■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カシスシャーベットをください/鯨統一郎「新・世界の七不思議」

クレタ: たまたま今日放送してた「世界一受けたい授業」で、グーグルアースを使って世界旅行をしてましたね。場所を指定するだけでグ~ンと接近していってました。スゴイ技術ですね。
マルタ: ホント、かなりのところまで鮮明に映し出されていたので驚きでした。そういえば、今日ご紹介する鯨統一郎「新・世界の七不思議」でも取り上げられていた上空からのストーンヘンジも見せてもらえました。
クレタ: 先生によると、ストーンヘンジは日時計じゃないか?という説を披露してましたけど…。
マルタ: 場末のバーの客、宮田さんはどんな説を打ち出してくれるのか!?


4488422020新・世界の七不思議
鯨統一郎
東京創元社 2005-02-24

by G-Tools

クレタ: ピラミッド、モアイ像、ナスカの地上絵など誰でも一度は耳にしたことはあるだろう世界の謎に挑むこの短編集。「確かにそうかも知れん!」とうならせてしまう説得力に、ハマったわ。
マルタ: 僕も知らなかった歴史トリビアがいろいろ出てておもしろかったよ。「ナスカの地上絵は小石をどけただけで描かれてる」にはへぇー連発でした。
クレタ: 私のお気に入りは「始皇帝の不思議」です。始皇帝って目がつり上がってて見るからに悪そうでしょ?そのイメージがあるもんだから、これを読んだ後は180度見方が変わっちゃった。
マルタ: しかも後半の義経的展開には口アングリですよね。まあよく思いつくもんだ。僕はあまり歴史ミステリに興味がなかったけど、会話だけで空想が広がっていくのはグッドです。
クレタ: 姉妹作の「邪馬台国はどこですか?」も評価が高いらしいわね。未読なんだけど…。
マルタ: こちらも読んでみたいですね。
クレタ: 注文をつけるとすれば、静香の存在。ずーっと口が悪いから、だんだん腹が立ってくるのよ。「聞いたことあるレベルで~」はもうウンザリ。
マルタ: 確かにウルサイ存在だったね。

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]本・国内短編ミステリ | 21:54:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ