■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
見えない姿/乙一「SO-far そ・ふぁー」

クレタ: 引き続き、乙一「ZOO」。今日は「SO-far そ・ふぁー」ですね。
マルタ: 中学生になった僕が幼稚園の時に体験した不思議な出来事を語るという設定だね。
クレタ: これまた、奇妙な世界。
マルタ: うん。お父さんが死んだ世界とお母さんが死んだ世界の間に生きる主人公。お互いが見えないので、父と母をつなぐ役割として生きる姿が切ないです。


4087460371ZOO 1
乙一
集英社 2006-05

by G-Tools

マルタ: 人によって見えてる現実が違うってのは、日常生活でもよくある話。例えば、同じ場所にいて、同じ出来事を見たはずなのに、後で話し合うと、えっ? そんなことやってた? ってことは多々あるからね。
クレタ: 誰かが言ってたけど、未開の現地人に車を見せても、見えないと。存在することがわからないみたいな奇妙な事が起こるって聞いたことがあるわ。あれってホントかしら?
マルタ: さぁ? どうなんだろうね。結末はかなり突飛なんだけど、両親に対してどういう気分でやっていたのか? と問いたいね。
クレタ: 確かに。だって見えてるわけだもんね。不思議がっている子どもを横目に、まぁよくもこんな馬鹿げた演技ができたもんだわ。悲しくなります。
マルタ: でも、透明人間なり方マニュアルとして考えれば、興味深いかも。

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]本・国内短編ミステリ | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
これはちょっと奇妙な作品でしたね。
「どういうことだろう?」といろいろ自分なりに考えながら読みましたよ。
しかし結末を知ると・・・ホント、子供が可哀相です。
2007-01-24 水 23:46:23 | URL | うなぎ [編集]
同感です。
2007-01-25 木 19:50:42 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ