■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
そんなの募集してないんですけど

寝坊したマルタはトーストをくわえながら家を出る。


マルタ:(いってきまーす)ひってきはーふ!


走るマルタ。ケータイのディスプレイに表示される時計を確認。


マルタ: やべぇ。初日から遅刻だ。


マルタはベタベタ高校に通う男の子。長い夏休みが終わり、2学期が始まる朝である。
交差点にさしかかった時、突然飛び出してきた人にぶつかる。ゴツン!


マルタ: (しりもちをついた姿勢で)アイテテテ…
クレタ: (同じく、しりもちをついた姿勢で)痛ったぁーい…
マルタ: 急に飛び出してくんなよ!危ないだろっ。
クレタ: (カバンから飛び出したモノを片付けつつ)それはこっちのセリフよ。


それからののしりあいがひとしきりあった後で、マルタは遅刻しそうだったことを思い出し、また慌てて走り出す。後ろからまだクレタの罵声が聞こえるが聞こえないフリでどんどん走る。


ぶつかったときクレタのケータイはドブの中へ、マルタのケータイはポケットの中でグシャっとつぶれていたのである。
5分後、同時に二人は気づくのだが、時すでに遅し。


ギリギリ間に合ったマルタ。教室に入り、さっそく友達にさきほどのムカツク出来事を話す。そこへ生徒男Aが教壇に立ち、「転校生が来る」という情報を提供。ざわつく教室。タイミングよくチャイムが鳴り、先生が登場。


生徒女B: 先生、転校生が来るってホント?
生徒男C: 男?女?
先生: 耳が早いな。それではさっそく紹介しよう、クレタさんだ。


生徒たちが固唾をのんで見守る中、クレタが教室へ入る。


クレタ&マルタ: (同時に)あー!
先生: なんだおまえら知り合いか?


クレタが自己紹介をした後、先生がクレタが座る席を指示する。


先生: ちょうどいいマルタの横の席が空いてるな。クレタさんそこに座って。では授業を始める。昨日はどこまでやった?
生徒メガネ女D: 57ページまでです。


放課後、マルタは壊れたケータイを持ってケータイショップへ。
いろいろ選んだ後、コレにしようと手を伸ばした瞬間、同じくそこへ伸びる手が…
手が軽くぶつかる。


マルタ: (顔をゆっくりあげながら)あっ、すいま……


クレタマルタ: (同時に)あー!


以上、男の子が女の子の転校生に出会うベタな設定。ボーイミーツガールの物語はいつの世もベタほど素敵なものはない。

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]テレビ | 22:15:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ