■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
なめらかスタンダード
スイーツ屋はなぜ潰れないのか?こんばんは、加納スイーツです。
というわけで、今日ご紹介するのは「牛乳と卵でつくった なめらかプリン」(メイトー)です。

牛乳と卵でつくったなめらかプリン思い出話をしましょう。
プッチンプリンを幼いときから親しんできました。そう、プリンといえばあの舌触りなんです。有名な商品なので、記憶されている方も多いと思います。
ところが、ある日我が家の冷蔵庫にコレが2つ寄り添うように並んでいました。その横にはアロエヨーグルトが我が物顔で1パック。当時ハマっていたので、当然アロエヨーグルトに手を伸ばしました。次の日「アロエたーべよっと」と冷蔵庫を開けますが、さすが売れ筋商品。もうありません。しかし、こちらの方は昨日と同じように寂しく並んでいます。
「クソッ!もうないやん。何やこれ?カラメルも入ってへんし、しゃあないやつやな全く」と呟きながらも、甘いものを口にしたかったので、手に取りました。まあ、全然期待してなかった、というより怒りすら覚えていたのです。そして、私は一口食べたのですが…





うめぇ~~~~アンドゥ、なめらか~~~~。

その時の表情は「ウットリポワーン」フェイスになっていたことは言うまでもありません。とにかく、この商品との出会いは衝撃でした。私のプリンに対する考え方を根本から変更せざるを得なかったのですから。余談ですが、プリン界のコペルニクスと勝手に命名しています。

というわけで、星5つ。いや、これは初の殿堂入りに値します。「なめらか」系プリンが氾濫する今日でも、まだまだ現役です。
スポンサーサイト
[加納スイーツ]プリン系 | 19:53:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ