■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
伝統コーティング
ボンジュール、ボンジョルノ、こんにちは、加納スイーツです。
晴れた日曜日にウッドデッキのチェアに座り、とっておきの紅茶を入れ、これまたとっておきのスイーツと一緒に過ごす…贅沢な時間。でも、今日は雨が降りそうだし、ヤメテおこう。
というわけで、ご紹介するのは「ルネス」(森永製菓)と「アンシス」(森永製菓)です。

ルネススイーツと聞けば、私はヨーロッパの小洒落た街並みをイメージしてしまいます。中でもフレンス、イタリアは別格の存在感を示しています。
石畳を歩いていると、レンガ造りの家から漂ってくる甘い香りに誘われ…空想。

アンシス昔ながらの伝統的スイーツを現代的にアレンジしたこの2つ商品。アーモンドを混ぜ込みサックリとした食感を楽しめるアマレッティをチョコでコーティングした「ルネス」。
そして、フランスのフィヤン修道院から生まれた小麦粉を薄くのばし焼き上げたフィヤンティーヌを細かくくだき、これまたチョコでコーティングした「アンシス」。
個装されているので一気に食べるというよりも、2種類を交互に食べていき、それぞれの伝統をアフタヌーンティと一緒にゆっくり味わうといったスタイルをオススメします。この方法だとイギリス、フランス、イタリアを同時に楽しめますからね。でも…




チョコレートでコーティングされてなかったら地味!

アマレッティはルネッサンス期。フィヤンティーヌは16世紀に産声を上げたそうな。別に古いから地味だというつもりはないけど…。そんなことより「アンシス」のネーミングがトヨタ車っぽいのが気になります。

というわけで、星3つ。
スポンサーサイト
[加納スイーツ]チョコ系 | 10:40:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ