■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
犯人役の新たな生き方/石持浅海「扉は閉ざされたまま」「セリヌンティウスの舟」「水の迷宮」
4396207972扉は閉ざされたまま
石持 浅海
祥伝社 2005-05

by G-Tools


433407586X水の迷宮
石持 浅海
光文社 2004-10-20

by G-Tools


4334076211セリヌンティウスの舟
石持 浅海
光文社 2005-10-20

by G-Tools


  • 警察が介入しない

  • 登場人物が積極的に推理を巡らせる

  • 犯人は逮捕されない

  •  この3つが共通点として挙げられるだろうか?
     どの作品も仮説を立ててはそれが崩される…その繰り返し。その仮説の立て方も実に細かく丁寧すぎるほどだ。推理が行きつ戻りつするので読んでいるドライブ感はないが、登場人物が状況に対して逃げ出さない意思と覚悟が垣間見えて微笑ましい。また、犯人が逮捕されないのは警察が介入しないからであり、探偵役が犯人にたいして違う条件を提示するからである。
     結末が魅力的な作品群で、裁きを下し罪を償わす新たな視点(自分の頭で考え辿りついた者たちだけが納得しうる境地)が導入されていると思う。
    スポンサーサイト


    [加納ソルト]本・国内長編ミステリ | 10:54:38 | Trackback(0) | Comments(2)
    コメント
    もう読んだん!?早いやん!
    いろんな人の感想をみてると、石持浅海の作品、あまり絶賛されてないねぇv-390
    僕はクローズドサークル系は好きだから、実際に読んでみようとはしてるけどさ。
    2006-02-26 日 23:34:58 | URL | うなぎ [編集]
    土日でサササッと読みました。
    あまりアクの強い人が出てこないからかな。全般的にいい人。
    2006-02-26 日 23:40:58 | URL | 加納ソルト [編集]
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    ブログパーツ