■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
極限状況とアイロン
アイロンがけは、嫌い。でも、楽しめそうな方法をテレビで発見しました。しかし…どこで、アイロンかけとんねん! 今晩は、加納トマトです。

アイロンがけという辛気臭い行為を、スリル満点の行為に変える。それを「エクストリームアイロニング」と言います。
エクストリームアイロニングとは、山や海、川などの厳しい自然環境下において、アイロン台を出し、涼しい顔で平然と服にアイロンを掛けるというスポーツで、アイロンがけを行う場所としては、そこに到達するだけでも厳しい岩肌、海中、山頂、空中(スカイダイビング中など)、激流でのカヌー上、波乗りの最中、スキーの最中、強烈な人混みの中など、とにかく「極限下で」という事が絶対条件となるそうです。

何ともスゴイ! 死と隣り合わせのアイロン。まさに鉄人しかできません! そもそも何故アイロンを極限状況下でかけなければいけないのか理由が一切不明。それがまたカッコイイ!

アイロンがけ観たときは「何をしているんや~?」と思いましたが、だんだんとエクストリームアイロニングの魅力? に引き込まれてしまいました。かなり変なスポーツ(?)ですが、奥の深そうなスポーツです。
ちなみに、テレビでは、自転車に乗って勢いよくアイロン台まで走り、アイロンをかけたり、鉄棒に脚を引っかけ、宙づり状態でアイロンをかけたりしていました。でも、全然服はパリッとしてないことは確実です。


もしエクストリームアイロニングがオリンピックの公式種目に認められたら、まだ競技人口が少ないので私でも、オリンピックに出られるかも~。な~んて。シチュエーションは高圧電線の鉄塔をよじ登り、そのてっぺんでアイロニングしようかと…

とにかく、このスポーツは絶対流行りそうな予感です♪
スポンサーサイト


[加納トマト]雑記 | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんばんは♪
知ってます知ってます!
すこし前、通勤前に毎日見てる「おはよう朝日です」でも紹介されてた記憶が・・。
なんでこれがスポーツに?!?と思いつつちょっと興味が(笑)。
公式種目になったら私も出れるかも?加納ソルトさん、日本選抜大会で会いましょう!!
2007-03-12 月 22:26:40 | URL | TKAT [編集]
TKATさん、ごめんなさい。ソルトじゃなくて、トマトなんですけど~…。
私も「おはよう朝日です」でみました~。
面白いというか変なスポーツですよね!
実はエクストリームアイロニングをしている写真を撮ろうと計画中なんです…
いいのが撮れたら(そういう問題?)、日本選抜大会で会いましょう♪ソルトはたぶん来ませんが…
2007-03-13 火 23:26:45 | URL | 加納トマト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ