■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コレは落とせる?/東野圭吾「超税金対策殺人事件」

クレタ: 源泉徴収されている私たち一般庶民には関係のない話だけど…。
マルタ: 収入がたくさんあるってのも考えモノですね。ひがんでるわけじゃないよ。
クレタ: 最大税率が例えば50%と考えると半年間は国のために働いているようなものね。
マルタ: なったつもりはないけど、公務員か?というわけで、莫大な税金を課せられた作家の悲喜こもごもを描いた東野圭吾「超税金対策殺人事件」です。


4101395225超・殺人事件―推理作家の苦悩
東野圭吾
新潮社 2004-04

by G-Tools


[あらすじ]
確定申告間近…最近売り上げが伸びた小説家の俺は会計事務所が算出してきた税金の額にビックリ!あらゆる領収書をなんとか経費で落とせるよう書きかけの小説を改変していくのだが…。


クレタ: この話はギャグっぽく書かれているけど、ありそうな話ね。
マルタ: 確かに「なんでここでこの描写がいるわけ?」「場所移動しすぎじゃない?」と言いたくなる作品があるよね。
クレタ: 小説から浮いている部分を探してみるのも一興かも。
マルタ: 巻末に「この作品の一部は経費でまかなわれております」って入っていたらおもしろい。

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]本・国内短編ミステリ | 21:38:17 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
これはミステリでしょうか?
税金対策で殺人事件とはこれいかに?って感じだけど、作者自身、本当に税金について思うところがあるんだろうね。
2006-07-05 水 23:08:31 | URL | うなぎ [編集]
ミステリというより、ギャグでしょう。
素直に税金を納めるか、作家として年貢を納めるか?
それが問題です。
2006-07-06 木 21:37:16 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ