■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本当はちゃんとわかってるんでしょ?/西尾維新「クビシメロマンチスト~人間失格・零崎人識~」
4061822500クビシメロマンチスト~人間失格・零崎人識~
西尾維新
講談社 2002-05

by G-Tools


語り部は「いっくん」だ。注意してかからねばならない。なぜなら彼は嘘つきだからだ。どうでもいいことだが、彼の名前をローマ字にすれば逆から読んでも…
彼は自分を「欠陥品」だと規定する。人に関心を持つことはないし、友達の顔も忘れるくらい記憶力がない。ましてや人を好きになる気持ちなんかわかるわけがない。


ダイイングメッセージ「いっくん」と同じで、自分の事を「致命傷」を負った「欠陥品」だと位置づける江本智恵が誕生日パーティの日に殺された。奇妙な偶然であるが、彼女も逆から読んでも…。
死体の横には筆記体でX/Yと文字が残されていた。ダイイングメッセージなのか?しかし被害者は即死状態とのこと、つまり犯人が残したメッセージなのである。


もちろん犯人は指摘され事件は解決を迎えた。


犯人は「いっくん」に江本智恵を殺したのが自分だと知ってほしいけれど、知られたくない。だから、残した文字で「いっくん」の記憶力に賭けている。当然「いっくん」の記憶力が欠けていることも知っている。また「いっくん」はこうも呟く、殺したくなかったけれど、本当は殺したかったのかもしれない、と。

「殺人を犯した自分を許せるのか?許せないのか?」私にはよくわからないのが結論。


[メモ]
貴宮むいみ(あてみや むいみ)のイラスト部分で「ATEMITA MUIMI」となっているが、「もしかして!?」と思っても無意味。


「x/y」ダイイングメッセージの答えはこちらから…




ダイイングメッセージ答え
葵井巫女子ちゃんの誕生日は「4月20日」でしたよね。
スポンサーサイト
[加納ソルト]本・国内長編ミステリ | 19:30:41 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
nisio isin・・・ああホンマや!面白いね。

読んでないからわからないんやけど、
この人の作品の登場人物の名前はかなり変わってるでしょ?
やっぱりそれって意図してのことなの?
2006-03-19 日 23:23:27 | URL | うなぎ [編集]
キャラを特徴づけるためにヘンテコな名前を付けてるわけでもなさそうだし…何の意味があるかわからないけど、ややこしい名前を付けてるくらいだから故意とでしょ。
2006-03-20 月 19:49:50 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ