■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
過ちと正しさ/道尾秀介「ラットマン」
僕はこの作品で初めて見たのだが、有名なラットマンの絵というのがあるらしい。同じ絵なのに、動物と並んでいる時は、ネズミに見えるが、人間と並んでいるときはオッサンの顔に見える絵のこと。実物は本書にもイラスト紹介されいるので、それを参考にしてもらうとして…。まさに、タイトル通りの小説であり、なおかつこれほど感動したミステリはない。

4334925936ラットマン
道尾秀介
光文社 2008-01-22

by G-Tools


「見る」とか「聞く」とかいう行為はさ、文脈効果によってかなりの影響を受けるんだ。文脈効果ってのは、人間が何かを知覚をする過程で、前後の刺激が知覚の結果を変化させてしまう現象を言う。

上に引用したものは、作中でバンドメンバーの竹内が語るセリフなのだが、ミステリの構造そのものだなぁって思った。「思い込み」を破壊される時に、僕は快感を覚えるわけ。見えてた世界が一変するその瞬間が…。めっちゃ、好きやねん!

スポンサーサイト
[加納ソルト]本・国内長編ミステリ | 23:51:52 | Trackback(0) | Comments(0)
ボクのトナリ
例えば、バスの出発時刻が17:52だとする。
例えば、家からバス停まで行くのにかかる時間が2分とする。
17:49に家を出れば、待ち時間なしに乗れる。
しかし、実際にはそうならない。どうにも気が焦るからだ。
結局、毎度10分前には出発してしまい、寒空の中バスを待つ。
頭ではわかっているけど、気がせくくらいなら、震えながら待つ性分なのだ。
その方が落ち着く。

最寄の駅に着き、切符を買う。
行先までの値段は完全に頭に入っている。
だが、路線図を見て、値段を確認する。
販売機を前にし、切符の買い方に戸惑ってみせる。
普段電車になどに乗らない芸能人あるいはセレブ的人種であるかのように。
誰も見てないのに演じるちょっとした楽しみ。

待ち合わせの時間までには余裕があった。
急行をパスし、各駅に乗る。
車内はガラガラ。端っこの座席に腰を下ろす。
ボクのトナリは空いている。

前に座っている女がケータイの画面を見ながら、寝ていた。
斜め向かいの大学生風の男達はおしゃべりに夢中だ。
ボクのトナリは空いている。

「予定時間より早く着くかも?!」
「かも?!」ではなく、確実に早く着く。相手にプレッシャーを与えるメールを送ってみる。
何駅か過ぎた後に、「なるべくこちらも早く行くようにします!」と返信があった。
いつのまにか乗客は増えている。
ボクのトナリは誰もいない。

カップルが別の車両からやってきた。女がボクのトナリに座ろうとする。
しかし、男が「向こうの方が空いてる」と指をさす。「そうだね」と女はうなずく。
ボクのトナリはやはり誰もいない。

待ち合わせの場所に着く。予定通り早く着いてしまった。
店の中に入って待つと連絡をする。
ボクのトナリにはまだ誰もいない。

待っている間、トイレを借り、おしぼりで手を拭き、タバコを1本吸った。
電話がなる。「どこにいてるの?」
どうやら、決めていた店とは違う店に入ってしまったようだ。
苦笑いの店員を横目に、精一杯申し訳ない顔をして店を出た。
店を見つけ、ボクはその人のトナリに座った。

[加納ソルト]雑記 | 09:13:23 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ