■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
10ドルは誰が?/ジャック・リッチー「10ドルだって大金だ」

クレタ: 今回は表題作の「10ドルだって大金だ」です。銀行の金庫の中に10ドル余計に入っていたことで、検査官に迫られ、今までノーミスでパスしてきたウェブスターは焦ります。とりあえず、明日までの猶予をもらいその場を凌ぎます。でもその余分な10ドルは、行員2人のうちどちらかが、入れたことは明らかなんだよね。
マルタ: 10ドル足りないんだったら、わかるけど…多いんだよね。
クレタ: 抜いとけばいいじゃん! って思うけど、そうも行かない。何故ならもう既に金庫は閉じられ、タイマーがセットされているの。そして、開くのは9時で、その時間ちょうどに検査官が来る予定になってる。
マルタ: さぁ、果たして10ドルを余計に入れた真犯人は誰なのか? そして、検査官が来る前に10ドルを抜き取ることはできるのか?


430980101310ドルだって大金だ
ジャック・リッチー
河出書房新社 2006-10-13

by G-Tools

クレタ: この作品はおもしろかったわね。てんやわんやぶりが。
マルタ: 行員2人も、ものすごくエエ人だし。僕が検査官なら、10ドル多くてもいいよって言ってあげるね。
クレタ: フフッ…(笑)。優しいのね。
マルタ: しかし、オチは意外や意外! 何たることかっ! と叫んでしまいそうです。

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]本・海外短編ミステリ | 23:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ