■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
結局死ななかった男/西澤保彦「七回死んだ男」

クレタ: 「反復」シリーズ第2弾!西澤保彦「七回死んだ男」です。
マルタ: 第2弾?
クレタ: 勝手に朱川湊人「昨日公園」を1回目と数えます。これからシリーズで読んでいくわよ。
マルタ: 飽きっぽい僕たちのことだから、いつの間にかウヤムヤに投げ出してしまいそうだけど…。
クレタ: それはそれでいい。ボチボチ行きましょうよ。


4062638606七回死んだ男
西澤保彦
講談社 1998-10

by G-Tools

[反復設定]
キュータロウくんは16歳の割りに老成した雰囲気を漂わせています。それもそのはず彼が生きてきた時間を換算すると30歳を優に超えているのですから。というのもキュータロウくんには奇妙な体質があるのです。


同じ日(午前0時から次の午前0時までの24時間)が9回(オリジナル→2周目→…→8周目→決定版)繰り返される。


キュータロウくんいつやってくるかわからないこの現象を「反復落とし穴」と名付けました。ある日突然前の日と同じことが起こっていると「落とし穴に落ちたんだな」と気づくのです。


[あらすじ]
どうしても殺人が防げない!?不思議な時間の「反復落とし穴」で、甦る度に、また殺されてしまう、渕上零治郎老人…。「落とし穴」を唯一人認識できる孫の久太郎少年は、祖父を救うためにあらゆる手を尽くす。孤軍奮闘の末、少年探偵が思いついた解決策とは?(表紙裏より)


クレタ: タイトルが「七回死んだ男」だからね。設定とのからみでオリジナルに死んでなかったから、最後は絶対助かるじゃんと安易に考えてた。過去は変えられないんだなんてね。そもそもオリジナルに死んでないんだから2周目で死ぬのは間違ってるよね。キュータロウくんもおかしいと感じていたけど…。
マルタ: 厳密に(?)言えば、過去ではないからね。同じ日が繰り返しているだけだもん(そう考えると「昨日公園」も今日の繰り返しだ)。一見過去っぽい現在進行形です。今回は変更可能なんです。
クレタ: そうそう。でももしかして変えられないんじゃないか?犯人をおじいさんに近づけさせないようにしても、他の誰かが殺してしまう。私なら何回も何回も繰り返されたら、もういい加減どうでもよくなっちゃう。
マルタ: オリジナルの日はキュータロウくんとおじいさんが二人きりで屋根裏部屋で飲んでいたから助かった。最終手段としてはそれを選べばいい。でも二日酔いで気持ち悪くなるのはイヤだから何とか避けたい。自分に悪影響もなく、おじいさんも助かる道を見出したいんだよね。
クレタ: 意外と解決策はあっさりしたもの「おじいさんにお酒を飲ませなければいい」だよ。まあそりゃそうだわ。まるーく解決。
マルタ: おっと!バラしますね。
クレタ: 驚くべき結末が用意されてるからいいのよ。正直に告白すると、おじいさんもキュータロウくんと同じ体質で偶然同じ日に二人落ちてしまったのかな?と、ひと財産儲かったときのエピソードが伏線だ!とアホなこと考えてた。ボケてるので繰り返しに気づいてない…。あー情けない…。でも、1日が反復する…なんてうらやしいのかしら、大もうけし放題じゃん!と思ったけど…全然そっち方面には流れなかったね。
マルタ: 遺産問題に絡む、養子縁組騒動なんてそもそも起こらなかった。キュータロウくんがそこに気づけばね。
クレタ: それが一番の謎です。

スポンサーサイト


[加納クレタ&マルタ]本・国内長編ミステリ | 23:31:48 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
最初「反復」シリーズって、もう一回読み直した本のことかと思ったv-398
今回は未来を変えられたというわけやね。しかし、同じ日を何回も繰り返せるって、
羨ましいのか悲惨なのかわからない体質だなぁ。
2006-05-21 日 02:31:29 | URL | うなぎ [編集]
特異体質に悩みはつきもの♪
2006-05-21 日 15:17:17 | URL | 加納ソルト [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ