■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2007年7月のおさらい

クレタ: はい、それでは2007年7月に観て聴いて読んで話題にした作品の形式的おさらいです。小説1作品、マンガ1作品がノミネートされてます。
マルタ: 僕たちが登場するのは、1ヵ月ぶりですね(笑)。
クレタ: そうみたい…。だって、前回はこの「おさらい」でしょ?
マルタ: 「おさらい」要員になってしまったか?
クレタ: それだけ何もしてないってこと。もしくは…
マルタ: まぁ、いいでしょう。来月は夏休みもあるし、ガッツリ行くよ。
クレタ: また、それ?
マルタ: いや、今回はマジで。だって、家にこもるから。
クレタ: どこにも行かないの?
マルタ: 行かない。僕の夏休みは物語の中だけで、波乱万丈。
クレタ: 何それ?


星5個
該当作品なし

星4個
該当作品なし

星3個
【マンガ】「櫻の園」 著者/吉田秋生

星2個
【小説】 「蛇にピアス」 著者/金原ひとみ

星1個
該当作品なし

スポンサーサイト
[加納クレタ&マルタ]作品別★獲得表 | 09:30:32 | Trackback(0) | Comments(0)
加納ソルトでテンペア?
することが何もなかったので「顔ちぇき」をやってみた。ケータイカメラでパチリと自分の顔を撮って、メールで送ると、即座に誰に似てるか判定してくれるという例のアレ。
そんで結果なんですが、私は「上田晋也」に52%似ているそうな。同率で「森山未来」。次点で「田辺誠一」が49%。どうでしょう? って言っても顔写真を公開してるわけじゃないで、リアルに私のことを知っている人しかわかりませんね(笑)。
男だけではあれなんで、女性でもやってみました。「柴本幸」が53%似てます。 って誰やねん?!
柴咲コウの間違いかと一瞬思ったが、そんな人がいるそうです…。ちなみに同率で「上野樹里」。うーん、確かにこの二人は似てる感じがするな。

このサイトはひょっとすると「テンペア」シリーズに使えるかも…と思う今日この頃。

[加納ソルト]雑記 | 14:54:45 | Trackback(0) | Comments(0)
この桜は私たちの頭上を飾る冠です/吉田秋生「櫻の園」
「櫻の園」って映画がある。中原俊が監督した作品で、私は何故かこの作品を異様に愛している。今回読んだ吉田秋生の「櫻の園」は、その映画の原作。
「櫻の園」との出会いは中学生の時の深夜映画だったと思う。日本映画特集みたいな感じで、ラインナップは「ドレミファ娘の血は騒ぐ」「1999年の夏休み」「渚のシンドバット」。そして、この「櫻の園」だったはずだ。実は「渚のシンドバット」も好きであり、どちらも同性愛的要素がある。だが、別に深い意味はなく、ただ肌に合う2作品なのです。
映画版は創立祭で伝統的に上演される「櫻の園」の上演当日。開演までの数時間を描いている。マンガ版と同じように4人の視点から中心に語られていくが、ほぼリアルタイムで進行する凝縮された時間がドラマ性を高めており、なおかつ、開演までの慌しさと静謐さの対比のコントラストが秀逸である。そして、劇中で流れるショパンの「プレリュード第7番」は「太田胃酸」のためにあるのではなく、この作品のためにあるんだと確信している。

櫻の園櫻の園
吉田秋生
白泉社 1986-09

by G-Tools


ところで、話は吉田秋生「櫻の園」。上にも書いたとおり、アツコ、スギヤマ、シミズ、チヨの演劇部に所属する4人が、それぞれの短編の主人公となり、物語は交錯する。それぞれが思い悩みながらも「櫻の園」に収斂していく。まぁベタですが、シミズとチヨのやり取りが印象的。「好き」「うん」ってやつ。

「櫻の園」の監督・中原俊が小難しい解説を書いていて、おもしろい。

[加納ソルト]マンガ | 14:15:18 | Trackback(0) | Comments(1)
スプリットタンって知ってる?/金原ひとみ「蛇にピアス」
「蛇にピアス」を初めて耳にしたとき、新しい諺かと思った。動物プラス人工物という組み合わせの場合、多くは「価値のわからない人に価値のあるものを与える」意味になる。例えば「猫に小判」や「豚に真珠」などなど。確かに蛇にピアスをしたところで、何ら意味がないし、下手をすると動物虐待的な話になってしまう。しかし、「蛇にピアス」は金原ひとみが芥川賞を獲った小説である。

4087460487蛇にピアス
金原ひとみ
集英社 2006-06

by G-Tools


今まで、必ず仕事が終わると、家に帰宅していた男が帰ってこない。心配した同棲中の女は取り乱す。もしかすると、男は殺されてしまったのではないか? 女がそう考えるには理由がある。何ヶ月か前、チンピラに絡まれたところを助けた男がそのチンピラをボコボコにしてしまい、女は後日、新聞でそのチンピラと思われる男が死んでいたことを知るからだ。
そして、真犯人はひょんなところから発覚する。敵はいつも近くにいるというハリウッド的展開。

しかし、この小説はミステリとして読むことに意味はない。

[加納ソルト]本・国内長編小説 | 21:48:22 | Trackback(0) | Comments(2)
第303回「給食で好きだったメニュー」
困ったときのトラックバック☆ こんばんは、加納トマトです!

給食懐かしいですね~♪ 私の場合、中学は持参弁当だったので、給食の思い出は小学校だけ。好き嫌いが多い子は給食がイヤそうで、掃除の時間が始まっても食べてたりしてましたね。私はと言うと~、嫌いな食べ物はほとんどないので、何でも美味しくいただいてました!

誰かが休んで、給食が余ったときなんかは「おかわりジャンケン」に絶対参戦♪
主食で好きだったのは「黒糖パン」と「わかめご飯」おいしかった~♪
小おかず(副食)では、鯨の竜田揚げ!めちゃくちゃ美味しかった~。あのモッサモサ感とカタさが良かったです!また食べたいな~。
大おかず(汁もん)は、カレー!! やっぱカレー!!
飲み物は、いつもビンの牛乳。絶対にこぼすヤツがいるんです…。牛乳を拭いて乾いたぞうきんが臭いのなんの…。強烈なニオイといったら…。あと、笑らかして牛乳をはかそうとするヤツもいたっけ…。
デザートは、冷凍ミカン! あれは~たまりませんな! またいい具合に解凍してるんです!

中学は持参弁当でしたけど、こちらも美味しく食べてました。そういえば、同じ中学じゃない子に「学校の蛇口からお茶が出てくるねんで~」と言うと、ごっつ驚かれました。どこの学校もそうじゃないの?

最近は給食費未納問題があり、給食廃止案を検討するとかニュースで見たことがありますが、給食費ぐらい払え~! 給食廃止反対~!と叫びたいです。

[加納トマト]トラックバックテーマ | 10:27:47 | Trackback(0) | Comments(0)
一番に(BlogPet)
きょうは、加納シュガーが俳句を詠んでみようと思うの

 「一番に 選択される 素晴らしい」


*このエントリは、ブログペットの「加納シュガー」が書きました。

[加納シュガー]ソロ | 12:09:12 | Trackback(0) | Comments(0)
ヤバヤバ。
マジ、あせった。今回はもうダメかと思った。そして、もう生きていけないかと思った。ヤバヤバ状態。
例えば、重要機密が書かれたメモがあったとする。これは自分以外の誰にも読まれてはならないシロモノである。それを不注意で落としてしまい、何処にあるかわからない状態になってしまう。もしかしたら、誰かに拾われてしまうかもしれない…。これは、怖いですねぇ。想像するだけで怖いです。

でも、もう大丈夫♪ ハッピーエンドってことで。

交渉人は相手に安心感を与えることを第一の責務とするらしい。安心感…。それは自分の事を信じてもらうことで、獲得していくことなのかもしれない。

と、わけのわからぬことばかり、書き連ねましたが、肝心の今日の夕食。

ナポリタン! うまいです。ごっつ、うまいです。喫茶店で出てくるような油こってりのナポリタン。うまいです。ごっつ、うまいです。そして、付け合せ(?)に、アイスコーヒーを1杯。
ナポリタンとアイスコーヒー。これは決して離れないコンビとして有名です。離れてしまっては、お互いの価値を失ってしまいます。

[加納グルメ]夕食雑記 | 22:36:41 | Trackback(0) | Comments(0)
ソルトとトマトの6月のおさらい
トマト: おはようございます! 本は全然読めてません!
ソルト: 知ってます。私も人のこと言えないし…。
トマト: やっぱり、ビールは効きますねぇ。暑さで我慢できないので、寝てしまうから飲まないでおこうと思うんですけど、飲んでしまいます。飲んだら読むな! みたいな(笑)。
ソルト: チョットチョット、飲んでも寝るな! でお願いしますよ。
トマト: でも、ソルトも全然、読んでませんよね?
ソルト: うーん。こっちは、読んでると、眠たーくなってくる。焼酎のせいです。
トマト: 一緒じゃないですか!
ソルト: ごめん。
トマト: また、謝ってる…。どうでもいいことですけど、最近、焼酎飲むとクシャミが止まらなくなるんです。原因不明なんです。
ソルト: へぇー、ロックで飲むんだよね? 体が冷えるんかな?
トマト: ビールもキンキンに冷やして飲みますよ。でも、クシャミは出ません。
ソルト: なら、ハウスダスト的なものじゃない? 家にゴキブリでるんでしょ?
トマト: そのせいじゃないけど、そうなんです! もうあの黒い物体を見たら、一瞬、時が止まりますね(笑)。
ソルト: ゴキブリといえば、昔ね、コーラの1.5リットルサイズのペットボトルにゴキブリが張り付いててね。完全カムフラージュしてたから、気づかなくて…コップに注ごうとしたら、ワサワサ動き出すもんだから、フギャーッ!!!
トマト: 想像するだけで、ホラーです…。キモチワルイんで、話変えていいですか?
ソルト: いいですよ。
トマト: 第299回のトラックバックテーマで「あなたの人生最高貯金は?」というのがあったんです。ちなみに、ソルトはいくらくらい貯めたことあります?
ソルト: あんまり金を使わないから、結構貯まってるよ。今は2、30万くらいだけど、最高は60万くらいかな? 薄型テレビを買ったんで、一気にゼロになっちゃったけど…。トマトは? あんまり貯金とかするタイプじゃなさそうだね。
トマト: 300万です。
ソルト: ウェーッ! マジで? 7桁やんか!
トマト: そりゃ、7桁ですよ。
ソルト: 奢ってください!
トマト: もちろん、イヤです。

[加納ソルト&トマト]おさらい | 09:08:18 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ