■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
もしも世界が…/映画「タイムマシン」

クレタ: 昔ね、ドライモンさんがタイムマシンについてこんなことを言っていたのを思い出した。「タイムマシンってないと思うねん。もしあったらもう未来から来てるはずやろ!」うろ覚えだから、もうちょい違う内容だったかも知れないけど…だいたいこんな感じ。「あー、なるほど」と感心したのを覚えているわ。
マルタ: ドライモンさんは時々心に残る名言を吐きますね。僕自身はUFO=タイムマシン説を採用しています。


B000BTCMJWタイムマシン
監督/サイモン・ウェルズ 主演/ガイ・ピアース
2005-11-18

by G-Tools

クレタ: 今回はSF不朽の名作、H・G・ウェルズ原作の映画化である「タイムマシン」ですね。
マルタ: 確か映画館で観たよね?
クレタ: なんとなく観たような…観てないような…、もしかしてさっきの話はこの映画観た後の話だったっけ?
マルタ: タイムマシンがあればすぐわかるけどね。残念ながら…ない。内容に戻ると、デート中に恋人エマが強盗に殺されてしまって涙にくれる科学者アレクサンダー。しかし、エマを過去に戻って助けようと考え、不眠不休で研究に打ち込む。心配した友人は「起きてしまったことは変えられない」と忠告するが、「僕が変えてみせる」と高らかに宣言し、研究にますます没頭する。そして、ついにタイムマシンは完成する!早速乗り込み、エマを助けに過去へ行くが…。
クレタ: ドラえもん世代の私としてはあのタイムマシンの描き方は斬新でしたね。タイムマシン自体は動かないで周りの景色だけが高速に変化していく。
マルタ: でも、アレクサンダーの部屋が昔は海だったら、即刻溺れているね。物語終わってしまうから戻りすぎには注意が必要だ。「使用する場合は以下の点にご注意下さい…」と、取扱説明書には書いてあるんだろうけど…
クレタ: 過去に行ってみたけど、今度は車に轢かれて死んでしまう。結局エマを助けることはできなかった。1度過去に行っただけで、「過去を変えることはできない」とわかるのはやっぱり頭がいい証拠ね。私なら何回か試してしまうわ。そこで、「何故過去は変えられないのか?」未来を訪ねて教えてもらおうとする。なかなかおもしろい展開!後はどれだけ魅力的で、誰も見たことのない未来像を提示できるかがこういった映画の勝負どころ。80万年後?とんでもなく未来に飛んで行ったけど、「猿の惑星」的原始回帰イメージでしたね。
マルタ: アレクサンダーは再び「過去を変えることができるのか?」と問うが、80万年後の世界の人は諦観した態度で「我々は過去を引きづらず、心に刻むのだ」と語る。また対立する種族の長ウーバーは「現在があるのは過去があるからだ。エマの死はおまえがタイムマシンを生み出すためには不可欠な出来事であるが故に、逆説的にタイムマシンで過去を変えることはできない」と。果たしてアレクサンダーはこの時代で何を思うのか?


[メモ]
科学者なのに体力があり、強い!

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]映画・海外 | 22:58:12 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
 褒められたのかな?
 このタイムマシンはMXで取ったけど、コーデックが合わなくて見れないままです。
2006-04-10 月 19:53:18 | URL | ドライモン [編集]
これ失敗作ですよね。個人的には面白かったんですけど。
恋人を助けるためにタイムマシンを作る…、つかみは良かったのに、どんどん話がずれていって、前半と後半がちがう映画のようでした。
ちなみに、タイムマシンがそのままで外の世界だけ変化する、というのは、たしか梶尾真治の作品でありました。
2006-04-10 月 20:12:31 | URL | kazuou [編集]
>>ドライモンさんへ
あの時は本当に感心したので、今でも覚えてるわけです。

未来に行って原始的になる設定と全てを見通す者的設定は勘弁願いたいものです。原作を未読なのでわかりませんが原作もこんな感じなのかな?
個人的には恋人助ける話で押してもおもしろかったかなと思います。助けたけど、結婚した後彼女が急変して嫌なやつになって、またタイムマシンで戻ってやっぱり殺しておく展開など…。コメディでしょうか?
2006-04-10 月 21:22:38 | URL | 加納ソルト [編集]
実はもう未来からやってきている者達はいるかもしれないよ。
ただ、過去に戻って事を起こすと未来が変わってしまうので、時空警察に逮捕されますv-389
なので、おとなしく静観しているだけなのでしょう!

「彼女が死ななければ、タイムマシンは出来なかった。」
つまり、過去に戻って彼女を助けることが出来ると矛盾が発生するってわけだ。
だから、絶対に彼女を助けることは出来ないってことだったね。
これは「なるほど!」と思ったなぁ。
2006-04-10 月 22:55:28 | URL | うなぎ [編集]
過去を変えることの矛盾を暴き出したのはこの映画の功績ですね。
過去を変えることはできないかもしれないが、未来を変えることはできる。この映画を見て率直な感想はそれです。

もしも世界が…。
2006-04-11 火 19:20:51 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ