■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
くすぐり研究
「解体新SHOW」(NHK)を観ました。タイトルはいただけませんが、おもしろいテーマがあったので紹介しましょう。

人にくすぐられたらくすぐったいのに、自分でくすぐってもくすぐったくないのは何故?

確かに自分で脇腹、足の裏などのコチョコチョウィークポントをいくら刺激しても全然平気!なのに他人にやられると、もう耐えられません。
その昔、オックスフォード大学でも研究がなされ、あの科学雑誌「ネイチャー」にも論文が発表されるほど、くすぐり研究は人類にとって重要なこと(?)のようです。

自分でくすぐっても平気なのは、小脳が「この刺激はくすぐったくないのよ」と私たちを騙す指令を送っているそうです。では、何故小脳はわざわざそんな指令を出すのか?

これは目からウロコですよー。実は騙してくれないと不都合があるからなんです!

もし指令が出されなければ、こんな風に…
あなたは今、お風呂場で体を洗おうとしています。タオルに石鹸をつけてゴシゴシ洗おうとした瞬間…
「ヤメテ!くすぐったい!」となるわけです。

体を清潔に保つためにある重要な機能なんです。(違うか?)
スポンサーサイト


[加納ソルト]テレビ | 00:08:52 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
私も体を触られるのは超苦手です。
2006-07-24 月 08:02:32 | URL | ドライモン [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ