■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
火山×学生×殺人/有栖川有栖「月光ゲーム」

クレタ: 再読! だけど、内容は火山が噴火して、ルナティックな女がいたこと以外、スッコリ忘れてました。犯人も当然覚えてなかったし、まるで初めて読むかのように接することができたわ。
マルタ: そういえば、ミステリ読み始めの頃に、出会った作品だね。
クレタ: 初めて読んだとき、学生アリスがシリーズ化されているとは知らなかったから、江神部長、超怪しいと思ってたわ。知らない方のために言っておくと、彼は探偵役なのです。
マルタ: わかるよ、普通。というわけで、有栖川有栖のデビュー作「月光ゲーム」です。


448841401X月光ゲーム -Yの悲劇 '88-
有栖川有栖
東京創元社 1994-07

by G-Tools

[あらすじ]
夏合宿のために矢吹山のキャンプ場へやってきた英都大学推理小説研究会の面々の一行を予想だにしない事態が待ち構えていた。矢吹山が噴火し、偶然一緒になった3グループの学生たちは、一瞬にして陸の孤島と化したキャンプ場に閉じ込められてしまったのだ。その極限状況の中、まるで月の魔力に誘われでもしたように出没する殺人鬼。その魔の手にかかり、ひとり、またひとりとキャンプ仲間が殺されていく…。いったい犯人は誰なのか? そして、現場に遺されたYの意味するものは何?


クレタ: もう、言い飽きたけど、大学生が隔絶された空間に閉じ込められると、ロクなことがない。マジで。
マルタ: 総勢は、えーっと、1、2、3…8、9、10…15、16、17。17人! 多いね。
クレタ: 1ヶ月くらい一緒にいないと、全員の名前は覚えられませんよ、マジで。
マルタ: 噴火が起こって下界と隔絶される。天災系クローズド・サークルパターン。サヴァイブしないといけない状況の中での犯人探しだからね。登場人物たちはは二重の困難を抱え込んでいる。災害で死ぬか? 殺人鬼に殺されるか? さぁ、どっち! ってなもん。
クレタ: さっきルナの印象が残ってたと言ったけど、再読したら、竜子の何気なく言った数々の一言の方が予言的で興味深かった。もっと彼女を物語に絡ませて欲しかったな。後は、マーダーゲームとキャンプファイヤーのノリについていけませんでした。殺人が起こってからも緊張感があまり伝わらないし。もうちょっとそれぞれのグループ間でいさかいがあってもよかったかな。
マルタ: そういえば、月が人間の体に影響を及ぼすこと知ったのはこの作品だ。何かの折にはよく使うネタなんですよ。
クレタ: 前、使ってたね。
マルタ: 月関係では他に「月はみずから光を出しているか?出してないか?」というクイズも子供の頃よく言ってたな…。
クレタ: 出してないよね?

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]本・国内長編ミステリ | 23:19:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ