■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
だーれが殺した郵便屋さん?
クレタ: 7回目。
マルタ; フランク・キング「8:45列車内の死」です。偽造事件の犯人を追ってプラットホームに張り込んでいた私立探偵ポールとドランズ・フィールド首席警部。情報によると、8:45に到着する列車に手配中の男が乗っているとのこと。結局男は乗っていなかったのだが、その列車に連結されている郵便車両で事件は起こっていた。不幸なことに乗っていた2人の郵便局員の一人セルウィンがクロロフォルムを嗅がされ意識不明。もうひとりのバクスターは列車の屋根の上にひっかかるような感じで死んでいた。その郵便車両には郵便袋に現金書留や有価証券などが入っていて、それを盗む目的のために殺されたのだと思われる。捜査が始まると、セルウィンにクロロフォルムを嗅がせるのに使ったハンカチがバクスターのものだとわかり、バクスターに疑いが向けられる。また屋根の上にひっかかって死んでいたのは列車から脱出しようとした際に橋にぶつかったからだと判断されてしまう。強盗して運悪く死んじゃったと。
クレタ: 走る列車の屋根に乗るときは絶対気をつけないといけませんよね。頭上注意オー怖っ。映画でもよく出くわす光景です。
マルタ: ややこしいけど、清水の舞台から飛び降り系オトシイレ系だね。
クレタ: ネクスト クレタ's ヒントは「壊れた時計」。時計が何故壊れたのかを考えればおのずと謎は解かれるかと…。
マルタ: 明日もやるの?
クレタ: やりません。
スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]本・海外短編ミステリ | 22:52:06 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
あっ、コナンだ!v-411

やっぱり逃げるにしても、屋根はダメでしょう!
ジャッキー・チェンなら上手くかわすんだけどねぇ。
2006-04-12 水 00:24:54 | URL | うなぎ [編集]
今、絶対口にしたらダメな言葉でいうと、イナバウアーで避けるね。
あれは「マトリクッス」のキアヌか?
「スピード」ではデニス・ホッパーが屋根の上にあがって、頭がグシャッ!となっていた。
相手役は…やっぱりキアヌだ!
2006-04-12 水 18:59:54 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ