■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
音楽アレコレ Part6~2005年~
早いもので、2006年も後わずか。何度か触れている極私的ミュージックランキングの選考も佳境を迎えつつあります。印象的には10月~11月に発売されたシングル曲が高評価を得そうな感じです。といっても、自分のさじ加減ひとつですけど…。

というわけで、今回は「音楽アレコレ Part6~2005年~」と題してお送りしましょう。年末によくあるちょっとしたプレイバック企画ですね(笑)。ちなみに、今回の記事は前ブログの「クレタとマルタ」に掲載してました。

では、まず邦楽Top20から。邦楽、いわゆるJ-POPは好んで聴くので、20曲選んでみました。

No.1 「ハナノユメ」 チャットモンチー (11/23)
我が誕生日にメジャーデビューを果たした3ピースガールズバンド! YUKIを彷彿させるのびやかな歌声のボーカルに今後も期待大。ということで年間ナンバーワンを獲得。

No.2 「愛し」 RADWIMPS (05/25)
何も言うまい。長く聴き続けるだろう一曲。ちなみに「へっくしゅん」のカップリング曲。

No.3 「歓びの種」 YUKI (09/07)
作曲者の蔦谷好位置氏いわく「これはホント名曲なんです」の発言に偽りナシ。しかし映画「タッチ」のテーマ曲だったことは誰も知らない。

No.4 「Get Ready-Nite 2 Remember- [feat. Sowelu & BIG-O]」 JHETT a.k.a.YAKKO for AQUARIUS (02/09)
Shalamarの「A Night To Remember」をサンプリングした曲。サビの部分が原曲より数段いい。Soweluってオリジナル曲はピンとこないがカバー曲を歌わせるとすごい才能を発揮するような気がする。「Morning Train(9 to 5)」とか…。

No.5 「KONOMAMA [feat. RIZE]」 Def Tech (06/29)
イントロのベースがかっこいいノリノリの1曲。ブリッジ部分の盛り上がりが最高。歌詞を知りたいがどこにもナシ。ワッサビジカルコンディション?

No.6 「My Way」 Def Tech (01/22)
続いてもDef Tech。そしてDef Techを世に知らしめた1曲。今年の前半はこの曲ばかり聴いてたな~。懐かしさを感じさせる一曲。

No.7 「to U [with Salyu]」 Bank Band (?)
ご存知「News23」のテーマ曲。発売されてるの?
※2006年7月19日発売された。

No.8 「キセキ」 植村花菜 (11/23)
「21世紀の古内東子」の異名を持つ(?)彼女の3rdシングル。

No.9 「a love story [feat. BENNIE K]」 SEAMO (10/12)
ミニ塾。塾長? シーモネータ? 最近はSEAMOなのね。曲もいいしCHIKOとの掛け合いもいい。

No.10 「DOPAMINE [loves EMYLI & Diggy-Mo']」 m-flo (02/23)
Diggy-Mo'がフューチャーされた曲にハズレなし!m-floはブリッジ部分が日本一ウマーイ。

No.11 「25コ目の染色体」 RADWIMPS (11/23)
初聴きで、グイッと引き込まれた。歌詞がなんとも…。メジャーデビューシングル。

No.12 「ピアノを弾いて」 FREENOTE (11/09)
ベースだったかな?脱退した後の曲。このバンドのボーカルもYUKIのようにのびやかなハイトーンボイス。小泉チルドレンならぬジュディマリチルドレンはますます勢力を拡大している。

No.13 「ドラマチック」 YUKI (06/29)
蔦谷氏の曲。YUKIと彼の相性はバッチリだ。この曲を聴くと「ハチクロ」のオープニングが頭に浮かんでくる。

No.14 「生まれ来る子供たちのために」 Bank Band (10/31)
Bank Bandの活躍はすごいものがある。聴くたびに涙があふれ出す(ウソだけど)。原曲はオフコース。

No.15 「and I love you」 Mr.Children (06/29)
今年1番発売を楽しみにしていた曲かもしれない。短期間に聴き過ぎて飽きた感がありますけど。

No.16 「Ride My Bike」 smorgas (07/27)
ラジオで1度聞いて以来のお気に入り。紹介してくれたSoul Campに感謝。

No.17 「Tomorrow's Way」 YUI (06/22)
少しかすれ気味な透明感のある声は好きなのです。琴線に触れる1曲。

No.18 「リニアモーターガール」 Perfume (09/21)
いつになったらブレイクするんでしょ?陰ながら応援してます。

No.19 「紫陽花」 椿屋四重奏 (06/08)
古い漫才師みたいなバンド名だ!しっとりとした名曲。

No.20 「秘密基地」 高田梢枝 (05/11)
彼女のホームページを見るとうつむいた写真ばかり・・・顔が気になる。エウレカのエンディングだった曲。

続いて、洋楽Top10。かなりベタな選出。

No.1 「Pon De Replay [feat. Elephant Man]」 Rihanna
アトムの子? ではないよね。こっちのRemixの方が好き。最後に「公文、公文」と連呼してるけど気にせずMove Your Body!

No.2 「Believe Me」 Fort Minor 
Linkin Parkの日系人が参加しているみたい。Jay-Zもかな? 聴きすぎた!でも飽きない。

No.3 「You're Beautiful」 James Blunt 
Joe Cokerの「You Are So Beautiful」か? 歌詞が実にストレート。

No.4 「Diamonds From Sierra Leone」 Kanye West
エヴァエヴァエヴァエヴァエヴァ…それだけ?

No.5 「Going Crazy」 Natalie
メロディがGood!

No.6 「Break You」 Marion Raven
こういうPopなRockが今の流行ですか?

No.7 「When I'm Gone」 Eminem 
Eminem引退との噂。歌詞の内容もそれっぽいことを言っているとかいないとか。今年のNew YorkでのLiveでも「Slim Shadyは終わった」発言してたしな。気になるところ。

No.8 「Someday」 Flipsyde 
一瞬Linkin Parkかと思った…ヒヤヒヤ。

No.9 「Don't Lie」 Black Eyed Peas 
ウフーフフッ、ウフーフフッにつきるでしょ!

No.10 「Technologic」  Daft Punk 
耳について離れない…。

最後は2005年発売以外で、我がiPodの再生回数上位10曲を選出。

No.1 「If I Ain't Got You」 Alicia Keys (2003)
Alicia Keysって才能あるんやな。知らんかったわ~。目の前でピアノを弾き語られたらトリハダもの。

No.2 「昨日のNo,明日のYes」 GAKU-MC (2002)
「ap bank fes '05」で桜井クンと歌ってたのを聴いて以来のお気に入り曲。「ap bank fes」のテーマに最も合っていたGoodな選曲だ。「明日のYes! そのためのfes その瞬間はイマです」

No.3 「Modern Times [feat. Charie Chaplin]」 J-Five (2004)
車のCMでも話題になったあの曲。フランス人ラッパーらしいよ。「チャップリンを知らないなら知って
おいた方がいいぜ」みたいな歌詞。「小さな恋の物語を見てないなら見ておいたほうがいいぜ(?)」これはブランキーということで…。

No.4 「How You Like Me Now?」 m-flo (2000)
今年もこの曲よく聴いたな。ハウライクミナウベビローテーションインベビヨー・・・ミナサマテビョ
ウシの部分だけが好きなんだけどね。歌詞は意味不明。

No.5 「ANSWER」 槇原敬之 (1991)
こんなイイ曲を今年まで聴き逃していた自分が恥ずかしい…。ステーション・ソング(または改札口ソング)の決定版!

No.6 「赤橙」 ACIDMAN (2002)
歌詞が幻想的であまり動きのない曲調。何度も聴けるね。

No.7 「How Does It Feel」 Avril Lavigne (2004)
後半にかけて素晴らしい展開。これは文句なしの名曲。言葉にならないときはアーアーでいいんだ。

No.8 「Hold Me Now」 The Polyphonic Spree (2004)
なんだか怪しげな団体さん。どっかの新興宗教みたいな衣装を着て歌ってました。

No.9 「Fat Lip」 Sum41 (2001)
去年は「Handle This」で今年はコレ。何故か知らないが「サムワン」って略してしまう。絶対違うってのはわかっているのに・・・

No.10 「All By Myself」 Eric Carmen (1975)
Celine Dionではなくて・・・この人の声せつないわ。

というわけで、以上「音楽アレコレ~2005年~」でした。果たして、2006年はどんな楽曲がノミネートされるのか?! 今から楽しみです。
スポンサーサイト


[加納ソルト]音楽 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ