■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
なんだってココはこんなに懐かしいんだ/映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」

マルタ: 子供が大人のマネをするのは微笑ましく見ていられる。しかし、大人が子供に戻ってしまうのは始末が悪い。
クレタ: やけに大人びたしんちゃんも、大人の子供化にはタジタジでしたよ。絶えられなくなったしんちゃんが世界を元通りにするために立ち上がるんだもん。あの、しんちゃんがよ。
マルタ: ボロボロになりながら階段を駆け上がり、一言…ウッ(泣)。というわけで、泣ける映画との評判の高い「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」です。


B00006K0UKクレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
監督/原恵一 声/矢島晶子、ならはしみき
2002-11-25

by G-Tools

マルタ: 一番心をわしづかみにされたのは、万博会場で駄々をこねてる子供ヒロシがしんのすけに自分の靴のニオイかがされ、自分はもう子供ではないと気づく回想シーン。父親の自転車の後ろに乗っけらてる幼少時代から風呂上りのビール、プッハ~のところまでの一連の流れ。僕は全くそんな経験してないのに、わかるなぁと。何故かヒロシの人生を共有できてしまう。
クレタ: ふーん、原風景的なもんなのかな? 確かに夕焼けの商店街、豆腐屋のラッパ、蕎麦屋が自転車でこける。ヒロシが泣きながら「なんだってココはこんなに懐かしいんだ」と叫んでしまうのも、わからないけど、わかる。
マルタ: 不思議だね。僕たちの知らない世界はずなのに…。
クレタ: 不思議よね。でも、懐かしいニオイに対抗するために、現在の自分を維持し続ける手段が、靴のくっさいニオイとはね(笑)。
マルタ: ニオイをポイントに置いたのは正解かも。映画は音や画は表現できるけど、決してニオイは表現できないからね。観た人それぞれが想像するしかない。


[メモ]
10代、20代の中途半端な世代は何をしてたんだ? 懐かしさに回収されないはず!

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]映画・アニメ | 00:39:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ