■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
こてーいうて落ちよったんや…ほんまにこてーいうて落ちよったんや。/村上春樹「ことわざ」
先日、図書館の児童書コーナーで「ミステリーランド」シリーズを探していたら、「はじめての文学」シリーズを発見したので、借りてみた。白地に大きな丸が描かれたデザインが特徴。丸の中の色がそれぞれ違い、私が手にした村上春樹バージョンは黄緑色である。
若い人向けに編まれた作品集ということで、若干文字も大きめ。くだんの「ミステリーランド」並みの大きさだ。いつも思うが、若い人向けなんだから文字は別に大きくなくてもいいと思う。老眼から遥か彼方に位置しているのだから、小さくて大いに結構。逆に大人向けの本は文字サイズを見直した方が有効だ。

短編集なので、どこから読み始めてもオッケー。ということで、ショートショートの「ことわざ」を読んでみた。ページ数は2ページ。読了時間は1分くらいか…。

4163598103はじめての文学 村上春樹
村上春樹
文藝春秋 2006-12-06

by G-Tools


この作品は「夜のくもざる」に収録されていたかな? こてこてした関西弁で書かれた「猿が本当に木から落ちたのを見た」というだけの話。ポイントは擬音の「こてー」ですね。おもしろすぎます! そして、いくらでも続けられそうなエンドレスショートショートとなってます!
スポンサーサイト


[加納ソルト]本・国内短編小説 | 07:41:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ