■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
音楽アレコレ Part1
通勤、仕事中、読書中etc…私のiPodはフル回転している。
私のiPodの中には約1,900曲入ってます。タイプは20Gモデルを所持していて、壊れる前に絶対満タンにならないだろうと思いましたが、残り容量が6Gしかなくなってしまいました。(十分か?)

いつもはパワープレイ曲をプレイリストに入れ込み聴いていますが、今日は全曲シャッフルで聴いていました。プレイされた曲は計167曲という結果でした。

というわけで、今回は「音楽アレコレ Part1」と題してテキトーに綴ってみます。

柏原芳恵「春なのに」
榊原郁恵と間違えられやすい元アイドル。この曲は中島みゆき作詞作曲で有名です。
♪卒業だけが理由でしょうか? 会えなくなるねと右手をだして~
ここまではアイドルチックに歌い上げてます。でも、
♪寂しくなるよ それだけですか?
注目すべきは「それだけですか?」。アイドルからいきなり脱皮し、急に怖い女の本性が表れます。歌い方がホラーチックです。

Dreams Come True「やさしいキスをして」
「春なのに」とイントロが似ています。それだけ…。イントロが似ているといえば、

The Carpenters「Close To You」風味堂「ナキムシのうた」。2つともピアノの出だしが印象的です。まあ、同じだからね…。同じといえば、

Asian Kung-Fu Generation「遥か彼方」
私がアジカンを知るきっかけとなった作品で思い出深いのですが、よく聴いたら1番と2番の歌詞が全く同じです。それだけ伝えたいメッセージなんだと納得するしかありません。

アレコレ言ってきましたが、今日のところはこれくらいで…。Part1としましたが、果たしてPart2があるかどうかは不明です。

ちなみに2006年1月1日から現在まで再生回数が最も多い曲はRADWIMPS「ヒキコモリロリン」の156回です。約5分のプレイ時間なので、13時間も聴いている計算になります。でも、飽きません。
スポンサーサイト


[加納ソルト]音楽 | 21:35:52 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
音楽はカーラジオで聴く以外は、テレビのCDランキング紹介を目にするくらい
なので、フルで知っている曲は少ないねぇ。

Asian Kung-Fu Generationは「君という花」で知りました。特に思い入れが
あるわけでもないけど v-411
2006-08-10 木 23:51:01 | URL | うなぎ [編集]
Ipod、欲しい。
2006-08-11 金 00:02:31 | URL | ドライモン [編集]
「遥か彼方」はナルトのオープニングだったもんで。
私もメジャーな存在の人たちしか知りません。
2006-08-11 金 00:49:23 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ