■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
マルタカンハレ/道尾秀介「シャドウ」

マルタ: 久しぶりの読書ですよ。
クレタ: そうねぇ。長編で言うと、北村薫の「ニッポン硬貨の謎」以来ね。
マルタ: 読んだ本はね「2007本格ミステリ☆ベスト10」に、なんと3作もランクインしていた道尾秀介さんの作品の中から1冊選んでみました。といっても、図書館に行ったときにコレしかなかっただけなんだけどね。
クレタ: でも、この作品が彼の最新作のようね。その名も「シャドウ」


4488017347シャドウ
道尾秀介
東京創元社 2006-09-30

by G-Tools

[あらすじ]
「人間は、死んだらどうなるの?」「いなくなるのよ」「いなくなって、どうなるの?「いなくなって、それだけなの…」その会話から3年後、鳳介の母はこの世を去った。父の洋一郎と二人だけの暮らしが始まって数日後、幼馴染みの亜紀の母親が自殺を遂げる。夫の職場である医科大学の研究棟の屋上から飛び降りたのだ。そして亜紀が交通事故に遭い、洋一郎までもが…。父とのささやかな幸せを願う小学五年生の少年が、苦悩の果てに辿り着いた驚愕の真実とは?(表紙裏)


マルタ: 何かよからぬことが起こっているぞ! と読み進めて行くうちに、背中のゾワゾワ感と、下半身の浮遊感がたまりませんでしたね。
クレタ: ちょっと、下半身の~という表現はいかがなものかと。特にこの小説の場合。
マルタ: でもね、助手席に乗ってて、道路に起伏がある場所を走行した時の、あのゾクッとした感じ? わかるかなぁ…あれに似た体験だった。
クレタ: わかんない。けど、いやーな気持ち悪さが全編に漂っていることは確かね。
マルタ: 当然のことながら、ラストのどんでん返しを期待して読んでるわけですよ、僕はね。でも、途中で「もう決まりやん! コイツで」みたいに、真相を勝手に解き明かした気になっていた。これが、ベスト10入りとは、もう日本のミステリは終わりだみたいなエラソウなことまで考えてた。
クレタ: 大げさなことを…。
マルタ: しかし、僕の想像の上を行くね、やっぱり。さすが、日本ミステリ。まだまだ安泰ですよ。
クレタ: どちらにしても、エラソウだわ。
マルタ: 僕が考える優れたミステリの一つに伏線がどれだけ、うまくバラまかれているか? というのがあるんだ。うまく言えないけど、この作品は二重の伏線が張られていたとでもいいましょうか?
クレタ: ???
マルタ: ニセの伏線とホンモノの伏線。僕はキッチリ、ニセの伏線の方を走らされたわけ。だから、間違えた。まぁ、この作品は一言でいえば、「伏線まみれ」です。
クレタ: ふーん。メチャメチャあるわけね。でも、覚えておくのが大変そうね。ところで、かなりしょっぱい感想ですけど、他に何かないの?
マルタ: そうですね…おもしろかったです。
クレタ: 登場人物のココがこうだとか? あのシーンのアレはどうだとかは?
マルタ: そうですね……
クレタ: ないの?
マルタ: そうだなぁ…
クレタ: なさそうね。

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]本・国内長編ミステリ | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
どんでん返し小説を山ほど読んできましたが、それでも引っかかりました。全体を覆う暗鬱な雰囲気も好み。
でも、わりと常識内におさまる感じだったのが、ちょっと物足りない感じ。『向日葵の咲かない夏』が、あまりにぶっとんでいたので、その後読んだ『シャドウ』が、わりあい普通に感じられたのかも。
2007-01-07 日 22:43:27 | URL | kazuou [編集]
キッチリ
騙されました。それぞれが怪しい動きをしていたので、どうにもこうにも…私は一人の人に注目して読んでたので、「コイツだ!」と思ったんですけどね…。
私も結構好きな系統の作品です。伏線のスパイスも効いてますしね。次回、借りれれば「向日葵の咲かない夏」を読んでみます。タイトルからして怪しいですね。
2007-01-07 日 23:32:40 | URL | 加納ソルト [編集]
「伏線まみれ」なんですねー。私は『向日葵の咲かない夏』を読み始めたのですが、序盤でもう引き込まれつついます。
次は『シャドウ』を・・・なんて思っていましたが、kazuouさんのコメントを見てるとあまり期待しないで読んだ方がいいのかな?
でもどんでん返しがある小説は好きなのでちょっと楽しみ♪私もきっちり騙されるんだろうな・・・。
2007-01-08 月 21:04:32 | URL | TKAT [編集]
そうですねぇ…
「伏線まみれ」ってのは、言い過ぎかも知れません。伏線の回収のされ方が好みでした。ちょっとした違和感を後で「こういうわけでした」と説明してくれるので気持ちがよかったです。
とにかく、参考にならない「しょっぱい感想」ですいません。

私も「向日葵の咲かない夏」は読みたいです♪
2007-01-09 火 00:04:49 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ