■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子どもに秘密を打ち明ける理由/ロアルド・ダール「チョコレート工場の秘密」
4566014118チョコレート工場の秘密
ロアルド・ダール
評論社 2005-04-30

by G-Tools


クレタ: 毎日ひもじい思いをしている貧乏のチャーリー・バケツが住んでいる町にはチョコレート工場があってね、それは世界で一番でっかくて、世界一有名なチョコレート工場なんだ。不思議なことに、そんな有名で大きい工場にも関わらず誰も働いている人を見たことない。世界のチョコレートシェアNo.1なのに!不思議でしょ?だからさ、みんなはどうやってあんなおいしいチョコレートができてるのか興味シンシンなわけよ。ところがある日、ウィリー・ワンカさんが(この人が工場を経営してる人)大々的に新聞にこう発表したの。「我がチョコレート工場に5名の方を招待します!条件は子供であることと、チョコレートの中に入っている黄金切符をゲットした人に限る」って。まあそりゃ世界中大騒ぎの大パニック。黄金切符欲しさにチョコレートを買い占める人や、銀行強盗する人まで出る始末。子供限定なのにバカな話よ。そうこうするうちに、黄金切符を手にした子供たちが出てくるの。一番手は食い意地だけはったデブのオーガスタス・ブクブトリー。続いて、お金持ちの父親にチョコを買い占めさせたワガママ少女のイボダラーケ・ショッパー。3人目は年中ガムばっか噛み続け、晩ゴハンのときだけ耳の後ろにガムを貼り付けておく頭のヘンなバイオレット・アゴストロング。4人目はテレビが好きすぎて一歩も離れられないおもちゃの拳銃マニア、マイク・テレヴィズキー。とまあ、4人が決まって、残るは後1枚。予想はつくだろうけど、チャーリーが手にするわけ。しかしこの子は運がいいんだ、ホントに。今までは誕生日の日に1枚しか板チョコを買ってもらえない(1年間に1枚しか食べられないなんて…)ほどかわいそうな境遇だったのに、この黄金切符騒動の誕生日の年は4枚も食べられたんだもんね。そして待ちに待った工場見学の日になって、5人の子供たちはそれぞれの親(チャーリーだけは96歳のジョウおじいちゃん。ハレルヤ!)と一緒に、ワンカさんの案内でチョコレート工場を見学するんだけど、工場の中は想像を絶する光景が繰り広げられていたの…オシマイ。
マルタ: 長いよ。
クレタ: ちょっとしたあらすじギャグだから気にしないで。
マルタ: やれやれ。
クレタ: ロアルド・ダールってテレビ嫌いだったのかな?
マルタ: えっ、どうして?
クレタ: ワンカ氏がね、マイク・テレヴィズキーに対して冷たくあたりすぎでは?と思われるシーンがあるの。その後のウンパッパ・ルンパッパ人の歌(p234-238)も強烈だし。


マイク: ガムがいやらしいっていうんならさ、どうしてここの工場で作ってるの?
ワンカ: もごもごしゃべらんでくれないかね!きみの言うことはさっぱり聞こえない。


マイク: ダンゴッパナベリー?
ワンカ: 口をはさまない!
マイク: ダンゴッパナベリーってどんな味?
ワンカ: またもごもご言う。今度はもっと大きな声で話しなさい。



マルタ: これ子供にとったら一番キツイな。

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]本・海外長編小説 | 20:05:45 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ダールは児童文学でも毒のある作品を書いてますよね。『チョコレート工場』もその点ブラックな味です。まあ大人向けの作品にくらべると大したことないんですけど。
この作品、教訓がありそうでないところがすごいです。まだすれてない子供が読んだら、やっぱり強い印象を受けるんでしょうね。
ちなみにダールはたぶんテレビ好きですよ。自分のアンソロジー番組にホストとして出てたぐらいですから。
2006-03-23 木 22:37:36 | URL | kazuou [編集]
教訓などナイ!
幸運の切符のはずがメチャメチャされてる!
しかも子供が読む本で子供がメチャクチャされてる!
このおっさん絶対頭おかしいと思いました。
それと、チャーリー以外の子供の方がキャラが立っていて楽しませてくれるのに、ものわかりがいいチャーリーが最終的に残るのはダール的ユーモアなのかも知れませんね。
次は「あなたに似た人」という短編小説集が早川書房から出ているみたいなので読もうと思います。
翻訳を担当している柳瀬尚紀も変わった人ですね。
2006-03-23 木 23:11:54 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ