■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ノッポが町にやってきた/マイケル・マーシャル・スミス「猫を描いた男」
古来より絵には魂が宿っていて、描かれたモノが動き出すといった話は数多くある。
「虎がこの屏風から出てきて悪さをするので困っておるんじゃ。どうにかしてくれんかのう?一休」とは将軍様が一休さんに無理難題を言って困らせている有名な場面。これに対し一休さんは「わかりました。私がこの虎を退治しましょう。では、虎を屏風から出してください!さぁ早く!」と、お寒い展開に会場は苦笑い。という例のあれ。ところで、話はマイケル・マーシャル・スミス「猫を描いた男」

[あらすじ]
長身で無口だが、雰囲気のある絵描きのトムが、何故か観光客の多いキングズタウンにやってきた。広場で毎日のように絵を描いてて、それはもう感動するほどうまいし、よく売れた。石畳にチョークで描くときもあるんだけど、本物?と見間違うほど生命感にあふれている。トムいわく、誰も買うことができなくて、いつかは消えてしまうものだから自分の100%を込められるというわけ。酒びたりの夫・サムの暴力に悩む、母子がいた。息子ビリーはトムの絵が好きで毎日そばで絵を描くのを見ていた。それだけで心がなごんだんだろう。ある夜、顔を傷だらけにしたビリーが助けを求めやってきた。カンカンに怒ったサムが追いかけてきて、連れて行こうとする。その時、サムの叫び声が広場にこだました…。

荒野の町に流れ着いた孤独なカウボーイが町を救うといったところでしょうか?
結末は目に浮かぶし、トムが長身を折り曲げて座り込み、熱心にキャンバスに向かう姿も目に浮かびました。
スポンサーサイト


[加納ソルト]本・海外短編ミステリ | 17:27:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ