■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
死んだ後にやり直したい1つのこと/映画「この胸いっぱいの愛を」

クレタ: 和美姉ちゃん役のミムラの雰囲気が全然違って驚いた。小説読んでイメージしてた和美とはかけ離れてたということじゃなくて、私のミムラは「ビギナー」の司法修習生のミムラなもんで。
マルタ: 回りくどいけど、言いたいことはわかる。
クレタ: 大物がチョイ役で出演してたのも興味深いね。倍償千恵子、中村勘三郎、古手川祐子に…重要な役どころだけど愛川欽也とか。
マルタ: 中村勘三郎の役なんかオイシイですよね。あれなら僕も演りたい。
クレタ: 小説版は少し前に読み終えてます。で、今回は映画の「この胸いっぱいの愛を」です。
マルタ: ひとつ断っておくと、小説版の肝となっているレッド・ツェッペリンとクロノス・ジョウンターは全く登場せずでした。後、お気に入りエピソードの夫婦も。


B000EGCWCEこの胸いっぱいの愛を
監督/塩田明彦 主演/伊藤英明、ミムラ
2006-04-21

by G-Tools

クレタ: 例えば私が死んだら、こういう終わり方をしたいな。思い残した出来事があるのか? と問われると思いつかないけど。
マルタ: 無意識的にあるんじゃない? 勝手に思い残した時に飛ばされてしまうから、そこで気づけばいい。
クレタ: なるほどね、私は一体何をやり直したいのかしら? うーん、死ぬのが楽しみになってきたわ(笑)。
マルタ: オイッ!

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]映画・国内 | 22:30:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ