■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
無謀な計画?

今日は7月の読書強化月間(?)に向けて、書店とブックオフのハシゴをしてきました。
うれしいことにブックオフでは雨の日キャンペーンでポイントが2倍になっています。


まず一般書店で購入したモノは…。


乙一「ZOO 1」「ZOO 2」 (2冊で876円)
「夏と花火と私の死体」しか読んだことがありませんが、話題の短編集が文庫化されたということで、迷わず購入。しかし、分冊にしないで欲しいな。


米澤穂信「さよなら妖精」 (743円)
「季節限定シリーズ」の著者の代表作だそうです。帯には「不朽のボーイ・ミーツ・ガール・ミステリ」と書いてありました。果たしていかがなものか?


エリック・マコーマック「隠し部屋を査察して」 (880円)
誰かはさっぱりわかりません。タイトルに魅かれました。短編集なのでポツポツ読むことになりそうです。


合計金額は2,624円ナリ。


続いてブックオフで購入したモノは…。


米澤穂信「氷菓」 (250円)
こちらはデビュー作。一般的に「古典部シリーズ」と呼ばれているようです。


星新一「マイ国家」 (105円)
たぶん読んだことはあると思いますが、本の状態がよく、持ってなかったので買いました。


我孫子武丸「0の殺人」 (105円)
犯人として考慮すべき容疑者は4人。しかも物語が進行していくに従って減っていくようです。挑戦的ではありませんか!まさかゼロになることはないよね?


倉知淳「猫丸先輩の推測」 (400円)
裏表紙を見る限り、日常のミステリっぽいです。これまた短編集。


有栖川有栖「スイス時計の謎」 (350円)
私は学生アリスが読みたい!でもなかなか出ませんね。火村先生で我慢しましょう。これ5月に文庫化されたばかりなのに、もう出回ってる…。


恩田陸「MAZE」 (300円)
彼女はたくさんの作品を発表してますね。しかも、あまりハズレがないようです。


貫井徳郎「被害者は誰?」 (400円)
これまた文庫化されたばかりの作品。速いですね。パット・マガーへのオマージュ作品でしょうか?


ケン・フォレット「大聖堂」 (上中下合わせて1,500円)
読み終えるのに何ヶ月かかることやら…。3分冊の壮大な物語のです。


パトリシア・コーンウェル「真相」 (上下合わせて210円)
切り裂きジャックの真相に迫っているようです。取材費7億円!というのがスゴイ。それが210円で買えるのもスゴイ。


デイビット・マレル「廃墟ホテル」 (500円)
kazuouさんが紹介されていた「迷宮」モノ。雰囲気のある作品のようですし、楽しみです。


ダイアナ・ウィン・ジョーンズ「九年目の魔法」 (500円)
覚えている記憶となんか違う!なんか変だ。記憶モノなのかしら?


ジョナサン・キャロル「蜂の巣にキス」 (450円)
なんと勇気ある行為でしょう!私はできません。


パット・マガー「目撃者を捜せ!」 (105円)
目撃者が現れれば、事件は解決。誰か見てませんでしたか?しかし目撃者は誰も現れない。犯人探しもするのか?


スタンリイ・エリン「九時から五時までの男」 (105円)
なんだかハードボイルドチックなタイトル。


合計金額は5,280円ナリ。


床の上に積み上げると、ほぼ30cmありました。1日1cmがノルマ?果たして読めるのでしょうか?

スポンサーサイト


[加納ソルト]本・その他 | 17:34:26 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
いや~、一挙に購入したねぇ!これだけあると何から読もうか迷うでしょうv-410
そういえば、乙一ファンなのに「ZOO」はまだ読んでなかったなぁ・・・。
デイビット・マレルの「廃墟ホテル」というのはミステリでしょうか?タイトルに惹かれます。

2006-06-25 日 21:54:57 | URL | うなぎ [編集]
亀梨クンがやってた「金田一」のドラマで「廃墟マニア」というのがクロースアップされたましたよね?(知ってるかな?)その廃墟マニアたちがかつての豪華ホテルに潜入する話。でも、そのホテルには客室で起こった殺人なのどの惨劇のありさまがそのまま残ってた。そして一行の背後に何かが忍び寄ってきた…。原題は「Creepers」だからホテル自体というよりこの忍び寄る何かに焦点が当てられると思います。
思うに少し前に紹介した「ミッシング」のような物語じゃないかなと睨んでいるわけだけど…。雰囲気に魅かれる作品です。
2006-06-25 日 23:16:02 | URL | 加納ソルト [編集]
木曜日に例のジョーシンに行きます。
2006-06-27 火 11:26:34 | URL | ドライモン [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ