■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サインに気づいてはならない/映画「コード」

クレタ: 監禁映画の注意点は決して監禁されている人を助けようとしてはならないということです。このことは肝に銘じておかないと大変なことになります。
マルタ: 補足すると、被害者のサインに気づいてもダメですよ。
クレタ: 今回の映画では以下のようなデータが得られました。


助けようとした人 2名(1名重傷、1名死亡)
気づかなかった人 2名(ともに無事)


B00005HUMUコード
監督/シドニー・J・フューリー 主演/ダリル・ハンナ、ジェニファー・ティリー
2001-03-02

by G-Tools

[あらすじ]
アンは夫ジャックとの間に子供を待ち望んでいたが、なかなか恵まれなかった。思いきって夫婦は人工授精を行い妊娠に成功する。しかしある晩アンは産婦人科医フランクに誘拐されてしまう。それは彼とその妻ヘレンのある計画のためだった。冷酷なフランクと狂気に満ちたヘレンに監禁されてしまったアン。人里離れた場所での恐怖の日々が始まる…。(GyaOより)


クレタ: この映画はヘレンですね。もう最初の一声聞いたときから、ヤバイ奴と思いました。高音なハスキーヴォイス、あの声が狂気をはらんでいます。そして風貌がモノクロ映画の雰囲気。これまたキモチワルイ。ラストのほうで髪がボサボサになってる方がまだマシってなもん。
マルタ: 決して悪い人じゃないんだけどね、欲望(赤ちゃんのことで頭いっぱい)に忠実すぎるのがハタ迷惑なんです。自分が犯している行為が他人の精神にどれほどダメージを与えているのかが理解できていない。残念ながら子育てはできませんね。
クレタ: 彼女の地雷が「検査」でしょ?過去に妊娠中絶をして子供の生めない体になってしまった。それがトラウマになっていて、アンに対してフランクが検査しようとするとブチ切れてバッドで殴り殺してたもん。夫でも容赦なし。
マルタ: 怖いですね。でも、アンは何ヶ月も監禁されてたにもかかわらず、全く弱さを見せなかった。母は強しといったところでしょう。その強い意志がお腹の子供と、まさに「コード(へその緒の意)」で繋がった命です。
クレタ: うまいのか?原題では「Hide & Seek」なのに邦題は「コード」ですから…。意識してますよね?後、「ミザリー」と設定が似ていることもあって比較されてます。宣伝文句では「ミザリーより怖い!」なんて言われてますが…。
マルタ: うーん。難しいところだけど、僕は「ミザリー」のアニーに軍配をあげたい。ヘレンみたいにのっけからヤバさ全開!よりじわじわ狂気じみた性格が出てくるほうが怖いですから。


血まみれヘレン「サイレントヒル」に出てきそう…ブルブル

GyaOで6月16日まで絶賛放送中!

[メモ]
ところで生まれた子供は誰の子供?

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]映画・海外 | 14:50:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ