■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
のではカンタービレ/森博嗣「φは壊れたね」

クレタ: 萌絵さん、懐かしいですね。相変わらずのワガママぶりで安心しました。
マルタ: 彼女は特別出演といったところかな?それで、声だけの出演だった犀川先生は友情出演と。
クレタ: 誰の?国枝さん?まぁいいけど。ところでこのシリーズは何と呼ばれているのかしら?
マルタ: Gシリーズだってさ。


4061823922Φは壊れたね
森博嗣
講談社 2004-09-10

by G-Tools

[あらすじ]
おもちゃ箱のように過剰に装飾されたマンションの一室に芸大生の宙吊り死体が!現場は密室状態。死体発見の一部始終は、室内に仕掛けられたビデオで録画されていた。タイトルは『φは壊れたね』。D2大学院生、西之園萌絵が学生たちと事件の謎を追究する。(BOOKデータベースより)


クレタ: 会話部分がほとんどを占めるこの作品。サクサク読めました。3時間くらいで読了。
マルタ: 今回のシリーズでは山吹(時におしゃべり)、加部谷(常におしゃべり)、海月(常に無口)の3人が物語を回すキャラクターとして登場。
クレタ: 寡黙な海月クンがこのシリーズの探偵役だったね。矢吹駆を彷彿とさせるキャラだったわ。
マルタ: そうかな?僕はね「Vシリーズ」の森川クンかなと思った。海月クンは周りで人が会話していても我関せずスタイルで本を読む。かといって話を聞いてないわけじゃない。全部理解してます。
クレタ: 絶対本の内容は頭に入ってないと思うわ。ポーズよ、ポーズ。
マルタ: 彼はそんな嫌みな奴じゃないよ。ギャグもかます好青年ですから。彼はよく歩くんだって。それでね、電車には乗るけど、バスには乗らない主義で、バスに乗るくらいなら歩くというポリシー。でもね、現場のマンション前のファミレスに行くシーンがあったでしょ?そこで、それぞれどうやって駅まで行くかを言い合う。山吹はバイク、加部谷は自転車、そして海月はバスだって。おいおい!乗るんかい!(笑)
クレタ: うんっ?それは暗に「オレは歩いていく」とほのめかしてるんじゃないの?どうでもいいけど…。海月クンは置いといていいかしら?
マルタ: はい、わかりました。
クレタ: 会話部分が多いって言ったでしょ?それでさ、「のでは?」というのが頻発してたので、気になって…。これも、どうでもいいんだけどね…。
マルタ: 作者の癖なのでは?
クレタ: 気になるからヤメテ!

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]本・国内長編ミステリ | 20:44:23 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
森博嗣のM&S(だったかな?)シリーズって、人気あるのかな?
疑問に思う時点で、飽きているのでは?
次に読むなら、ちょっと雰囲気の違いそうな「ZOKU」にしようと思ってます。
2006-06-28 水 00:50:59 | URL | うなぎ [編集]
S&Mシリーズは人気があると思います。
いやいや、おもしろかったですよ。森博嗣はトリックうんぬんよりも、会話部分が好きなんです。
「ZOKU」ですか!私も読もうかな?
2006-06-28 水 21:14:12 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ