■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大いなる勘違い?/映画「L Change the World」
「DEATH NOTE」のスピンオフ作品である「L Change the World」を観ました。
L好きな僕としては、うれしい映画です。
でも、「DEATH NOTE」のような異様さは全くなく、しゃべり方も、甘いものの食べ方も普通といえば普通。「DEATH NOTE」時代のLの方が好みです。

ところで、この映画で学んだことが1つあります。それは…

「日本人のFBIは嘘くさい」ってこと。

日本でFBIの手帳を見せても効力ゼロでした。
確かに僕自身、街で手帳を見せられても、信用できません。
先入観というのは怖いものです。
先入観を逆手に取ったよくあるクイズがありますよね。
答えは「母親」ってやつ。
トラックの運転手や医者などの職業で出題されるのが多いです。

先入観っぽいといえば、劇中でLとウィルスの研究者・松戸浩一が大いなる勘違いらしきものをします。
ワタリの置き土産である天才数学少年が二階堂教授の問題を解いたところ、Lは「MK」という暗号を導き出し、ここから「ミッドカイン」という物質(?)だ! と謎解きをしてしまいます。

どう考えても、二階堂教授は実は抗ウィルス薬を作れていなかった。「松戸浩一」なら作れるだろうと考えただけに違いありません。

しかしながら、この大いなる勘違いのおかげで…後は観てのお楽しみってことで。ではでは。

スポンサーサイト
[加納ソルト]映画・国内 | 18:52:23 | Trackback(0) | Comments(0)
なんだかんだで2年が経過…
2年が過ぎましたよ♪ パチパチパチパチ♪
明日からは3年目だ! _|\○_ ヒャッ ε= \_○ノ ホーウ!!!

[加納トマト]雑記 | 23:51:37 | Trackback(0) | Comments(0)
買い物をする。
仕事帰りに買い物をする。結果からいうと、たいしたモノは買ってません。
名刺が作りたかったので、マルチカードなんちゃらかんちゃらってのと、メモ帳2冊と短いボールペン(4色タイプ)。
マルチカードなんちゃらかんちゃらってのは、電気店で購入しました。ポイントで買おうと思ったのですが…話は変わりますが、先日「ダウンタウンDX」でチュートリアルの徳井さんが「○○してみようと思います」について苦言を呈してましたね。「○○してみようと思います」と言うなら、実際にやってはダメだ。思うだけにしとけ! みたいな。思いますって言った端から行動に移してどうすんねん! って感じの細かい日本語的曖昧感に対する鋭い指摘でしたよ…閑話休題。
で、ポイントで購入しようとしたのですが、500円以上の商品じゃないとアカンらしく、462円のマルチカードなんちゃらかんちゃらでは、使うことが不可でした。しゃあなしに小銭で支払いました。でも、ひとつうれしいことがありました。なんと3000円以上の商品を買うと、1000円値引きカードをくれたのです。翌日から1ヶ月間有効のカードですが、このカードはポイントと違い融通が効くようで、実は今日からでも使えるんですよ、と店員さんはこっそり教えてくれました。
それじゃあ今日使ってしまおう。だって次いつ来るかわからへんし…ということで、店内を散策。といっても、ゲームコーナーに真っ直ぐ向かった。「メダル・オブ・オナー・ヒーローズ2」のWii版が出てるはず。記憶が確かならば2月14日発売。しかもこの記憶は正しかった。
しかし、商品は陳列されていない。予約受付的なパッケージ写真はあるのだが…。しかし、PSP版ときている。ラチがあかないので店員に訊く。

コレ(もちろん「メダル・オブ・オナー・ヒーローズ2」の写真を指差して)のWii版ってもう発売されてますよね?

はい、2月14日に発売してますね。

置いてます? (もちろん「メダル・オブ・オナー・ヒーローズ2」のこと)

当店にはまだ入ってませんし、入ってくる予定もありません!

はぁ…。

店員さんのキッパリとした完全なる否定に圧倒されてしまいました。もう少し商売っ気出して、お取り寄せしましょうか? 的な打診を見せて欲しかったな。まぁ、どうでもいいけどね。なので、1000円値引きカードは使えず、次回来店時に持ち越しです。何に使おうかなぁ?
そんでから、隣の100円ショップでメモ帳とボールペンを買いました。

そして、ここからが本題。本当に大事な買い物は、この後に行われたのです。

大事な買い物と言っても、僕が
切実に欲しいモノではなく、
なんというか、2つで1つみたいな…そんで、
人間なら誰でも1つは持っているはずのモノで…
へへへ(笑)。なぞなぞみたいになっちゃった。

結果はどうあれ、喜んでもらえたら幸いです。

[加納ソルト]雑記 | 22:08:41 | Trackback(0) | Comments(0)
嘘と優しさフィフティフィフティ
頭が痛くなると、バファリンを服用する。
すぐに痛みが治まるので重宝している。

今日も頭が痛んだので、例のごとくバファリンを飲む。
バファリンの半分は優しさでできている。

バファリン


この話は本当なのだろうか? 信じてもいいのだろうか?


続きを読む >>
[加納ソルト]雑記 | 22:55:35 | Trackback(0) | Comments(0)
腹八分目について。
せーの、で夕食を食べ始める。
めちゃくちゃ量があったので、腹がはちきれそう!
ラクチンな体勢をとっても腹イテェ~

レバニラ炒め、ブリ大根、鶏肉の照り焼き、カレーの残りもあったな。
ルンルン気分は長続きはせず…
とてつもなく、腹が一杯ですよ♪
よくあれだけのオカズをおさめたもんだと、感心。

ワシの胃袋は底なしなんじゃ~! と、
いい加減なセリフを吐いてみたところで、
か弱い胃袋はシクシク泣いている。
もう、たらふく食うのはヤメタ。

一気にいくのはよくないね。何事も腹八分目ってことで♪

[加納ソルト]雑記 | 20:58:00 | Trackback(0) | Comments(0)
ぼくは坊や/ベルンハルト・シュリンク「朗読者」
どうも読んだことがあるとなぁ…なんて思いつつ、読み進めてるうちに気がついた。そういえば、斉藤美奈子の「趣味は読書。」でネタバレしてましたね(笑)。といっても、あからさま過ぎる手がかりが散りばめられているので、すぐにハンナの秘密は知れることでしょう。

4102007113朗読者
ベルンハルト・シュリンク
新潮社 2003-05

by G-Tools


「ハンナ」と「ぼく」がなかなかシャワー室から出てこなかったのが、印象的。といっても私がそこまで読んでほったらかしてただけなんですけど…(笑)。

お・わ・り。

[加納ソルト]本・海外長編小説 | 19:42:22 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ