■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
セーラー服と機関銃/桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」

クレタ: ミステリかと思って手を出したけど、これは…。
マルタ: 不思議な世界でしたね。「かんばせ」って言葉がこれでもか! って出てくるし。「かんばせ」って顔つきのことらしいね。
クレタ: 美少女・七竈と美少年・雪風の「かんばせ会話」とでも言いましょうか? 短い単語でのやり取りがなんとも言えません。
マルタ: かんばせカンバセーション? がたたん…。
クレタ: ごととん…。
マルタ: クレタ…。
クレタ: マルタ…。はい、終了! というわけで、桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」でございます。
マルタ: この作品で勝手に平安時代の京の香りを感じ取り、クンクンしてしまいました。
クレタ: 匂いますか?
マルタ: 無臭でした。けど、いい匂いがします。


4048737007少女七竈と七人の可愛そうな大人
桜庭一樹
角川書店 2006-07

by G-Tools

[あらすじ]
川村七竃は美しいかんばせを持って生まれた呪われた美少女。鉄道を愛し、孤高に生きる。いんらんな母は、すぐに新しい恋におちて旅に出る。祖父と二人の日々。周囲から常に注目される彼女が心を許すのは親友の雪風だけだ。二人でつくる鉄道模型の世界。完成された世界。母のかつての男の訪問、噂をききつけたスカウトの誘い、可愛そうな大人たちの騒ぎはだんだんと七竈を巻き込んで…。


クレタ: 川村優奈は突如「いんらん」になり、辻斬りと称して、七人の男と関係を持った。その中の一人の子どもとして生まれた美少女・七竈。どれくらい美少女かというと、もうすんごい美少女なんです。
マルタ: はぁ。そうでしたね。全然隠されてませんでしたが、雪風の父親が、七竈の父親でもあるわけ。成長するにしたがって、どんどん似てくる二人。いつかは離れて行かなければならない設定になってましたね。ちょうど「夜のピクニック」の貴子と融とは逆方向の関係を辿ってます。
クレタ: どちらかというと、七竈と雪風の関係の方が好みですな。「少年は思い出になる」これって名言じゃない?
マルタ: 本のジャケットも印象的。雪風とおぼしき少年の小指には、七竈とおぼしき少女の長い髪の毛がしっかりと蝶々結びで巻きつけてある。しかし、この髪の毛は七竈が旅立つときにバッサリ切られてしまうんだよね。
クレタ: セツナイですな。結婚式場で望遠カメラを機関銃に例えた雪風もセツナイですな。シャッターを切ることで、七竈を殺す。
マルタ: でもその時、サンボマスターの曲を口ずさんでましたね(笑)。ここら辺りは普通の高校生。
クレタ: 雪風には似合わないですよね?
マルタ: ミステリ的には「母親がいんらんになった理由」ってのが最後まで隠されてます。しかし、そんなことは、どうでもいい。問題は、この歪んだ狭い世界は完璧で、心地よく…いつまでも続いて欲しいが続かない。ある種の関係性の清算の仕方を学んだ気がします。♪さよならは別れの言葉じゃなくて…
クレタ: うわぁ、何か無茶苦茶な感じになってますね(笑)。

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]本・国内長編小説 | 18:42:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ