■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
僕が死んだら…/エドモンド・ハミルトン「帰ってきた男」
フェッセンデンの宇宙 著/エドモンド・ハミルトン
「帰ってきた男」

4309621848クレタ: 「世にも奇妙な物語」だったかな?記憶は定かじゃないけど、ある男の子が片想いしている女の子の気持ちを確かめるために、友人と一緒に計画を立てて、死んでもいないのにお葬式をあげる話があったのね。男にしたら「自分が死んだらあの娘は泣いてくれるか?」が知りたくて、死んだフリをして(無理がありすぎるけどね)無事葬式をあげることに成功したの。それで彼女も葬式に来てくれて「ずっと好きだったのに…」という待ちに待ったセリフが聞けて大喜び。でも、葬式が終わるまではジャジャーン!と棺から出るに出られないじゃない?彼は退屈になってきて寝てしまうの。気づいたら焼き場に連れて行かれて本当に死んでしまうというおバカな話。前置きが長くなって悪いけど…
マルタ: オイオイ、友人はなんで止めないんだ(笑)。実はその友人がライバルを消そうとして仕組んだ計画的犯罪なんじゃないのか?相手がバカだと思って(笑)。今回は早すぎた埋葬がテーマの「帰ってきた男」です。あらすじはこんな感じ。

持病の強硬症の昏睡(死んだ状態と見分けにくいらしい)のせいで死亡したものと勘違いされ、埋葬されてしまったジョン・ウッドフォード。彼は埋葬された10日後に目を覚ます。必死の思いで、棺から脱出し、死んだと思った夫が生き返ったことに喜ぶ妻ヘレンの顔が見たくて、ヘレンのもとへ向かうのだが…。
ヘレンがジョンの友人と長年、愛を育んでいた事実を窓越しからの会話で知ってしまう。心優しいジョンは今自分が出て行けば妻の顔に泥を塗ることになると、そそくさと退散。次は息子のところへ、するとまた家の窓越しから会話が漏れ聞こえる、父の保険金のおかげで事業が始められそうだと。またしてもそこから逃げるように退散。
「この街では生きていけない」と思い、街を出ようと決意するジョンは当面のお金を借りようと生前(?)働いていた社長の家に電話をかけるが、信じてもらえない上に「あいつは能なしだった」と死んでせいせいしてる口ぶり。友人にもかけるが、これまた取り合ってもらえない上に「世界一の厄介者だった」とジョンに成りすまして金をせびるなんてバカだと捨て台詞を吐かれてしまう始末。
当てがなくなったジョンは途方に暮れる。さらに悪いことに粉雪が混じった風が吹いてきた。寒さを堪えきれなくなったジョンは「ある場所」へと向かうのだった。

クレタ: この話は涙なくして読めませんね。
マルタ: 死ぬのが怖くなったよ。もしかして僕が死んだ後、親しくしていた人たちは…なんて考えるとね。オチオチ死ねない。
クレタ: いっそのこと擬似葬式やって確かめてみる?
マルタ: それだけは勘弁!
スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]本・海外短編ミステリ | 23:44:28 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
 アメリカの大学バスケだかフットボールだかの監督が、負けた試合のインタビューで怒りを込めてこう言ってました。「俺が死んだら頭を下にお尻を上、上下逆さまに埋葬しろ!そして俺の墓に墓参りに来た奴には俺の尻の穴を拝ませてやるんだ。」と。
 あとは、ピーだらけで何を言ってたのかわからなかったけど。
2006-04-20 木 00:25:18 | URL | ドライモン [編集]
アス○ール的なことでしょうか?
2006-04-20 木 22:02:47 | URL | 加納ソルト [編集]
たまに思うことがあるよね。自分が亡くなったら、どれだけの人が葬儀に
来てくれるのか、どれだけの人が悲しんでくれるのか?

だけど実際は、葬式って、人が集まるキッカケでしかないんだよな。
同級生の葬式なら同窓会みたいになっちゃう。
本当に悲しんで駆け付けてくれる人って少ないでしょう!?
2006-04-21 金 00:07:31 | URL | うなぎ [編集]
社会人になるとほとんど義理でしょうね。悲しいな…。
この短編は非常にオススメです。
2006-04-21 金 19:34:20 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ