■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
十分間、時間を欲しいの/ジャック・リッチー「円周率は殺しの番号」

クレタ: 短編のいいところは、ちょっと空いた時間でサラリと読めるとこね。と、簡単に前置きをしたところで、現在進行形で読書中のジャック・リッチーの短編集より、今日は「円周率は殺しの番号」です。
マルタ: 何かルパン三世を思わせるタイトルだな。実際にありそうだし…。
クレタ: 村上春樹的な印象を受ける出だしよね、この短編。
マルタ: うん、ワタナベトオルに突然電話をかけてきた加納マルタ的雰囲気があるね。奇しくも僕と同じ名前だけど…。


430980101310ドルだって大金だ
ジャック・リッチー
河出書房新社 2006-10-13

by G-Tools

クレタ: 内容は、死体を見つけた時、近くに止まっていた高級車が「僕」のものであると、ある日突然訪ねて来た見ず知らずの女に追及されるという話。
マルタ: 何故持ち主がわかったかというと、ナンバープレートを覚えてたからなんだよね。「31416」という数字なんだけど、円周率と同じ。
クレタ: 「僕」は追求をかわして行きますが、今までの短編集の流れから言うと、やはりコイツが犯人だ! と考えてしまうわね。
マルタ: いや、実際に犯人なんだ。ポイントはこの国では、ナンバープレートは更新制であるということ。
クレタ: まぁね。でも、そんなことは瑣末な問題だわ。本当のポイントは「32048」が日本では殺しの番号ってこと。

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]本・海外短編ミステリ | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ