■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スプリットタンって知ってる?/金原ひとみ「蛇にピアス」
「蛇にピアス」を初めて耳にしたとき、新しい諺かと思った。動物プラス人工物という組み合わせの場合、多くは「価値のわからない人に価値のあるものを与える」意味になる。例えば「猫に小判」や「豚に真珠」などなど。確かに蛇にピアスをしたところで、何ら意味がないし、下手をすると動物虐待的な話になってしまう。しかし、「蛇にピアス」は金原ひとみが芥川賞を獲った小説である。

4087460487蛇にピアス
金原ひとみ
集英社 2006-06

by G-Tools


今まで、必ず仕事が終わると、家に帰宅していた男が帰ってこない。心配した同棲中の女は取り乱す。もしかすると、男は殺されてしまったのではないか? 女がそう考えるには理由がある。何ヶ月か前、チンピラに絡まれたところを助けた男がそのチンピラをボコボコにしてしまい、女は後日、新聞でそのチンピラと思われる男が死んでいたことを知るからだ。
そして、真犯人はひょんなところから発覚する。敵はいつも近くにいるというハリウッド的展開。

しかし、この小説はミステリとして読むことに意味はない。
スポンサーサイト


[加納ソルト]本・国内長編小説 | 21:48:22 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
もう2年以上前になるかな。
「なんで芥川賞を受賞したのか?」と気になって読みました v-410
たしか、舌にピアスをして、徐々に大きくしていくんだったよね。
そして最後には裂く!・・・・・・
考えただけでも痛そう v-393
2007-07-08 日 23:28:32 | URL | うなぎ [編集]
痛いよ。
14Gから始めて、急激に0Gまで行ってしまうルイ。たぶん汚いスプリットタンになったことでしょう。
2007-07-09 月 21:52:08 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ