■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
心の雨あがる/映画「雨あがる」
B00005HKPD雨あがる
監督/小泉堯史 主演/寺尾聰
2000-09-06

by G-Tools

[あらすじ]
武芸の達人でありながら、人の好さが災いして仕官がかなわない武士・三沢伊兵衛とその妻・たよ。旅の途中のふたりは、長い大雨で河を渡ることが出来ず、ある宿場町に足止めされていた。ふたりが投宿する安宿には、同じように雨が上がるのを鬱々として待つ貧しい人々がいた。そんな彼らの心を和ませようと、伊兵衛は禁じられている賭試合で儲けた金で、酒や食べ物を彼らに振る舞う。翌日、長かった雨もようやくあがり、気分転換に表へ出かけた伊兵衛は若侍同士の果たし合いに遭遇する。危険を顧みず仲裁に入る伊兵衛。そんな彼の行いに感心した藩の城主・永井和泉守重明は、伊兵衛に剣術指南番の話を持ちかけた。ところが、頭の固い城の家老たちは猛反対。ひとまず御前試合で判断を下すことになるが…。


クレタ: 最初に断っておくと時代モノは苦手なんです。寝てしまうかなと思ったけど、最後まで観れました。しかし、ゆったりとした映画でしたね。妻・たよさんの動きが遅いこと…。
マルタ: 伊兵衛も「ちょっと汗を流す」みたいなこと言って、ゆっくり歩いては所々で刀を軽く振るだけだしね。あれでは汗がでないかも(笑)。
クレタ: 殿様だけがやけにこの映画で浮いた存在だったね、せわしないというか…滑舌が悪くて何を言ってるのかよくわからない。伊兵衛とのファースト・コンタクトの場面もしゃべっている殿様の馬だけ暴れてたし。しゃべる時は馬をまず落ち着かせてからにしてよ!
マルタ: 確かにあの人の印象が強烈に残る映画だ(笑)。
クレタ: 雨がもっと降り続くかと思ったけど、早々にあがったわね。
マルタ: 妻・たよさんの心の変化なのかな?賭け試合をして得た金で貧しい人たちに食べ物を振舞った。彼女は賭け試合を嫌っていたけど、伊兵衛の本当の優しさをその時に知る。だから雨があがった。
クレタ: たよの心に降り続いていた雨なのか…。

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]映画・国内 | 19:13:01 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
「たよの心に降り続いていた雨」かぁ、う~んいいねぇ!
あの殿様、ホンマに奇妙に見えたけど、三船敏郎の息子やったんやね。
最後、追いついたんやろうねv-389
2006-03-26 日 23:40:05 | URL | うなぎ [編集]
「雨上がる」はみたの?
なるほど、三船敏郎の息子か!どうりで素人くさいと思った。
追いついているかな?もしかしたら通り過ぎてるかもよ。気持ちが先へ先へ行くタイプだったし。
2006-03-27 月 20:52:04 | URL | 加納ソルト [編集]
観たよ~v-411
実は途中でちょっとだけ寝てしまってんけどね。
2006-03-27 月 23:09:15 | URL | うなぎ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ