■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヘーテカラどうしたの?
クレタ: 笑ってはいけない状況って何故あんなに笑えるんだろう?
マルタ: 故・桂枝雀師匠いわく「笑いとは緊張と緩和」だからね。
クレタ: 昨日の笑いの金メダルで芸人ブラックジャックというコーナーがあったの。小学生にピンポン玉をくわえさせて、一発ギャグでピンポン玉を吹き出した数だけポイントになるというルール。
マルタ: とんねるずなんかは牛乳でよくやるよね。
クレタ: そういったちょっとした設定で観ているこちら側も「おもしろくても笑ってはいけない、我慢しなければ…」という意識が働くのね。だから少し緊張感があるんだ。
マルタ: なるほど、しょうもないことでも笑ってしまいそうになるね。
クレタ: レギュラー松本が顔の両端を両手でギュッと押しながら「ヘテ、ヘテ、ヘテ、ヘーテカーラどうしたの?」あれはアカンでしょ。笑いすぎて死にそうになった。
マルタ: みんなが我慢しているからこそ笑いのエネルギーが分散されずに自分だけに集中してしまうのか?
クレタ: あるいは地震みたいに少しずつ少しずつ溜まったエネルギーが一気にドーンなのか?
マルタ: 去年親戚の葬式に行ったとき、普段なら絶対笑えないのに、お坊さんの顔が米倉涼子に似てて笑ってしまった。葬式なんかも代表的緊張と緩和空間だもんね。
スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]テレビ | 08:07:59 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
レギュラー松本のあれは何だったの?
意味はないけど繰り返すと面白ってやつかな?
しかし、小力がやたらウケてたねぇ。
2006-02-26 日 23:27:31 | URL | うなぎ [編集]
「○○を経て、○○」という表現自体のおもしろさ。
2006-02-26 日 23:43:26 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ