13 | Trackback(0) | Comments(2)
夏しか会えない…
先週から続く大雨のせいで肌寒い日が続いておりますが、学校も夏休みに入り、いよいよ夏本番!
というわけで、夏を感じさせるランクヘッド「夏の匂い」をご紹介。

浴衣姿の女の子がシャボン玉を吹き、シャボン玉が割れるとそこに好きだった男の子がパッと現れニンマリ。

カルビー夏ポテトのCMで耳にしたこともあるのではないでしょうか?
私自身も何度かCMを拝見し、バックに流れる切ないメロディに「コレはいいですよ」と呟いていました。ちなみに、この曲ずっとアンダーグラフが歌っていると思ってたけど…実際にはランクヘッドなんですね。

B000FZDPNE夏の匂い
ランクヘッド
2006-07-19

by G-Tools


夏休みで帰郷する男の子が、電車の中で好きだった女の子のことを思い浮かべ心が躍る歌。
プロモではこの曲の回想っぽく、告白から男の子が旅立つまでの情景を描いています。

どちらかというと、夏の終わりに聴きたい曲です。

[メモ]
歌詞の一節「カナカナがないてた…いつもと同じ夏の匂いがした」
女の子愛称かと思いきや、どうやらヒグラシの鳴き声だそうで…


[加納ソルト]音楽 | 10:13:34 | Trackback(0) | Comments(0)
しっとり革命
クッキーとビスケットに違いはない!おはようございます、加納スイーツです。
というわけで、今日ご紹介するのは「カレーム しっとりクッキー ジャージー牛乳」(カバヤ食品)です。

しっとりクッキーカレーム?あの有名な菓子職人アントナン・カレームのことかしら?それとも技法的なこと?よくわかりませんが、朝ごはん代わりに食べました。
せんべいのパリッと感に反旗を翻し、一定の支持者を集める「ぬれせんべい」。一方こちらは、クッキーのサクッと感に革命をもたらそうとしているのか…。いや「カントリーマアム」という革命家がいたことを私たちは忘れてはいけません。
やはり食べる人を選ぶ商品でしっとり感を楽しめる人か「湿気てるだけじゃねぇか」と毛嫌いするコンサバな人とで評価は真っ二つに分かれると思います。でも、そんなことより…

続きを読む >>
[加納スイーツ]その他 | 09:46:49 | Trackback(0) | Comments(2)
ただよえ!清涼感
ゼリーの語源はラテン語のゲラーレ(固まるの意)から来ているらしい。こんばんは、加納スイーツです。
今日ご紹介するのは「グレープフルーツが食べたい!」(森永乳業)です。

グレープフルーツが食べたい!「果物が食べたい!」シリーズより発売されているこの商品。といっても2種類のみなんです。しかも、残りのひとつは単体勝負ではなく「トロビカルフルーツが食べたい!」といきなりの合わせ技を繰り出してます。
イメージ図では本物のグレープフルーツにスプーンをつっこんでいる画像が使用され、コンセプトを強調しています。夏には清涼感ただようゼリーがい食べたい!やっぱりお口の中をサッパリ感で満たしたいわけです。
フタを開けてみると確かにつぶつぶの果肉がギッシリつまっているので、どこをすくってもグレープフルーツが入ってくるのです。だが…


続きを読む >>
[加納スイーツ]プリン系 | 20:45:41 | Trackback(0) | Comments(3)
ブォーン!グシャッ/映画「テキサス・チェーンソー」

クレタ: 私が去年の暮れに経験した悪夢…を思い出す。
マルタ: 何かあったの?
クレタ: そうなの、チェーンソー男と出会い、戦ったわ。
マルタ: …。
クレタ: 男はチェーンソーを振り回し私へ向かってきたの。ビックリして、足がすくんで身動きできなかったわ。でもね、ショットガンを持っていたから、すばやく構え夢中で弾を撃ち込んだ。しかし、コイツは何発ブチこんでも死んでくれないの。装填数が少なかったので弾が切れ…、エッ?と我に返った瞬間、ブォーンという機械音とともに斬りつけられ…。
マルタ: 「バイオハザード4」の話でしょ!というわけで、殺人鬼レザーフェイスがチェーンソーを振り回し暴れまくる「テキサス・チェーンソー」です。


B0002IE2GSテキサス・チェーンソー
監督/マーカス・ニスペル
2004-10-06

by G-Tools

[あらすじ]
1973年8月18日テキサス。気の合う仲間5人とドライブに出かけたエリンは放心状態の少女を道端で拾う。「みんな死んでしまった…」謎の言葉を残し、少女は突然錯乱し自らの頭を打ち抜いてしまう。血まみれになるワゴン車。夏休みの想い出のはずが、一瞬にして恐怖のドン底へ。荒れ果てたハイウェイの廃墟で何が起こったのか?想像を絶する惨劇の真実、そして殺戮の真の犯人は…。


クレタ: レザーフェイスを取り巻く登場人物がいちいち気持ち悪く、館のジメジメ感に吐き気をもよおしてきそうだった。
マルタ: 特に保安官がダメだったな…。皮膚に障害があり、醜い顔面のレザーフェイス。少年時代にバカにされたことから同年代の人間に敵意を向けていることがうっすらと動機として示されますが…。欲しいのは顔なんですよね。顔の皮をはがしミシンで縫ってましたから。
クレタ: なるほど、だからレザーフェイスなのね。
マルタ: ホラー映画における登場人物の運命って皮肉なものだね。車の中で自殺した少女を保安官に渡しに行く。けど、保安官は留守。この時死体を置いていこうと提案するのが男性3名。2人の女性は「それはできない」と拒むんだ。
クレタ; 人間としてダメなことだけど、置いていかなきゃ。
マルタ: そうなんだよね。でも、できないと言った女が最終的に生き残る。
クレタ: 押し切られた形の男性陣に同情するわ。
マルタ: とにかく痛い映画(いろんな意味で)。金髪の男が個人的には一番痛い思いをしていたと思います。彼がこの映画の痛みを一身に受けていたと言っても過言じゃないね。


[メモ]
ホラー映画では助けを求めてはいけません。
ホラー映画では逃亡中、近くの建物に入ってはいけません。
遠くへ逃げること!速やかに現場から離れることが生き延びるための手っ取り早い手段です。



[加納クレタ&マルタ]映画・海外 | 23:10:27 | Trackback(0) | Comments(3)
甘味と酸味と食感のワルツ
毎日甘いモノを食べてるとさすがに…。こんばんは、加納スイーツです。
今日ご紹介するのは「フルーツセラピー マンゴー」(フジッコ)です。

フルーツセラピー マンゴー人気(?)の「フルーツセラピー」シリーズに新たな仲間が加わりました。マンゴーです。
マンゴーそのものを食べたことがないので、マンゴーの味はマンゴー味しか知らない私。でも、「マンゴー」と商品名にうたわれていると思わず手が伸びてしまうんですよねぇ。
マンゴー味が幅を利かせていますが、パインの酸味がタイミングよく現れるので甘ったるくなるのを上手に回避しています。そして時折、ナタデココが心地よい違和感として口の中に広がり食べている者を飽きさせません。だが…


続きを読む >>
[加納スイーツ]プリン系 | 21:10:53 | Trackback(0) | Comments(4)
怒涛の攻撃(BlogPet)
いつも、加納ソルトは

探偵映画我孫子武丸講談社1994-07byG-Tools
[あらすじ]映画界の奇才・大柳登志蔵が映画の撮影中に謎のyorimoをとげた。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「加納シュガー」が書きました。


[加納シュガー]ソロ | 15:37:51 | Trackback(0) | Comments(0)
yorimo
「甘いものだけでお腹いっぱいになりたいの」と竜ヶ崎桃子は言いました。こんばんは、加納スイーツです。
今日ご紹介するのは「とろふわ抹茶プリン」(森永乳業)です。

とろふわ抹茶プリンこの商品はなんと緑の部分で100%構成されています。つまりカラメルなしで勝負を挑んでいます。
どんなものにでもソツなく併せてくるスイーツ界のマヨネーズこと、抹茶がプリンと交わることでどの様なパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか!?しかも「TVチャンピオン」菓子作り名人になった方が開発に携わったらしく期待がもてる一品です。
食べてみると、抹茶の味が濃く、まろやかな口どけ。まさに「とろふわ」の名に相応しい。だが…


続きを読む >>
[加納スイーツ]プリン系 | 22:00:23 | Trackback(0) | Comments(2)
怒涛の攻撃
星新一「あわれな星」(「盗賊会社」講談社文庫収録)

アタフタ…[あらすじ](内容と画像は無関係です)
不気味な円盤状の物体が地球上に静止する。そして円盤から地球を植民地にするとメッセージが発せられる。もし従わない場合は武力行使も辞さないと。挨拶代わりにミサイルが発射され、小さな島に命中。アッという間に消滅してしまった。半年後に返事をもらうと言い残し円盤は去っていった。呆然とする地球人はわらにもすがる思いで他の星に向けて助けを求めた。すると、シラ星が我々の力を貸そうと言ってきた…。


[ひとくちメモ]
宇宙規模でやられると…。

[加納ソルト]本・国内短編ミステリ | 21:54:26 | Trackback(0) | Comments(0)
クリーム富豪
スイーツの、横にはいつも、コーヒーを。加納スイーツです。
今日ご紹介するのは「クリーム&コーヒーゼリー」(メグミルク)です。

クリーム&コーヒーゼリーコーヒーゼリーといえばその昔、付属でついてくるミルク(関西ではフレッシュ)をかけていただくパターンが一般的でした。しかし、この商品はクリームがあらかじめインサートされています。
しかもこのクリームの量が十分過ぎるほどあり、ヒッタヒタにコーヒーゼリーとまぶして食べることができます。なんならクリームがあまるくらい。なのだが…

クリームの味しかしねえ!それが不満だー。

もっとゼリー部分の苦味をアピールしてくれれば完璧だったのにと悔やまれてなりません。

というわけで、星2つです。

[加納スイーツ]プリン系 | 20:03:23 | Trackback(0) | Comments(2)
結末は誰にも話さないでください/我孫子武丸「探偵映画」

クレタ: 1つの事件に対して登場人物が好き勝手推理していくパターンの作品だよ。
マルタ: 僕が思いつくのは西澤保彦「タックシリーズ」かな?観察者が変わるだけで、こうも解釈が変わるもんかいな?と思った。注目する部分が人によって違うんだね。
クレタ: 「毒入りチョコレート事件」「探偵映画」がね、クイック解決のために「愚者のエンドロール」のあとがきを見て、たまたま目に留まったの。
マルタ: 偉大な先例ですか。読む前に読んでおこうと…。
クレタ: そうなんです。というわけで、我孫子武丸「探偵映画」です。


406185707X探偵映画
我孫子武丸
講談社 1994-07

by G-Tools

[あらすじ]
映画界の奇才・大柳登志蔵が映画の撮影中に謎の失踪をとげた。すでにラッシュも完成し、予告編も流れている。しかし、結末がどうなるのか監督自身しか知らないのだ。残されたスタッフは、撮影済みのシーンからスクリーン上の犯人を推理していく…。(表紙裏)


マルタ: 結末がわからないまま監督が失踪し、アタフタするスタッフ、出演者一同。みんなは結末を自分なりに考え、独自の推理を披露していく。
クレタ: パッとしない役者さんばかりだったので、自分が犯人になるように推理するのよ、なんとか目立とうとして。
マルタ: 犯人は探偵の次においしい役だから。映像作品の「犯人当て」の場合、有名な役者さんが犯人の場合が多い。そりゃそうだよね。だって犯行を告白したりとラストシーンは犯人役にかかっているわけだから。
クレタ: 私なんか新聞のラテ欄で犯人がわかるわ。だいたい3番目に名前がある人なのよ。
マルタ: というクレタさんの思い込みを利用した作品に「安楽椅子探偵 ON AIR」がある。
クレタ: あっ!苦い思い出を蒸し返すわね。そういう、あなたも間違えたじゃない!
マルタ: フッ、もう過去のことさ。オチはいいとして、推理過程でどうしても頓挫してしまう映画ならでの制約がおもしろかったな。自殺した鷺沼潤子が実は自殺したフリをしているというのは?でも、潤子役はスタッフの母親が演じているんだよね。演じなくてもいいから引き受けてもらった。なので却下。じゃあ風呂場の窓からの脱出はどうだろう?でも、美術さんが製作してすでに風呂場のシーンは撮り終えていて、到底、人が通り抜ける幅はない。なので、却下。とまあ、こんな具合に可能性が除去されていきます。
クレタ: 小説の結末なら無限の可能性が考えられる。けど、それが映像作品になるとそうはいかない。実際に演じる人がいるし、セットも組み上げてしまっているわけだもんね。
マルタ: 最後にこの作品には様々な映画の手法が紹介されます。詳しい人ならあっさり監督が用意した結末に辿り着けると思います。



[加納クレタ&マルタ]本・国内長編ミステリ | 18:04:28 | Trackback(0) | Comments(0)
エヌ氏の悪口
星新一「殺され屋」(「盗賊会社」講談社文庫収録)

死んだのは?[あらすじ](内容と画像は無関係です)
「やい、このマヌケやろう!」オレはみんながいる前でエヌ氏の悪口を言った。悪口は次から次へと出てくるもんだ。エヌ氏は顔を赤くしながら「殺してやる」と叫んでどこかへ行ってしまった。しかし、オレは殺れるもの殺ってみろと一歩も引かない。周りにいた人は心配し、身をしばらく隠した方がいいと忠告してくれたのだが、オレの平然さに腹を立て心配するのを止めてしまった。2、3日後、ついに怒りの収まらないエヌ氏はオレの自宅へ乗り込んできた。しかしオレはその日ケイ氏に留守番を頼んで外出中だった…。

[ひとくちメモ]
被害者は誰?

[加納ソルト]本・国内短編ミステリ | 19:26:18 | Trackback(0) | Comments(0)
平穏な毎日に飽き飽きした人へ
星新一「盗賊会社」(「盗賊会社」講談社文庫収録)

その不満 登場された 本当は[あらすじ](内容と画像は無関係です)
私は盗賊会社の社員。その名の通り泥棒そのものが仕事だ。平凡な日常に嫌気がさしている人なら憧れられるかもしれない…。しかし泥棒と言っても身なりはキチンとしているし、生活も規則的。とにかく善良な市民に見えることが重要なのだ。社員は多く、綿密に立てられた計画に基づいて実行される。しかし、銀行や宝石商を襲うという派手なことを社長は嫌がり、いつもお金持ちの財布をくすねるといった地味な犯罪に落ち着く。社員それぞれ役割を決め、30人くらいで目的の人物に近づいていくのだ。まさかスリに30人も関わっているとは誰も思わない。なので成功率は100%。そして、月末に給料が支払われるといった具合だ。でも…。

[ひとくちメモ]
華やかにみえる芸能界もおそらく…?

[加納ソルト]本・国内短編ミステリ | 18:49:35 | Trackback(0) | Comments(0)
入れ替えてください
食後には、必ずデザート、コレ基本。加納スイーツです。
今日ご紹介するのは「こんがりバニラプリン」(オハヨー)。

こんがりバニラプリンこの商品は黄色い部分97%、カラメル2%、こんがり1%で構成されています。
カラメル問題で散々文句を言っていた私ですが、サファイアさんの美味しい食べ方を実践することに。
黄色い部分がほんのりバニラ風味でこんがり部分と併せておいしくいただけました。
半分ほど食べた後、いよいよ待望のカラメルを絡めていく…だが、

カラメルがマズイ!それが不満だー。

汁っぽく味が薄いです。ここにほろにがカラメルをまぶせば完璧だったのにと悔やまれてなりません。

というわけで、星1つです。

[加納スイーツ]プリン系 | 12:24:14 | Trackback(0) | Comments(2)
不条理な要求/三崎亜紀「二階扉をつけてください」

クレタ: 我らが師匠星新一の奇妙なテイストを彷彿させる短編だわ。
マルタ: 最初のオバチャンの忠告を始め、不条理な展開がうすら寒い怖さを生みますね。というわけで、三崎亜紀「二階扉をつけてください」です。


4087747867バスジャック
三崎亜記
集英社 2005-11-26

by G-Tools

[あらすじ]
私が仕事から帰ってくると、小太りの中年女性が玄関に立っていて「もうそろそろ二階扉をつけてくれない?お宅だけですよ。回覧板廻ってきたでしょ?」と言い寄られる。近所付き合いは妻にまかせきりだったので、私は内容までは確認せずに次へと廻していた。まあ読む気も失せるような文章なのだが…。
二階扉?何のことかさっぱりわからないが、近所を見回してみると確かにどこの家庭にも取り付けられている。焦った私は早速、工務店へ電話をかけ工事を頼むが、やってきた作業員は「二階扉なんか付けられるか!」と怒鳴りちらし帰ってしまった。
あっけにとられてしまい、電話帳をもう一度確認してみると、二階扉を専門的に取り付ける業者が存在することを知る。しかし不思議なことに5軒あった業者の場所が隣あっていて、しかも電話番号も1番違い。見積もりを頼もうと次々と電話をかけ家に来てもらうが、どう考えても毎回同じ人物が初めてのように電話で応対し、その人物が初めて会うかのようにやってくる。また見積りの経費欄も各社様々で全く一貫性がない。訳がわからないながらも、とにかく1社に決め工事をしてもらうのだが…。


クレタ: もう何が怖いって、同じ人物が毎回訪ねて来るところ。初めてのフリをしているのがゾクっと来ます。
マルタ: 名前だけをしりとり的に変えているだけなんだよね。さっき会ったばかりの人が初めて会ったような雰囲気を出すことほど怖いことはありません。
クレタ: 二階に扉をつけても階段はつけてはダメ。じゃあ何のための扉?と利用方法が見つかりませんから悩みます。オチで利用方法が語られますが…。
マルタ: 諍いを起こさないためにはあった方がいい扉です。ご近所さんと出会わなくて済みますからね。


[メモ]
回覧板はしっかり読もう!大事なことが書かれている場合もあります。



[加納クレタ&マルタ]本・国内短編小説 | 22:42:26 | Trackback(0) | Comments(3)
神様、もう少しだけ…
こんばんは、加納スイーツです。
ほろ苦い青春ミステリの後は、甘いスイーツでお口直し。
今日紹介するのは「ほろにがカラメルのカスタードプリン」(セブンイレブン)です。
ほろにがカラメルのカスタードプリン
プリンは好きなのでよく食べるのですが、いつも思うことがあります。それは…
カラメル(黒い部分)の量が少ない!それが不満だー。

で、ほろにがカラメル~も例に漏れず98%は黄色い部分で構成されています。
ほろにが部分は確かにほろにがでおいしかった。それをもっと黄色い部分にまぶして食べたかったなと悔やまれてなりません。

というわけで、星1つです。

[加納スイーツ]プリン系 | 20:37:55 | Trackback(0) | Comments(2)
わたし、気になります/米澤穂信「氷菓」
「氷菓」という甘そうなタイトルが付いてますが、内容は「ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ」となっております。主人公のホータローくんは「高校生活は薔薇色だ」と定義し、その逆もまた真だと考えています。薔薇色という単語を辞書でひけば「高校生活」と出てくると。ホータローくんの例に倣い、「ほろ苦い」を辞書で調べれば「青春ミステリ」と出て来るのでは?と思ったりもします。

4044271011氷菓
米澤穂信
角川書店 2001-10

by G-Tools


[あらすじ]
いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずのない文集をないと言い張る少年。そして「氷菓」という題名の文集に秘められた三十三年前の真実…。
何事にも積極的に関わろうとしない「省エネ」少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに…。(表紙裏)

ひとつの長編に伏線の効いた短編が盛り込まれた著者お得意の手法の作品で、古典部の4人のメンバーのキャラもよくスイスイ読めてしまいます。ホータローくん以外のメンバーが色々なことに引っかかってくれるので、仕方なく関わってしまうことになります。普通は「省エネ」人間なんて無視されて終わりだと思いますが、周囲のメンバーはホータローくんの隠れた才能にも気づいてくれたようです。彼が成長できたのも3人のおかげですね。次作以降も期待したいです。

[メモ]
あとがきで米澤さんが実体験した日常ミステリが語られています。
友人と寿司を食べに行き、帰ろうと車に乗り込んだのですが、運転をする友人が一向に車を出そうとしません。食事時だったので、駐車場には続々と車が入ってきて、私たちは迷惑な存在になっています。早く出したら?と友人を促しますが、曖昧な笑みを浮かべるだけ…。イタズラ好きではなく、普段は真面目な性格の友人なのですが、今日に限ってどうしたのでしょう?
と振るだけ振っておいて「事の真相はまた後日」。おいおい。
クイック解決が基本の私は早速購入しておいた「愚者のエンドロール」を手に取り、あとがきへ…。
しかし、あとかぎのスペースが短いということで「また後日」とのこと。おいおい。
古畑任三郎の「赤いバケツを頭に乗せる男」的展開!真相はあるんでしょうか?
「わたし、気になります」

とりあえず私なりの答え。「回転寿司を食べに行ったので、目が回っていた」

[加納ソルト]本・国内長編ミステリ | 20:32:59 | Trackback(0) | Comments(4)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ