■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
脱・吉野刈り宣言/映画「バーバー吉野」
B0002ZEV5Sバーバー吉野
監督/荻上直子 主演/もたいまさこ
2004-10-22

by G-Tools


[あらすじ]
昔からの伝統で、小学生の男の子は全員「吉野刈り」と呼ばれる髪型にされてしまう町があった。「吉野刈り」は前髪をキッチリと揃えられたダサダサスタイルで、町で唯一の理容室「バーバー吉野」のおばちゃんが全ての男の子の髪を切り、吉野刈りの伝統を重んじるおばちゃんは男の子達のヘアスタイルを常にチェックしている。ある日彼女の息子ケイタのクラスに東京からサカガミくんが転校してきた。彼のヘアスタイルは当然吉野刈りではなく、かっこがよい。彼は髪型は自由であるべきだという考え方の持ち主で、髪型を吉野刈りにするのを断固拒否する。「決まってるからしょうがない」と半ば諦めていたケイタ、カワチン、グッチ、ヤジ4人はサカガミくんに賛同を示し、自分たちもかっこいい髪型にしようと行動に移す。がしかし、ついにサカガミくんに吉野のおばちゃんの魔の手が忍び寄る…。


マルタ: 「ショコラ」的伝統を頑なに守る町に、異分子(サカガミくん)がやってきて、触発された周囲が駆動力となり、町を解放していくお話だね。
クレタ: その悪名高き(!?)吉野刈りだけど、わかりやすくいうと南海キャンディーズの山ちゃんの髪型です。メットスタイルって言うのかな?知らないけど…。おもしろいのがクラス全員同じ床屋…いや小学校全員が同じ床屋。「佐賀県」を遥かに上回る設定ですね。
マルタ: 田舎だと丸坊主的なものがあるけど、わざわざダサくしているのがこの町の不可思議なとこ。手間がかかる伝統です。
クレタ: なんか無駄なシーンというか、ケイタが好きな女の子の縦笛を吹こうとしたら先生に見つかるとか、のぼり棒ですべり降りるときチンコが気持ちいい発言をするヤジの場面とか。監督は女性ですよね?なんか取って付けたエピソードが時折入り込みます。それがちょっとね…。
マルタ: 「バカっぽい小学生の行動とは?」みたいな会議が開かれたとき、「オレこんなんやってた」的エピソードが出て、「それ、いただき!」的ノリで決まったんじゃないの?
クレタ: 森の中を歩いてたシーンで感じたんだけど、「スタンド・バイ・ミー」のキャスティングと似通ってない?
マルタ: それは思った。たぶん性格、体格の類型を抽出すると出てくるキャラなんだよ。メガネ、チビ、デブ、弱虫、頭がいい、喧嘩っ早い…などなど。「スタンド・バイ・ミー」は死体を捜す旅だったけど、あの意味のよくわからない逃避行は天狗の仮面に石を投げつけて終わってました。
クレタ: 今回は外堀ばかり埋める会話に終始してますけど…結局のところどうですか?
マルタ: 最後のミカミのおじちゃんの「伝統が伝説になっただけじゃ」という言葉が印象的かな?いつの時代も古いものは新しいものに駆逐されてしまう。それは忘れ去られてしまうんじゃなくて、伝説として語り継がれていくという愛情たっぷりのありがたい一言でした。

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]映画・国内 | 22:55:32 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
逆にその町の子達は、サカガミくんがやってきた時に「あいつ変な髪形!」とは
感じなかったのかな?やっぱり自分達がダサダサな髪型をしているってことは
わかってたんやね。皆がそうしてるからダサイかどうか気付かないと思ったんだけど・・・。
2006-04-28 金 00:08:35 | URL | うなぎ [編集]
わかっていましたね。でも「決まってることだから」とあきらめていたわけです。
サカガミくんのせいで、フツフツと心の奥でたぎっていた「ダサいからイヤだ!」という気持ちが噴出したようです。

髪型の自由化を獲得した後、「それはねぇだろ!」と思うようなブームが世界中で起こりそうな気配を漂わせていますが、それはまた別のお話。
2006-04-29 土 11:06:41 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ