■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ベストセラーを支える善意の読者/斉藤美奈子「趣味は読書。」
去年は47冊の本を読んだ(途中で放置した短編集を含まない)わけですが「趣味は読書。」であると言えるギリギリの範囲か、それともその程度では趣味じゃないよ、と言われてしまう微妙な位置にいます。でも、人にご趣味はと尋ねられたら、「本を読むことかな?」なんて答えています。しかし、仕事以外の時間は音楽やゲーム、テレビに費やしている時間が圧倒的に多いのは確か。故に活字中毒者と呼ばれる人くらいが「趣味は読書。」だと言い切れる存在なのかな? と、どうでもいいことを考えてしまいます…。そういえば、森博嗣が、読書を趣味をとする人は、非常にマイナーな存在で、鉄道模型マニアの方がメジャーな趣味だと言っていたと記憶します。これまたどうでもいいことですが…。

趣味は読書。趣味は読書。
斎藤美奈子
筑摩書房 2007-04

by G-Tools


この作品は「ベストセラー本は一体誰が読んでるの?」をテーマに書かれています。しかし、ベストセラー本ってのは、周り(いわゆる「本読み」と呼ばれる人たち)で誰も読んでいる気配はない。しかし、何故かあらすじ的なモノは巷で流布していて、その本を読んだ気になって批判している。その本たちを斉藤美奈子さんが実際に読んで、本読みたちが批判しているのは正しいのかどうかを検証するため、内容をレポートしてくれている作品です。著者独自の視点で「これは○○小説だ!」などと分類化しているので、ベタ分類好きな私には非常に楽しく読めました。
しかし、売れている本ってのはハンパなく売れてるんですねぇ…。CDセールスでミリオンを出して「スゴイ!」なんて言ってる場合じゃないほど、売れてる本は売れています。「ハリーポッター」にはただただ絶句するばかり…。
とまぁ、50冊弱ほどのベストセラー本が取り上げられていますが、私が読んだのは村上春樹「海辺のカフカ」とリリー・フランキー「東京タワー」の2冊のみ。

余談ですが、時々ニュースで詐欺に引っかかる被害者を目にします。この世界ももしかしたら「特定の被害者」で構成されている世界なのかもしれません。
スポンサーサイト


[加納ソルト]本・その他 | 08:58:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ