■プロフィール

加納ソルト

Author:加納ソルト&加納トマト&加納キムチ

今まで「Re-クレタとマルタ」で取り上げた作品はコチラから♪
読了本リスト
鑑賞映画リスト
(加納ソルト 2007年5月1日更新)

■全記事表示

全タイトルを表示

■Blog Pet

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■カテゴリー

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ページランキング

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
パーソナルスペースに視線侵入
電車に乗った時、座席のどの位置に座るのか?

一番隅の席。
真ん中の席。
どこでもいい。

一般的に一番隅の席が人気高いと思います。
一番隅のメリットは片側しか隣に座られないから、がら空きだとそこから席が埋まっていくのをよく目にします。

昔は私もそうでした。

でも持ち前の自意識過剰さが災いして、最近では座席に座ることができなくなってしまいました。
座った席の前の人の視線がすごく気になるんです。

「顔をあげたときこっち見てたらどうしよう?」
「万が一目が合ってしまったら、先に視線を逸らすとやましい感じがしてしまう」
などなど、一人でいると病的に考えてしまい、オチオチ座ってられません。逆にしんどくなります。
なので、最近はもっぱらいくら席が空いていても、開閉ドアの手すりの部分に寄りかかって車窓から見える景色を眺めています。

いずれは背中に視線を感じて乗れなくなるかも…。
スポンサーサイト


[加納ソルト]雑記 | 00:16:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ